腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛はどうすれば改善できるのか?対策ための8つのポイント

   

膝痛になると、日常の何気ない動作でも痛みを感じることが多く、ただ歩いているだけでストレスがたまります。

そんな状態が続いたのでは、精神的にもよくありません。

これを解決するためには、膝痛を予防、または改善するための対策を講じる必要があります。

では、対策のために重要となる、8つのポイントについて説明しましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

運動不足に注意

運動不足は、膝によくないことが多くあります。

まず、運動する機会が少ないということは、膝の関節を動かす回数が減ってしまうことになります。

そうなると、膝の関節が硬くなり、うまく曲げ伸ばしができなくなるのです。

スムーズな動きができない状態は、膝に余計な負担をかけてしまうので、膝痛になる可能性が高まります。

また、運動不足になると、筋力が衰えてしまうことも問題です。

膝の動きでは、足の筋肉が正常に働くことも、重要な要素となっています。

つまり、筋力が低下してしまうと、膝をうまく動かすことができず、やはり膝痛になってしまうのです。

そのため、普段から適度な運動をして、関節や筋肉がスムーズに動くようにしておくと、よい膝痛対策になります。

ただし、運動を始める際は、決して無理をしてはいけません。

今まで運動をしてこなかった人が急に激しい運動をすると、それもまた、膝を痛める大きな要因となってしまうのです。

軽い運動であっても、それをしっかり継続して日常的なものにすれば、膝への負担は軽減できるはずです。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

立ち方に注意

膝痛になる原因には、普段の立ち方による影響もあります。

よくない立ち方をしていると、それだけで膝に負担がかかってしまうのです。

そこで、立ったときの姿勢に注目してみましょう。

よい立ち方で重要なのは、背骨の状態です。

通常の背骨は、まっすぐではなく、適度に湾曲しています。

そのため、立つときは、背骨がS字のカーブを描いていることを意識してください。

それが最も自然な姿勢であり、膝にかかる負担が少ない立ち方となります。

このとき、顎を引くようにして背筋を伸ばすと、理想的な姿勢を維持しやすいでしょう。

また、足の親指に重心がかかるように立つと、よい姿勢をとりやすくなります。

姿勢を正すとなると、無理に背中を反らしてしまうこともありますが、大切なのは、あくまでも自然体でいることなのです。

歩き方に注意

歩くという行為は、膝を動かすことになるので、ただ立っているよりも負荷が大きくなります。

そのため、歩き方には十分注意しなければなりません。

ここで重要なのは、「しっかり足を上げて歩いているか」という点です。

日本人は、昔から着物を着ることが多かったためか、すり足気味に歩く人が多い傾向にあります。

しかし、すり足のように、あまり足を上げない歩き方は、膝にダメージを与えてしまいます。

すり足というのは、主に使う部分が膝になってしまうので、どうしても負荷がかかりやすいのです。

また、すり足で歩く場合は、猫背になっていることが多く、背骨の角度も問題になります。

したがって、歩くときは、膝を使って歩くのではなく、股関節を使って歩くことを心がけましょう。

股関節をしっかり動かすように意識すると、自然と腿が上がるようになります。

すり足の場合、膝から下だけで歩くために負荷が大きくなりますが、膝と腿を同時に動かしていれば、その心配はありません。

その状態だと背筋も伸びるので、背骨の状態も自然になり、見た目もきれいになります。

座り方に注意

膝に負担をかけてしまう行為と言えば、立ったり歩いたりするだけではありません。

座っていたとしても、その座り方によっては、膝を痛めてしまう可能性があるのです。

そのよくない座り方とは、正座とあぐらです。

このふたつは、共に足を折り畳んだ座り方であり、かなり負担が大きくなってしまいます。

特に正座は、足を曲げたまま体重をかけてしまうため、膝痛になる可能性が高いです。

あぐらも、外側に膝を向けた不自然な状態なので、それを長時間続けるのは避けるべきでしょう。

そのように負担をかけないためには、足を投げ出して座るか、体育座りがおすすめです。

足を伸ばすのはもちろん、体育座りも、足を適度に曲げつつ圧力をかけない座り方であり、膝に優しいのです。

ただし、足を伸ばすのも体育座りも、何か寄りかかるものがないと、背中が曲がりやすいというデメリットがあります。

したがって、最も理想的なのは、足を伸ばすか体育座りで、壁やクッションなどに背中を預けることです。

床に直接座る際は、十分に注意しましょう。

合わない靴に注意

膝にダメージを与えるものとしては、靴もあります。

合わない靴を履いている場合、膝を痛めてしまうことがあるのです。

これは、膝の前に、まず足指に負荷がかかることが原因です。

サイズの合わない靴を履いている場合、足指への負荷が大きくなるため、外反母趾などが起こりやすくなります。

それにより痛みが出てきたりすると、足をかばいながら歩くことになるので、不自然な歩き方になるのです。

先述した通り、歩き方は膝への影響が大きいので、これはよくない状態です。

そうしたバランスの悪い歩き方を続けていると、足の筋肉が正常に動かなくなり、膝痛のリスクを高めてしまいます。

また、バランスが崩れるという意味では、使いすぎてすり減った靴も要注意です。

すり減ったことで左右のバランスが悪くなると、やはり正しい歩き方を維持できません。

普段使う靴は、体に負担をかけないためにも、しっかりしたものを選ぶようにしましょう。

太りすぎに注意

体重の増加は、膝の負担を増やす大きな要因となります。

これは、膝にかかる重さが増えてしまうためですが、問題なのは、ただ増えるだけではないということです。

歩くとき、膝には体重の3倍もの圧力がかかっています。

つまり、単純に増加分がプラスされるのではなく、その3倍の重さが、ずっしりと圧しかかってくることになるのです。

さらに、場所が階段や坂などの場合、7~8倍にも増えてしまいます。

したがって、適正な体重をオーバーすることは、できるだけ避けなければなりません。

普段から食事や運動に気をつけて、膝への負担がかからない体重を維持しましょう。

運動のしすぎに注意

膝痛対策をするなら、運動不足は解消すべきです。

しかし、あまり運動をしすぎるのも問題です。

適度に鍛えるなら膝痛を改善することができますが、やりすぎた場合は、逆に膝を痛めることがあるのです。

例えば、筋肉に休む暇を与えず、激しい運動を長時間続けたりすると、膝へのダメージは大きくなります。

そうした無理な運動は、膝の軟骨がすり減ってしまう原因でもあるのです。

したがって、膝痛対策で運動をする場合は、あくまでも適度な運動にしてください。

先述したように、運動は継続させることが大切です。

少しでも効果を上げようとすると、やりすぎてしまうこともありますが、膝の負担を減らすためには、自分のペースを崩さないようにしましょう。

食事に注意

膝痛の対策をするなら、普段の食事を見直すことも重要です。

なるべく膝によい食べ物を選ぶようにすると、効果的な対策になります。

膝によい食べ物というのは、グルコサミンとコンドロイチンを多く含んだものです。

このふたつは、軟骨を構成する成分なので、しっかり摂取しておきましょう。

グルコサミンが多いのは、カニの殻やエビの殻、干しエビなどです。

コンドロイチンは、納豆や山芋、オクラなど、粘り気のあるものに多く含まれています。

また、DHAやEPAといったオメガ3脂肪酸は、軟骨の正常な働きをサポートするものです。

サバやサンマなどの青魚に豊富な成分なので、こちらも併せて摂取すると、よりよい効果が期待できるでしょう。

まとめ

膝痛対策について考える際、注目すべきポイントは多くあります。

初めて膝痛になったときは、何をするべきかわからず戸惑うことも多いですが、こうしたポイントを知っておけば、効果的な対策ができるでしょう。

また、よくない姿勢や激しい運動など、痛みの原因として思い当たるものがあれば、8つの中でどれを優先すべきかわかりやすくなります。

そのため、効率のよい対策をするには、普段の生活を見直してみることも大切です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ