腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛は諦めるのではなく食事や運動などから上手に解消していく

      2017/09/08

stan 膝サポーター 2個セット (2枚セット) 両ヒザ 男性 女性 左右 兼用 医療用 スポーツの怪我の予防に

膝痛の痛みに悩まされている人の中には、年齢によるものだと諦めてしまっている人も多いでしょう。

しかし、膝痛があることで毎日の生活にも悪影響が及んでしまうはずです。

こうした膝痛と上手に付き合っていく対処方法ではなく、根本的な改善を行うこともできます。

すぐに効果が現れるわけではありませんが、意識をして改善を行ってみましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛になってしまう原因

多くの関節痛でも膝痛はとても多い

膝痛に悩まされている人は、とても多いと言えます。

多くの関節痛がありますが、中でも膝痛の症状を抱えている人は圧倒的に多いと言えるでしょう。

軽度な症状も加えると、年齢に関係なく発症してしまうことが考えられ、とくにスポーツを行っている人であれば一度は経験をしてしまう症状でしょう。

体の体重を支えられなくなる

膝痛の症状の多くは、自分の体重を膝が支えられなくなってしまうことが原因となります。

例えば体重が増加してしまうことで、自分の体重を膝が支えられなくなり、膝に大きな負担を受けてしまいます。

こうした状況が続くことで、痛みは慢性的になってしまいます。

また、体重の増加だけではなく激しいスポーツを行ったことにより、膝にかかる負担が増加してしまうことで膝痛が起こることもあるのです。

いずれにしても、膝痛を回避するには、自分の体重と膝とのバランスが重要なポイントになってくるでしょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛を予防するには

膝廻りの筋肉を増強する

膝痛を予防するには、一番は膝廻りの筋肉を増強し、体の体重を支えることができるようにしておくことです。

年齢を重ねることで、膝の強度は低下していきますので、さらに強い筋肉を付けておく必要があると言えるでしょう。

また、スポーツをする人でも同じことが言えるでしょう。

強い筋肉を付けておくことで、膝への強い衝撃にも耐えることができるようになるでしょう。

ストレッチを活用する

筋肉や靭帯をしっかりと伸ばすストレッチは膝痛にはとても効果的とされています。

膝痛は膝のまわりの筋肉が固着していることも大きな要因となることがあります。

筋肉や関節の柔軟性を高めて、スムーズに動かすことができれば膝痛のリスクが大幅に低減します。

また、急な運動で膝に負担をかけてしまうことで、膝痛になることも考えられますので、予防策としても運動前のストレッチは当たり前のように行うことをおすすめします。

食事からでも改善予防できる

食事の量が極端に多くなり一日の摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうことで、余ったエネルギーは脂肪として蓄えられてしまいます。

こうした状況が続いてしまうことで肥満になり、さらに増えた体重分が膝に大きな負担を与えてしまうことになるのです。

膝への負担はできるだけ減らすことを考えるべきなので、やはり食事の量はしっかり調整を行って摂取することが望ましいと言えます。

また、一日三度の食事はしっかり時間を守って摂取することも重要です。

一回でまとめて摂取してしまうことでも肥満に繋がりやすくなってしまうので注意が必要です。

そして、骨や筋肉などの体の組織は食事から摂取する栄養素をもとにして作られることも意識しておきましょう。

炭水化物だけではなくタンパク質やカルシウム、そしてビタミン類やミネラル、食物繊維と言った栄養素をバランスよく摂取することも大切です。

こうした栄養素が体を強くしてくれますので、当然膝へも良い影響へと繋がっていくでしょう。

膝痛に効果的な食べ物3選

桜えびは骨を強くしてくれる

桜えびは殻にまで栄養素をたくさん含んでいます。

殻も一緒に摂取できる桜えびは、まさに栄養素の宝庫だと言える存在なのです。

桜えびには、骨を強くしてくれるカルシウムだけではなく、タウリンやマグネシウム、そして鉄分もとても多く含んでいます。

膝痛の予防や解消にも効果的ですが、免疫力の向上にも効果的を発揮してくれます。

しかし、桜えびを毎日食べることは簡単ではありません。

さまざまなレシピを利用して、上手に桜えびを摂取するように心がけましょう。

雑穀米はミネラルがとても豊富

雑穀米が膝痛に効果を発揮してくれると言ったイメージは少ないでしょう。

しかし実は、雑穀は膝痛を押さえるために有効とされているビタミンやミネラルがとても豊富な食材なのです。

食物繊維やたんぱく質も含まれていますので、常に健康を気にする人にとってはとてもおすすめできる食材なのです。

雑穀米はいつも食べているお米を雑穀米に変えるだけでも体に受ける良い影響はかなり変わってきます。

食べにくいと感じる場合には、いつも食べているお米に少し加えるだけでも効果があります。

膝痛を抱えている人は雑穀米に切り替えて、筋肉などの強化を行ってみることをおすすめします。

緑茶にも膝痛の効果がある

膝痛の痛みに効果がある食材などに詳しい人でも、緑茶にも効果があることを知っている人は少ないでしょう。

緑茶にはカテキンが多く含まれていますが、このカテキンは活性酸素を取り除く作用があることで知られています。

さらに緑茶にじゃビタミンが含まれており、ビタミンはコラーゲンの生成に役立ってくれているのです。

コラーゲンの生成は、膝痛を守ってくれる栄養素としてはとても重要なのです。

弾力のある膝を作ると言った意味でも、緑茶を上手に活用して膝痛予防に繋げていきましょう。

膝痛になってしまった場合の対処方法

まずは医師の診察が重要

予防などを行っていても、年齢を重ねることで膝痛はどうしても発症してしまいます。

個人差はありますが、膝痛は急に現れてしまうこともありますので注意が必要です。

もし、膝の痛みが現れた場合は自分で症状の判断をするのではなく、まずは医師に相談を行うことが一番です。

痛みの状況からでは個人で判断することは難しく、判断を間違ってしまうことで慢性的な痛みに繋がってしまうこともあるのです。

最近は膝痛の治療としてレントゲンだけではなく、MRIも使用することが一般的になってきました。

MRIを使用することで、レントゲンでは映すことができない膝軟骨の状態もしっかり分かるのです。

検査を行ってもらい、現況をしっかり把握することから始めましょう。

定期的な運動を無理なく続ける

急な膝の痛みが発症してしまった場合は、やはり安静にして膝の痛みが和らぐことを目指すべきでしょう。

しかし、膝の痛みがあるからと言って運動を行わないことはとても危険なことです。

安静にしている期間は、膝の廻りの筋肉は間違いなく低下していき、膝がどんどんと弱くなってしまうのです。

痛みに耐えながら運動を行うことは必ず避けるべきですが、無理なく簡単な運動などは続けることをおすすめします。

横になった状態でも、足の上げ下げなどを行う運動も行えますので、自分の体と相談をして必ず無理のない運動を継続していくことを心がけましょう。

こうした簡単な運動でもしっかり続けていくことで、膝は年齢を重ねたとしてもまだまだ強くさせることができると言えるでしょう。

まとめ

膝痛の痛みがあることで、日常の生活に支障が出ている人も多いでしょう。

膝痛は毎日の運動や食事の改善から、痛みを予防できたり改善を行うこともできるのです。

しかし、運動を行う場合には、膝に痛みがある場合には無理なく行うことが重要です。

膝を少しずつ強くすることで、年齢に関係なく膝の痛みから開放されていくでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ