腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛は身近な習慣が引金になるってホントなの?膝痛を和らげる2つの体操もお見逃しなく!

   

私達が何気に使っている膝ですが、歩行の際に重要な役割を果たしていると認識している方はどれ程いらっしゃるでしょうか?

膝が故障すると歩行に支障を来すばかりか、場合によっては手術が必要になる位に重大です。

だからこそ私は、膝痛の正しい対処法をお伝えしようと思い至ったわけであり、膝の痛みで苦しむ方の削減につなげられる情報提供が実を結ぶことを願います。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

女性に多い膝の内側が痛む症状

女性の膝痛は内側が多くて、鵞足炎(がぞくえん)という症状を引き起こすからです。

鵞足炎は脛骨の一番上の部分で起こり、膝の内側が炎症する病です。

例えば立ち姿勢が内股になり膝を内側に向けて座る、階段の上り下りで膝が内側に向いてしまっているなどの癖がある方は要注意。

心当たりがある方は、今日からでも少しずつ膝が内側に向く癖を直して症状を悪化させないようにしましょう。

鵞足炎ストレッチ

既に膝の内側が痛くなった方は、筋膜リリースでグリッドフォームローラーを用いたストレッチを行ってみませんか?

筋膜リリースなどで体全体のバランスを整えるために使う物であり、体幹トレーニングにも使用可能です。

筋膜リリースが外側広筋の場合のやり方は、うつ伏せで肘を立た後にグリッドの上に膝痛を改善させたい方の片脚を乗せます。

爪先を内側に回す感覚で股関節を45度内側に回して、外側広筋の膝周りが当たるように準備。

もう片方の脚は股関節と膝関節を横に向かって直角に開きます。

お腹に力を入れながら身体を真っすぐな状態に維持。

体を前後に動かしつつ5cm程ストロークさせるのを5回繰り返しますが、ゆっくり深呼吸するのがポイント。

ストローク後は膝の曲げ伸ばしをしますが、45度になるように先程と同じく5回行いましょう。

膝を重点的にするストレッチでありますが、股関節付近の外側広筋もストレッチするのが望ましいです。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛にはどんなものがあるのか?

アスリートのように体を限界まで追い込んで鍛練に励む方は、膝にも大きな負担を掛けがち。

運動後に膝が痛くなるケースがあり、膝痛の方にスポーツが続けられるのかを不安にさせます。

自分のために体を鍛えているのに、アスリート生命に響く膝を痛めてしまっているのは皮肉なことです。

膝を酷使することをオーバーユースと言いまして、幾つかのパターンに分けられています。

まずはジャンパー膝で、ランニング中に発生し易いのが特徴。

膝蓋骨と膝の腱が傷つくことで腫れてしまうそう。

最悪腱が断裂してしまう場合があるため、早めの治療をおすすめします。

二つ目はランナー膝であり、その名の通り走行が原因で起こる症状です。

特に膝の外側が痛み易くて、大腿骨の外側の靭帯が損傷することでトレーニングした後に痛みが出てくるのがよくあるケースとのこと。

膝痛にも種類があるので、症状別の改善策を知ることも大切になってくるでしょう。

膝痛体操のやり方と効果を高める方法

膝が痛くなったらただじっとひたすら耐えるのは、おすすめの対処法とは言えません。

膝痛にもれっきとした改善策があり、膝痛体操と呼ばれるものです。

最初に仰向けに寝てから片方の膝を立てますが、脚が曲がらなければ伸ばしたままでも大丈夫。

伸ばした脚の膝を曲げずに床から10程度持ち上げて、脚を5秒間持ち上げた状態をキープした後にゆっくりと戻します。

この動作を20回繰り返して、反対側も先程と同じ要領で体操するようです。

膝痛体操で物足りなさを感じるようになっても、脚に重りを付けることで難易度を高くできるので多くの膝痛持ちに有効かもしれません。

最初は500gからスタートするのが良くて、そこから着実なステップアップをするのが理想的です。

無理のない体操ならば、ストレス無く膝痛を軽くできて良いではありませんか。

ボールを使った膝痛対策

ボールも膝痛対策になるアイテムでして、ボール特有の幅と弾力を用いた体操とのこと。

床に腰を下ろした後に膝を若干曲げて、両膝のすぐ上の太腿の間にボールを挟みます。

太腿に徐々に力を入れてボールを挟む力を強くしていき、力を入れられる限界の場所まで狭まってきたら5秒間静止してから脱力。

以上の動作を20回続けますが、この回数ならば毎日継続するのは苦にならないのではないでしょうか。

ボールを用いた体操のコツは、ボールが動かないように床に付けるのが良いそうです。

代わりに硬めのクッションや丸めたタオルで代用してもOK。

要は、膝に適度な負荷が掛かる物ならば膝痛対策として十分機能してくれるわけです。

合わない靴が膝痛を招く要因

膝が痛くなる原因は靴も関係していて、靴選びを誤ったばかりに膝痛に悩まされるようになった方が少なくないでしょう。

靴の長さが合っても幅が広かった場合は、靴がブカブカでぐらつくので倒れないように膝関節が代わりにバランスを取ろうとするのが考えられます。

とどのつまり膝関節に掛かる負担が大きくなり、膝痛を招いてしまうわけです。

更に膝への疲労も大きくなるので、合わない靴がいかに膝に良くないのかがよく分かります。

靴を選ぶ際は、自分の足と靴の幅が合うのかを確認しましょう。

膝痛のリスクを低くする靴選び

アスファルトなど硬い所を歩いていると、膝にも負荷が掛かってしまいます。

何年も硬い道を歩く習慣を続けているうちに、だいぶお歳を召してから膝痛になる場合があるようです。

知らず知らずのうちに膝にダメージを蓄積させていたのか…と痛感した方がかなりの数に上っているかもしれません。

一つの改善策としてクッション性が高い靴を履くことで、膝痛になるリスクが軽減されるので、膝への負担が少ない日常生活を送れるようになります。

実践するのはそれ程難しくないので、その靴に乗り換えるお金があればどなたでもできることではないでしょうか。

膝痛は何て読むの?

膝痛はどんな読み方をするのだろうか?

と疑問に感じた方が以外に多いのではないでしょうか。

とは言え、全く疑うことなくひざつうと言っている方も結構いらっしゃる気がします。

正しくはしっつうと読みますので、間違った読み方をしている方は、この機会に正しい読み方を定着させてください。

痛みを充てがうタイプの言葉に腰痛というのがありますが、皆さんはようつうと発音していますよね。

しっつうも音読みなのに何故ひざつうと一部だけ訓読みで呼ぶのか?

と疑惑を深めていった方は、さぞミステリアスな事例だと感じたかもしれません。

それだけひざと発音するのが馴染み深いからであり、しっつうって何?

と疑問を呈する方が大多数を占めているのが容易に予測できます。

意外なところに膝痛の原因が潜んでいたとは!

膝が痛くなる原因は様々ですが、歩き方に問題があるのを知れば改善の糸口が見えてくるでしょう。

膝を伸ばしたまま歩くと、足を地面に付けたときに膝への衝撃が大きくなってしまいます。

言い換えれば膝への負担が増してしまうため、その歩き方をしている方は、すぐにでも膝を曲げた状態で着地するように心掛けましょう。

こうすることでクッションの原理で膝への衝撃を吸収できるので、膝へのダメージを最小限に抑えられます。

身近な改善法とは普段の歩き方だということを多くの方がお知りになると同時に、灯台下暗し…!

とほんの少し恐ろしくなったりして。

ともあれ、膝を曲げて歩くことを心掛ければ膝痛になる可能性は低くなるのは確実に言えてます。

まとめ

膝痛についてお伝えしましたが、最後まで読んでいただいた方は膝が痛くなる原因や対策が見えてきましたか?

今日からでも始められる対策法がありますし、案外膝痛は改善し易い症状かもしれません。

継続は力なりですし、軽いストレッチだからといってサボらずに続けることで、おのずと目に見える効果が表れてくるはずです。

信じて膝痛対策をした方に訪れる望ましい未来を手にしてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ