腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛を軽くする良い方法があるって?アイシングやアロマを取り入れた膝痛対策も効果があります

   

ZAMST(ザムスト) IW-1アイシングセット 肘・膝・足首用 378301

足は歩くために動かしますが、その支えとなる膝が故障すると歩行に問題が生じてしまいます。

膝痛で今までの暮らしが一変してしまった方は、今からお伝えする諸情報で膝痛に掛かるリスクを低くできるかもしれません。

膝痛予備軍もためになる情報だと感じていただけるような内容で、読者を引き込んでいければと思います。

膝の痛みが無くなれば人生がハッピーだと思うようになるでしょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

あぐらをかくと膝痛になる原因と対処法

あぐらをかくと膝が痛くなる原因に半月板への負担が挙げられて、あぐらをかくことで膝が捻られるからです。

筋肉のしこりが膝の裏側にできた場合も痛みが出てきて、放っておくと痛む範囲が広くなってしまいます。

場合によっては、凝りができた部分を触らなくても痛みを感じようになるので、そうなる前のマッサージで凝りをほぐすのがおすすめです。

股関節の歪みも膝痛の原因で、治療などで股関節を本来の正しい位置に戻してあげることが重要。

あぐらは一見楽な姿勢ですが、股関節に負担を掛けてしまう座り方であることを気を付けましょう。

もしあぐらで膝が痛くなってしまっても、安静にすることで膝痛が和らいでいきます。

他にもストレッチや血液の流れを良くするなどのセルフケアも有効です。

よくあぐらをかく方や既に度重なるあぐらで膝が痛くなってしまった方は、膝痛の原因を知ると共に正しい対処法を知っておきましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛は何が引金で起こるのか?

膝の痛みは風邪やインフルエンザにかかったときにも出る場合があるため、油断は禁物です。

関節リウマチや結核性関節炎なども膝痛の原因となるので、その疑いがある方は病院で診て貰った方が良いかもしれません。

膝は足を歩く度に使いますし、膝に異常が起きたら何かと不便です。

早めの治療で膝痛を重症化させないことが膝を労ることにつながるでしょう。

怪我や事故などで膝に強い衝撃が加わった場合も膝痛の引金になるので、怪我などで膝の痛みを悪化させないようにすることも大切です。

安静にしていても膝が痛くなるのは何故?

膝は立ったり歩いたりしているときなど膝に負荷が掛かる場合に痛くなるイメージがありますが、安静にしているのに膝が痛くなるケースがあります。

考えられる要因は関節リウマチや痛風などの症状であり、それらの症状改善が膝痛緩和に結びつくかもしれません。

急に膝が痛くなったら化膿性膝関節炎などの疑いがあるため、尿酸値の検査結果がその病気に関係していないか調べた方が良いでしょう。

変形性膝関節症の治療中に安静時で膝に耐え難い痛みが走った方がいらしたので、安静時の膝痛は決して珍しいケースではありません。

しかし、変形性膝関節症でも安静時は膝が痛くならない方も居るので一概には言えないです。

誤診でその症状が原因の膝痛だと言われている可能性もあるため、正しい診断結果を得るために違う病院で診断して貰うことも一つの方法ではないでしょうか。

アイシングも膝痛対策に有効な手段

ZAMST(ザムスト) IW-1アイシングセット 肘・膝・足首用 378301

治療の一環でアイシングが行われることがありますが、膝痛にも当てはまります。

アイシングに必要な物に氷・氷嚢 ・三角巾があって、氷嚢の半分位まで氷を入れた後に水も入れて準備完了です。

痛みがある膝に5分から10分程度氷嚢を直接当てることで、効果が表れるとのこと。

膝を動かす場合は三角巾で固定することもポイント。

アイシングは血液の流れを良くする効果があるばかりか、酸素の供給量を増やす働きがあります。

つまり痛めた組織の修復を促進させるため、有効な膝痛対処法と位置付けられているでしょう。

アイシングで冷えた患部を暖めるために血行が良くなるからであり、これ以上膝が冷えたら大変なことになる!

と膝に発破を掛けることが良い結果につながるわけです。

アイシングのタイミングと患部を冷やす時間

膝が痛くなったら痛みを悪化させないためにサポーターをするのが多くの方に浮かぶ発想かと思いますが、アイシングした後にサポーターするのがより効果的です。

アイシングには膝の痛みを軽減させる効果があるため、サポーターの相乗効果を得るには好都合。

ランニングが原因で起こる膝痛にランナー膝がありますが、その症状にもアイシングが効果的とのこと。

トレーニング後などにアイシングで膝を労ることで、炎症を抑えられる上に疲労回復も期待できます。

膝を酷使するランナーの間で流行ってそうなアイシングは、膝痛を回避するための常套手段になっているのではないでしょうか。

アイシングの時間は5分から10分位が良くて、膝の感覚が無くなったらアイシングを中断します。

凍傷を招かないためであり、程々の膝ケアが結果として膝を労ることに結びつくのです。

アイシングと同等の効果を得るのに有効な保冷剤

先の説明通り、アイシングの準備はそれ程手間が掛かりませんが、その場ですぐに膝を冷やせるアイテムがあった方が便利ですよね。

保冷剤がアイシング用品として使える物であり、携帯する際も煩わしくないので使い易いのではないかと思います。

膝を冷やすアイテム選びで迷ったときは、保冷剤をチョイスするのも良いかもしれません。

保冷剤ならば弁当を冷やすなど使用用途が広いので、一つで二役をこなす貴重品として活躍してくれます。

保冷剤のお蔭で、効果的な膝ケアができると感じた方の感激の声が多数挙がってそうですね。

アロマの力で膝痛を緩和

膝痛にアロマトリートメントオイルが良いらしく、ペパーミントやバジル、イランイランなどと混ぜて作ります。

筋肉を緩めて痛みを和らげてくれる精油も含まれているので、膝の痛みに悩まされている方にもおすすめです。

膝が痛み出したら、膝が痛い箇所にアロマトリートメントオイルを塗った後に15分から20分で痛みが軽くなるそう。

即効性は無いものの、他の膝痛対策で効果が得られなかったりアロマの癒し効果も期待している方には有り難いことこの上ないでしょう。

歩いたときや歩き過ぎのときの膝痛とは何なのか?

大抵の膝痛の方は、歩くと膝が痛くなる経験をされたのではないでしょうか。

歩くと痛い膝痛は早急な対処が肝心で、膝痛が悪化してしまう場合もあり得ます。

膝の関節にある靭帯を痛めると膝が痛くなり、早めの治療を余儀なくされることが少なくないかもしれません。

膝の痛みが日を重ねるごとに強くなったり、痛みの範囲が広がってきたら要注意です。

たかが膝痛だと侮っていると酷い目に遭うので、病院で診て貰うなどで膝痛の完治が難しい状況までもつれ込まないようにしましょう。

痛くて膝が動かせない場合も気を付けるべきであり、膝の痛みで行動が制限されて思った通りの生活が送れなくなったら何かと不都合です。

歩き過ぎて膝が痛いケースは、膝が腫れていたり膝に熱を持っている、内出血などの可能性があります。

少しでもそれらの症状に疑いがある方は、医師の診断を仰ぎ膝痛が酷くならないようにしましょう。

歩き過ぎで膝が痛むのは歩き方に問題があるからでして、顎が前に出ていたり左右のどちらかに傾いているなど。

思い当たる節がある方は、今からでも悪い歩き方の癖を直して膝痛リスクを低くするべきです。

長年膝に負担が掛かる歩き方をしていると正すのは簡単ではありませんが、膝が痛くならないための地道な努力が実を結ぶと信じて正しい歩き方を取り入れましょう。

まとめ

ある日突然膝痛に見舞われて戸惑った方は、どんな対処法が膝痛緩和になるのか悪戦苦闘しているのではないでしょうか。

ここでお伝えした情報が膝の痛みを和らげるきっかけになることを願うと共に、膝痛を恐れない日常生活が訪れることになると嬉しいです。

この膝痛は一生付き合わなければいけないのか?

と心配な方も、今から実践できる膝痛対策で上手く切り抜けられるようになるかもしれません。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ