腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛を引き起こしてしまった場合の対応について教えます。

   

膝痛に関しては、誰でもなりうる病気であります。

私も5年前に膝を痛め、今でも病院や整骨院に行きながら、痛みとうまく付き合っている状況が続いております。

また高齢の多くの方々も膝痛に悩まれているということも聞いたことがあります。

そこで、今回は、この膝痛についての説明と一般的な治療について、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛について

膝痛といっても色々な部位の痛みがあります。

例えば、膝のお皿の部分については、半月板という骨の部分となりますが、この半月板については野球、サッカーなどのスポーツにおいて痛めてしまう選手が多いです。

野球についてはデッドボールやホームベースでのスライディングなどの交錯プレイにおいて、痛める可能性があります。

また、サッカーにおいても激しいチャージによる交錯プレイ、もしくは相手のラフプレイなどによる影響で痛めてしまう可能性もあります。

さらに膝の両側にある靭帯を痛めたり、膝にある軟骨部分がすり減ることによる痛み、さらに膝の裏側の痛みが主に挙げられる、膝痛の例となります。

私の場合は、左膝の外側の靭帯を痛めてしまい、半年間は思いっきり走ることができず、大変な目にあいました。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛の原因について

このように、膝痛の原因については、やはりスポーツなどの運動によって発生してしまう場合が多いのではないでしょうか。

ただ一方で、日常生活において膝を痛めてしまうケースも否めません。

では、日常生活において膝を痛める場合について少し調べてみましたが、現在、主に3つあると考えています。

準備運動不足

1つ目は、この準備運動不足によるものです。

例えば、今流行りのランニングやジョギング、マラソンブームがあり、おしゃれなランナーたちが、皇居周辺や、神宮外苑で走っています。

ではもし、ランニングやジョギングをする際に、準備運動をしていなかった場合、どのような状況に陥るのでしょうか。

ジョギングだからといって準備体操をおろそかにしていませんでしょうか。

極端な例としては、5分から10分程度準備運動をした後に、すぐに本気モードで走り始める、といったことです。

もし、このような準備運動を平気で実施されているようでしたら、今すぐにやめましょう。

さらに、このような準備運動不足による弊害としては、膝の可動域を広げることができないということです。

また、仮に運動できたとして、関節が痛むまで練習が続くというケースもざらではないでしょうか。

なかなか思うように関節が動かなくそのような動かない状態で、さらに無理に力を出そうとしてしまうと、怪我の原因へとつながります。

もし準備運動が足りないという状況であれば、運動する前にきちんと見直しして、準備運動を再度行っていただくのが一番の成功秘訣です。

過度な運動(オーバーワーク)

2つ目は運動をしている際のオーバーワークです。

スポーツ競技において過度な運用、いわゆる「オーバーワーク」によって、膝への負荷が知らないうちにかかっていることがあります。

例えば、身体の調子が良いからといって、無計画に連取を進めてしまうと、やがてオーバーワークとなり、疲労が抜けなくなります。

さらに疲労が抜けない場合で、さらに練習をしてしまうと膝痛もさることながら、疲労骨折などの弊害をも引き起こすことがあります。

このように、稼働な運動を予防しなければなりません。

急激な体重増加

3つ目は過度な体重増加によるものです。

ひょっとすると、この体重増加による、膝痛は一番多いかもしれません。

例えば、以前、大相撲の力士で体重が200キロ以上という、桁違いの大きさの方がいらっしゃいました。

この力士は相撲の取り組みで膝を痛めてしまい、以後サポーターを巻きながら引退まで土俵を務めました。

膝は体を支えていくために必要なものですが、急激な体重増加などによって、膝に大きな負荷を与えることになります。

私もこの体重増加が5キロあり、結果、運動をしている際に膝を痛めてしまいました。

膝痛の治療について

では膝痛の治療について、どのような選択肢があるのでしょうか。

私が体感したおすすめの整骨院での治療についても紹介していきたいと思います。

整形外科での対応

骨や筋の痛みの場合には、念のため、整形外科での対応をまず実施しましょう。

医学的な見地で膝の状態をレントゲンなどで取りながら、患者と一緒に状況を確認しながら対応していくことが必要となります。

また、整形外科にはリハビリテーションルームが併設されているケースが多く、医師のほか、専門のリハビリ担当が患者さんの状況をみながら、最適なリハビリメニューやストレッチなどのメニューを考えていただけるのではないかと思います。

整骨院での対応

整骨院についてですが、リハビリや身体の関節の可動域などをチェックしながら、体全体のバランスを整えてくれるところです。

膝も身体の一部ですが、その膝を痛めてしまっていることにつながる原因を見つけてくれることもあります。

例えば、身体の重心のバランスが悪く、その分膝に負荷をかけている場合もあります。

さらに身体の歪みなどによる原因で、膝の位置もアンバランスな状態となり、負荷を与えてしまっている場合もあります。

このように身体をトータル的に治療していただけるのが整骨院であると思います。

私の場合、整形外科の治療でも問題なかったんのですが、整骨院が自宅近くにあったことや、膝痛だけでなく、体全体の状況を見てもらうために整骨院へ行きました。

ストレッチでの対応

ストレッチにより、膝への軽減を抑える対応です。

膝も周りにある筋肉を伸ばしてあげることにより、膝の筋肉の緊張を防ぐことができます。

さらに、ストレッチによって体の柔軟性が増してくると、関節の可動域や動きがスムーズになり、怪我をしにくい体にもあります。

私も毎日お風呂上がりには膝のストレッチや、ふくらはぎ、ももなどの足の周辺も伸ばすことにしております。

風呂上がりのストレッチは一番効果がございますので、是非実践していただくことをおすすめします。

人工関節の技術

高齢者の方によくある膝痛が発生します。

この高齢者の膝痛は、骨と骨とを結ぶ軟骨がすり減る、もしくはない状態となっていることを言います。

長年歩いたり、走ったりしていると、膝にある、骨と骨とをつなぐ部分が加齢とともに軟骨分が減ってしまいます。

さらに、やがて骨と骨とが摩擦し合うことによって痛みが生じ始め、最終的に軟骨がなくなることもあります。

このような状態の際には、膝に人工関節などを入れて外科的に処置を行う場合もあります。

人工関節も次第に改善されつつありますが、この骨の軟骨の部分の開発について最近注目されているのはゲル素材です。

ゲルの特徴である、伸縮性や耐久性は人工関節で用いる軟骨部分に最適であると思います。

ゲルは90%の水で作られていることを初めてしりましたが、現在、ゲル素材の安全性の確認などを急いでおり、このゲルが商品化されると、膝痛に悩まれている方々には大変な朗報であると思います。

まとめ

膝痛ひとつとっても、いろいろな部位があります。

私の場合、膝裏の部分が痛み、毎回アイシングをしていた覚えがあります。

今となっては、その最悪な膝痛までは回避できましたが、いつまた膝痛が起こるかはわかりません。

それまでは怪我の予防として、ストレッチや、暴飲暴食を避け、飲酒も少なくするなど、トータルで考えていきたいものです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ