腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛は超音波で治療可能?対象の病気や治療の効果を紹介!

   

膝を痛めてしまった場合には、様々な治療法があります。

そのため、膝痛に悩まされている方は、どのような治療法を選んだら良いのか悩んでしまうでしょう。

実際に膝痛を治療する方法はいくつかあって、その中には『超音波療法』があります。

ただし超音波療法で治療できる病気もあれば、治療できない病気もあるのです。

そこで膝痛に悩んでいる方のために、超音波療法について紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛に超音波療法が効く理由

膝痛に悩んでいる方は「超音波で膝痛の痛みを抑えられるのだろうか」と半信半疑でしょう。

実は膝に関係する病気では筋肉が硬くなる事によって発症する病気もあるので、超音波で治療する事が可能です。

なぜなら超音波を体へ当てる事によって、筋肉を温める事ができるからです。

筋肉を温める事によって、筋肉を柔らかくする事ができるので、一部の膝痛の病気を治療する事ができます。

さらに超音波療法では、1秒間に300万回以上も振動するので、マッサージ効果が高いのです。

様々な病気はマッサージ療法によって治療する事が可能なので、超音波療法で膝痛を治療する事が期待できます。

ただし全ての膝痛の病気が、超音波療法で治療できる訳ではないので、注意する必要があります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

超音波で治療できる膝痛の病気

超音波療法で治療できる膝痛に関係する病気で挙げられるのが、オスグッド病・関節水症・鵞足炎・変形性膝関節症などです。

そこで、この病気を発症している場合には、超音波療法が有効になるので詳しく紹介しましょう。

オスグッド病

オスグッド病は、成長期である10〜15歳の子供が発症しやすい病気です。

そのため成長痛と勘違いする親御さんが多いので、注意しなければいけません。

オスグッド病は成長痛と勘違いしやすい病気ですが、この病気の特徴を知れば、勘違いする事を防ぎやすいです。

なぜなら、オスグッド病は膝の皿の下側にある骨が突出するので、膝の皿の下が盛り上がっているように見えたらオスグッド病を疑ったほうが良いでしょう。

オスグッド病になる原因は、スポーツや運動で膝を酷使した時に発症します。

そのため、あなたのお子さんが10〜15歳で、スポーツや運動が好きな場合は注意して下さい。

そしてオスグッド病は太ももに筋肉が硬くなる事で起きる事によって、骨が突出するようになるので、筋肉を温める超音波療法はおすすめです。

関節水症

関節水症もオスグッド病と同じように、膝に大きな変化が現れる病気です。

そのため正確な知識を学んでおけば、関節水症を発症した事が分かります。

実際に関節水症を発症したら膝がブヨブヨになってしまうので、人差し指で膝を押したら膝が凹んでしまうのです。

そのため関節水症を発症した時に「膝に水がたまる」とよく言われるようになります。

実際に関節水症が発症した時には、膝で関節液が過剰分泌しているのです。

関節液は、関節をスムーズに動かすための働きがあります。

そして関節液が過剰分泌する原因は、骨膜組織に炎症が起きた場合です。

このように関節液が過剰分泌した場合には、注射器を利用して水を抜く治療法があります。

しかし超音波で治療した場合にも、水が溜まっている状態を軽減する事ができるのです。

鵞足炎

私たちの膝の内側には『鵞足(がそく)』と呼ばれる部分があって、この部分に炎症が起きてしまう病気を鵞足炎と呼ばれています。

この部分が鵞足と呼ばれているのは、3つの健が集中していて、健が集まった状態を後方から見たらガチョウの足のように見えるからです。

鵞足炎が起きる原因は、スポーツで膝に大きな負担をかけるような動作を行うケースが多いのです。

特にサッカーで素早く膝を方向転換するような動作を行なっていたら、鵞足炎を起こしやすいので、膝に負担をかけないように注意しなければいけません。

そして超音波療法は炎症を抑える効果があるので、鵞足炎の治療法として有効です。

変形性膝関節症

若い時は膝痛に悩まされていなかったのに、加齢によって膝痛に悩まされるようになった場合は、変形性膝関節症を発症している可能性が高いです。

この変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減った事によって起きる病気です。

軟骨は、骨と骨が接触しないようにクッションの役割を果たしています。

膝の軟骨がすり減ってしまえば、骨と骨が接触するようになって痛みを感じてしまいます。

そのため日常生活で歩く事によって、少しずつ膝の軟骨がすり減って変形性膝関節症を発症する事があるのです。

そして変形性膝関節症を発症したら、軟骨の削りカスによって、関節の中で炎症が起きます。

そのため超音波療法によって、痛みを和らげる効果を期待できます。

ただし超音波療法で、完全に治療できる訳ではないので注意して下さい。

超音波療法の効果

超音波で治療できる膝痛の病気は数多くありますが、個人差があるので注意しなければいけません。

実際に超音波療法を1回行なっただけで、痛みを和らげる事ができた方もいれば、超音波療法を何回行なっても痛みを和らげられない方もいるのです。

そのため、超音波療法で膝痛に関係する病気を治療する際には、その他の治療も同時並行で行ったほうが良いでしょう。

超音波の治療が難しい病気

超音波で治療する事が難しい病気として挙げられるのが『痛風』や『インフルエンザ』です。

この2つの病気が膝痛と関係しているように思えない方は多いと思うので、詳しく紹介するので確認してみて下さい。

痛風

痛風が膝痛と関係しているのは、関節に痛みを生じる病気だからです。

実際に痛風を発症した場合には、初期症状では足の指に痛みを感じるケースが多いのですが、膝の関節で痛みを感じるケースもあります。

痛風を発症する原因は2つあって、それが『偏った食生活』と『水分不足』です。

実は、プリン体の多い食べ物を食べたら、体内で尿酸が作られていくのです。

この尿酸が溜まっていけば結晶化されて、関節に付着します。

しかし、何かのはずみで関節から結晶化された尿酸が剥がれてしまって、白血球から攻撃されてしまうのです。

この時の攻撃によって激痛を感じて、痛風が発症します。

しかし水分補給をしっかりしていれば、尿として尿酸を排出する事ができるのです。

そして尿酸を排出しやすい方法として、アルカリ性食品を多く食べて、アルカリ尿にする事が重要です。

そのため超音波療法を行なっても、痛風を治療する事ができないので、注意して下さい。

インフルエンザ

インフルエンザも痛風と同じように、関節に痛みを生じるケースがあります。

ただしインフルエンザの場合は高熱にも悩まされるようになるので、気を付けなければいけません。

そしてインフルエンザが発症するのは、ウイルスが体内に侵入する事が大きな原因です。

ウイルスが体内に侵入したら、免疫細胞がウイルスを退治しようとするので、関節痛や発熱に悩まされるようになります。

このような原因で発症する病気なので、超音波で治療する事は難しいです。

そのためインフルエンザを発症したら、冷却材を使用して痛みを感じる関節に当てながら安静にする事が重要でしょう。

まとめ

超音波で治療できる病気もあれば、治療できない病気もあるので、超音波療法を考えている方は注意しなければいけません。

しかし超音波療法はリハビリのように、身体にかかる負担は少ないので、膝痛に悩んでいる方は超音波療法を考えてみるのも悪くないでしょう。

ただし超音波療法を行なっても、痛みを和らげられない方もいるので、気を付けて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ