腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛を引き起こさないために、登山用ストックを使うと良い理由は?

   

登山を続けていると、膝痛を引き起こしてしまうことがあります。

膝痛を引き起こすと、楽しみだった登山も、苦痛になってしまうこともあります。

そのため事前に膝痛にならないように、工夫をすることが大切です。

登山用ストックを活用していくことも、その一つです。

ここでは膝痛を引き起こさないために、登山用ストックを活用すると良い理由について、お話していきます。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

登山用ストックを購入して、膝痛が少なくなった

最初は登山用ストックを持っていなかった

私は登山が趣味ですが、最初の頃は登山用ストックを持っていませんでした。

登山を続けていくうちに、山で会う人達が登山用ストックを使っているのを見て、興味を持つようになりました。

登山用品店に行った時、店員さんに聞いてみると、「ストックを持つと、かなり疲れにくいですよ。」と、アドバイスを受けました。

登山のレベルアップにもつながると考え、購入してみることにしました。

膝痛が気になっているような人におすすめ

私は登山をしていると、時々膝痛を引き起こすことがあります。

でも登山用ストックを購入しようと思ったきっかけは、疲労を少なくして、長く登りたいという理由でした。

でも実際に使ってみると、疲れにくいという他に、膝痛が少なくなった、と実感しています。

購入して良かったと思っています。

また登山用ストックの使用は、膝痛が気になっているような人に、おすすめします。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

膝関節の負担を軽減し、予防につながる

力を分散させることができる

登山用ストックを使って、登山をすることで、力を分散させることができます。

そのため膝関節への負担を軽くさせることができ、膝痛を軽減でき、予防することができます。

山によっては石がかなり多い道や、滑りやすいような場所もあります。

何も持たずに歩いていると、膝だけに力を入れてしまっていることもあります。

疲れていると、無意識に力を入れてしまいます。

登山用ストックを持って歩くことで、それを防ぐことができるのです。

ダブルストックでの歩行がおすすめ

登山用ストックを持って、膝への負担を軽くしたい時は、ダブルストックでの歩行をおすすめします。

私は登山用品店に行った時、シングルストック、ダブルストックのどちらが良いか、店員さんに聞いてみたことがあります。

でもそれぞれメリットやデメリットがあるそうです。

実際に店内をシングルストックで歩いてみたり、ダブルストックで歩いてみたりすることもありました。

やはりダブルストックの方が、楽だと感じました。

でも実際に登山になると、片手があいていた方が楽だと思ったこともありました。

そこで主人の提案で、最初はダブルストックを一組購入することにしました。

シングルストックで歩く時は2人で持って、ダブルストックの場合は、どちらかが持つようにして登山をすることになりました。

ダブルストックは、身体に負担がかかりにくい

実際にお互いでシングルストック、ダブルストックの両方で、登山をしてみました。

主人も私もやはりダブルストックの方が、疲れにくくて、身体に負担がかからないと実感しました。

膝痛のトラブルも少なくなったので、手放せなくなりました。

そのため結局あらたに1組追加で購入して、夫婦で愛用するようになりました。

シングルストックの方が良い場合もある

でも岩場が多い場所やロープのある場所は、シングルストックの方が、膝に負担がかからないこともあります。

危険な場所で、無理にダブルストックで歩行すると、かえって膝に負担がかかってしまいます。

そのため状況によって、ストックの本数を変えていくようにしましょう。

安定感が得られたり、バランスを保てる

四本足の動物のような安定感が得られる

登山をする時、登山用ストックをしっかり持っていると、安定感が得られます。

特に私の場合、ダブルストックを持った時、四本足の動物になったような気持ちになりました。

私はハムスターを飼っているので、主人と登山に行った時は、「ハムちゃんの気持ちを持っている。」などと、冗談を言うこともあります。

登山用ストックを持つことで、安定感が得られるため、膝関節への負担も少なくできる、というメリットもあります。

またシングルストックであっても、持っていないよりは、安定感が得られます。

バランスが崩れると、膝痛の原因になることもある

一方で何も持たずに歩いていると、身体が片側に傾きやすくなります。

特に地面が滑りやすい状態だと、バランスを崩しやすくなります。

身体のバランスを崩してしまうことで、片側の膝関節に負担がかかってしまい、膝痛を引き起こす恐れがあります。

でも登山用ストックを持つことで、安定感が得られると同時に、バランスもしっかりと保てるようになります。

膝のケガによる痛みを、防止できることもある

登山をしていると、膝をケガしてしまうことが多い

登山をしていると膝を擦りむいてしまったり、どこかにぶつけて、ケガをしてしまったりすることがあります。

膝をケガしてしまうと、場合によっては、膝痛が長引いてしまうこともあります。

そのため登山をしている時は、ケガをしないような工夫をすることも大切です。

実は登山用ストックを持って登山をすることで、膝のケガを防止できることもあります。

主人が登山用ストックを持っていたことで、ケガをせずに済んだ体験談をお話します。

登山用ストックがクッションになり、守ってくれた

秋の紅葉の時期に、主人と登山に行ったことがあります。

紅葉はとても綺麗でしたが、その分落ち葉もかなり多かったです。

落ち葉が多いと、かなり滑りやすくなります。

登りの時はトラブルがありませんでしたが、問題は下りになった時です。

急な下り坂でありながら、落ち葉が多かったので、慎重に下山していました。

その時後ろを歩いていた主人の悲鳴が、突然聞こえてきました。

振り返ると、主人が滑って転倒していました。

慎重に下山をしていましたが、足を踏み外してしまったそうです。

でも転倒しただけで、ケガをしていなかったので、びっくりしました。

実はダブルストックで下っていましたが、その一つが身体のクッションになって守ってくれたのです。

そのため膝を含めて、直接身体を強く打つことがなく済みました。

購入してから4回位しか使っていなかった、登山用ストックは、曲がって使えなくなってしまいました。

でも結果的にケガをせずに済んだので、とても良かったと思います。

登山用ストックが、支えになることもある

でも登山用ストックを持っているからといって、下山の時は絶対安心、とは言えません。

いろいろなケースで、転倒が起こる可能性があるからです。

私達が下山をしていた場所は、急な下り坂でありながら、道幅が広かったです。

そのため何も持っていなかったら、つかまる物が周囲になかったので、膝のあたりをケガしていた可能性もあります。

下り坂であっても、ストックを使用しない方が良い場合もあります。

でもこのような場合、登山用ストックが支えになることもあります。

登山用ストックを上手に利用して、膝痛やケガを防止していくと良いでしょう。

まとめ

登山用ストックを使って登山をすることで、膝関節の負担を少なくし、安定感を得られるというメリットがあります。

またバランスよく歩行ができて、ケガの予防になることもあります。

そのため膝痛を引き起こすリスクも、減らすことができます。

膝痛を引き起こさないために、上手に登山用ストックを使っていくようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ