腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛みの原因を知ろう!放っておくと大変なことになる!?

   

オリヒロ 高純度 グルコサミン 徳用 900粒(90日分) [機能性表示食品]

実は整形外科外来の患者さんの約4割は膝痛と言われています。

そのくらい膝通は身近なもので誰しもなる可能性があるのです。

膝が痛いと好きだったスポーツが出来なくなったり、歩くのさえ億劫になったりしてしまいます。

すると運動不足にも繋がり体に良くありません。

そうならないためにも膝通になる前に仕組みや原因、予防法など知っておく必要があるのです。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

膝痛が起こる仕組み

では膝痛はどうして起こってしまうのでしょうか。

それにはまず仕組みを知る必要があります。

痛みのはじまり

大腿骨とすねの骨は「 関節包」という包みによって覆われています。

体重の負荷などによって軟骨がすり減ってしまうと、軟骨の削りカスによってこの関節包の内側にある滑膜という膜に炎症が起きてしまいます。

炎症はもともと組織を修復するための反応であって決して悪いことではありません。

しかし膝の場合は炎症の過程で、関節周囲が腫れたり痛んだりしてしまうのです。

また関節は関節包に包まれた袋になっており、この袋の中には関節液があります。

この関節液が軟骨に栄養や酸素を与えているのですが、関節の中で炎症が起きてしまうと、この関節液が増えしまいます。

この増えた関節液がいわゆる「水」というわけで、よく膝に水がたまるとはこのことです。

軟骨や骨には神経が通ってないので、軟骨が削れたから膝が痛いのではなく、炎症が起きることで痛みが出てくるというわけです。

進行すると

上記のような炎症が起きた状態で軟骨に負担をかけると、さらに軟骨が削れてしまい、それがまた炎症の元になるという悪循環に陥ってしまいます。

若い人の軟骨は弾力がありますが、それが加齢とともに弾力がなくなってきます。

そうなると更に軟骨が摩耗しやすくなります。

軟骨が削れ炎症状態がずっと続くと、レントゲンでも分かるくらいに軟骨が減ってきます。

また骨にも影響が出て骨が硬くなったり、余分な骨ができてきたり、骨がすり減ってきたりします。

それが、変形性膝関節症です。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

変形性膝関節症

では 変形性膝関節症とはどのような症状があるのでしょうか。

初期の段階としては朝起きて歩き始めた時の「膝の違和感」です。

膝に力がかかることで痛みがでることもありますが、この痛みは長続きせず、しばらく休むと痛みがなくなる場合がほとんどです。

初期症状を放置しておくと、徐々に進行し症状が悪くなっていきます。

痛みがはっきりと自覚できるようになり、膝が完全に曲がりきらなかったり、伸びきらない状態が進み、正座やしゃがみこむ動作が苦痛になってきます。

また階段の上り下り、特に下りがつらくなります。

他にも炎症が起きてくるので、膝の周辺が腫れたり、熱感をともなったり、むくんだりしてきます。

時には膝に力のかかる動きをするとガリガリといった軋轢音が出るような感じを受けるようになります。

更に症状が進み末期の状態になると、日常生活に支障が起こるほどの痛みになります。

そのため仕事をする、買い物に行くなどの社会活動が思うようにできなくなります。

活動範囲が狭まり、運動不足になったり外界からの刺激が少ないことでストレスがたまってしまうこともあります。

また高齢者の中には、このような生活が続くと、認知症の症状が現れてくる人もいます。

この段階までなると骨の変形が相当進んでいるので、外見的にも関節の変形が目立つようになります。

変形性膝関節症の治療法

ではもし変形性膝関節症になってしまった場合、どのような治療が行われるのでしょうか。

代表的なものをご紹介したいと思います。

運動療法

代表的な治療に運動療法というものがあります。

膝関節を動かす筋力をつけることで、関節の動く範囲を広げることが期待できます。

ただすぐに効果が出るものではないので、運動を毎日少しずつ進めることが大事です。

筋力トレーニングとしておすすめなのが、以下の足上げ運動です。

それぞれの運動を片足ずつ、1度に10~20回、1日に1~2回繰り返す方法です。

一人で難しい場合は家族や周りの方がこの運動を行うのを手伝ってあげることが必要です。

薬物治療

これは膝関節の痛みをやわらげたり、動きを改善するために行われる治療です。

非ステロイド系抗炎症薬で炎症のもとになるプロスタグランジンという物質の生成を抑えることで痛みや腫れをやわらげる効果があります。

飲み薬・外用薬・座薬などの剤形があります。

ただ副作用として、胃炎や胃潰瘍などが起こることがあるようです。

ヒアルロン酸注射

こちらもよく聞く治療法です。

ヒアルロン酸は関節軟骨を保護し、関節の動きをなめらかにする作用があります。

変形性膝関節症ではこのヒアルロン酸が減少してしまっているため、注射で膝関節に直接注入する治療になります。

関節の動きを再びなめらかにし、膝の痛み・炎症を抑えること効果が期待できます。

だいたい始めは週1回、5週間にわたって行うことが多く、効果がみられた場合は、その後の症状に合わせて投与終了としたり、2~4週間に1度の注射を継続したりするようです。

手術治療

運動や注射などの治療を行っても症状が改善しなかった場合、最終的に外科手術を行うことがあります。

まず膝の中に小さなカメラを入れ、関節の中を洗ってきれいにします。

そして関節が摩耗することで生じた組織の切除を行います。

根治的な治療ではありませんが、膝の痛みを軽減する効果があります。

膝に小さな穴を数カ所空けるだけなので、患者さんの負担も少なくて済みます。

膝痛を悪化させないために

では膝痛を悪化させないため、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

筋力トレーニング

膝の周りの筋肉や骨を支える靭帯を鍛えることで、膝を安定させることが出来ます。

特に太もも前側の筋肉で、骨盤と膝をつないでいる大腿直筋を鍛えることが大切で、膝痛予防には非常に効果があります。

ストレッチ

毎日の負荷なく続けられるストレッチも効果的です。

筋肉や靭帯をしっかりと伸ばすことで、筋肉や関節の柔軟性を高めて可動領域を広げてくれるので膝の曲げ伸ばしがスムーズになります。

いきなりの運動では逆に膝に負担をかけてしまうので、特に運動前にはしっかりとしたストレッチをすることが大切です。

サポーター

膝サポーター LiveupSports 膝サポート 膝固定 伸縮性 保温性 通気性 滑り止め 怪我防止 関節 靭帯 保護 アウトドア スポーツケア 左右兼用 単品

膝の筋肉を補助するためのサポーターは、膝痛の予防に効果が期待できます。

日常的に立ち仕事が多かったり、膝に負担がかかるような姿勢をとることが多い方にはおすすめの予防策です。

サポーターをつけるだけで、筋肉を補助してくれ膝への負担をやわらげることになるので手間もかかりません。

またサポーターもさまざまな種類があるので、自分の症状や用途に応じて選ぶことが出来るのも良い点です。

サプリメント

オリヒロ 高純度 グルコサミン 徳用 900粒(90日分) [機能性表示食品]

膝痛が起こる原因の一つとして、膝の軟骨がすり減って骨がぶつかることがあげられるのですがこれは年齢とともに発生する避けられない現象でもあります。

そのためこの膝軟骨の減少を予防するためにも、膝痛に効果があるサプリメントの摂取も予防策としては効果的です。

特に膝痛予防の効果がある成分として、グルコサミンやコンドロイチン、プロテオグリカンといったものを摂取するのがおすすめです。

まとめ

このように膝痛を放っておくと、日常生活に支障をきたすまでに悪化してしまうことになります。

膝痛にならないよう予防することはもちろんですが、初期の段階で治療をはじめることが非常に大切です。

年をとっても自由に買い物やお出かけができるよう、膝痛とは縁がないと思っている若い人こそ気を付け、今から意識することが大切なのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ