腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛サプリを活用するときには含まれている成分や摂取のタイミングを知ることが重要

      2017/09/08

【第3類医薬品】アクテージAN錠 200錠

膝痛で悩んでいる人は多く、その悩みを抱えている人の多くは年配の人でしょう。

こうした痛みを解消させるには、さまざまな方法がありますが、サプリを上手に活用すると言う方法もあります。

サプリの有効成分を上手に活用して、毎日摂取を続けてみましょう。

また、サプリにはどのような成分が含まれているのかも確認して選ぶようにしてみましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛と年齢との関係とは

高齢者になると膝が痛む

膝痛と年齢とを切り離して考えることはできないでしょう。

年齢を負うごとに、どんどんと免疫力は低下していくことは誰でも理解できるはずです。

気が付いたときには、体のさまざまな場所に不具合が起きてしまい、それは膝の痛みも同じことが言えるでしょう。

さらに、膝痛はほとんどの高齢者が悩んでいる症状であり、ほとんどの高齢者が年齢のため仕方がないと考えている傾向にもあるのです。

高齢者になると膝痛が出てしまうことは仕方のないことではありますが、なぜ膝が痛んでしまうのかの原因をまずは特定し、さらにその原因に見合った対策や予防法についても同時に考えていくことが大切なことなのです。

膝の痛みなどを放置してしまうことで、最悪の場合歩行が困難になってしまうことも決して珍しいことではありません。

滑液分泌能力の低下も一つの原因となる

滑液分泌能力と言う言葉を聞いたことがありますか。

関節を包んでいる薄い膜のことを関節包と言います。

関節包の内側には滑膜から分泌されている成分があるのです。

この成分のことを滑液と言うのです。

この滑液は関節をスムーズに動かすために重要な役割を担っており、いわゆるオイルのような存在を果たしているのです。

滑液の分泌量が極端に減ってしまうことで、関節などをイメージ通りに動かすことができるようにならずいわゆる錆付いてしまっている状態になるのです。

こうした状況が続いてしまえば、痛みとなって感じてくるのです。

これは当然、膝の痛みにも繋がっていきます。

膝をスムーズに動かす滑液の能力が低下してしまうことで、膝痛が悪化してしまうのです。

高齢になるとほとんどの人が体の機能が衰えてしまい、必要な成分の吸収力が弱まってしまうので、同時に滑液を分泌するための力も衰えてしまうのです。

軟骨の磨り減りも原因となる

膝痛の症状が現れてくる原因として、高齢の人に多い原因となる軟骨の磨り減りも深刻な問題と言えるでしょう。

高齢になることで、骨と骨の間のクッションのような役割を持っている軟骨がどんどんと減ってきてしまうのです。

こうしたことが原因となり、クッションの役割りがなくなっていき骨と骨が直接触れ合ってしまう減少が起こってしまいます。

想像できると思いますが、骨と骨とが直接触れ合うのですからとても強い痛みになってしまうのです。

こうした症状が続いてしまうことで、炎症が起きてしまい歩けなくなるほどの痛みが出てくることもあります。

クッションが減ってくることを認識することは簡単ではありませんが、クッションは少しずつ減少していきますので、事前に医師などに相談をしてどのような常態なのかを理解しておくようにしましょう。

では、こうした軟骨の磨り減りが起こった場合はどのような症状が現れるのでしょうか。

軟骨の磨り減ることで起こる症状

代表的な症状としては、膝を動かしたときに引っかかり感を感じるようになります。

また、膝がぐらついたり、しっかり力が入らない状況になってしまうこともあります。

そして、動かすたびに音が膝から出てしまう症状にも注意が必要です。

また、突然動かなくなる症状になってしまうこともありますので、おかしいと感じたときにはできるだけ早目に医師に相談を行うことが重要です。

酷い症状になってくれば、発熱や寒気が起こることもあります。

このような状況になった場合は重症と考えるべきです。

どのような症状にしても、年齢を負うことで多くの人が感じることになる症状になりますので、自分の体を注意深く見守っていくようにしましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛サプリの主な成分

グルコサミンサプリの効果

膝痛などの関節が気になっている人は、まず真っ先に想像する成分といえばやはりグルコサミンではないでしょうか。

誰でも一度は耳にしたことがあるこのグルコサミンは、関節の柔軟な動きには欠かせない成分と言われています。

推奨されている摂取量を、毎日の食事だけで摂ることはとても難しいので、それをサプリで補うことはとても重要でしょう。

コンドロイチンサプリの効果

膝痛みに悩まされている人がサプリを選ぶときには、必ずコンドロイチンが配合されているかどうかと言うポイントを抑えるべきでしょう。

それほど膝痛などに痛みに効果的な成分なのです。

なぜなら膝痛を医師に相談をした場合、医師からコンドロイチンをすすめるケースがあるほどなのです。

医師も推奨していることから、コンドロイチンがいかに膝痛に効果的なのかが理解できるはずです。

グルコサミンとコンドロイチンの両方が含まれているサプリも多くありますので、上手に活用していきましょう。

人気の膝痛サプリ3選

グルコンEX錠プラス

グルコンEX錠プラスは、コンドロイチンとチアミン硫化物、そしてピリドキシン塩酸塩とビタミンEコハク酸エステルカルシウムと呼ばれる4つの成分が体の内側から働き、すり減ってしまった軟骨だけではなく痛みを感じる神経にも直接効果を発揮してくれます。

アクテージAN錠

【第3類医薬品】アクテージAN錠 200錠

アクテージAN錠は、3つのビタミンとコンドロイチン硫酸が膝痛などを中心とした関節痛に効果的を発揮してくれます。

ビタミンB1は関節痛と腰痛、そして神経痛の症状緩和を行うことができ、さらにビタミンB12は症状緩和を行うことができるようになっています。

また、コンドロイチン硫酸は関節軟骨の弾力性を保つ役割りや保水性を保つ役割りも担っています。

とくに年配の人に効果が高いと言われていますので、まずは1ヶ月間続けてみることをおすすめします。

アリナミンEXプラス

【第3類医薬品】アリナミンEXプラス 270錠

アリナミンEXプラスは、年配の人だけではなく若い人にもとてもおすすめできる商品です。

肩や腰、そして膝の痛みなどに効果的であり、仕事で疲れた体など日々の辛い症状に優れた効果を発揮してくれます。

力仕事やスポーツで痛めた膝などに効果があり、まずはこうした体の疲れを癒したいと考えている人にはおすすめできる商品です。

膝痛サプリを摂取するタイミング

朝と昼夜しっかり摂取する

膝痛サプリをこれから試してみたいと考えている人は、どのタイミングで摂取することが効果的なのかも理解しておくべきでしょう。

膝痛で有名な成分である、コンドロイチンサプリについては朝と昼、そして夜も摂取することをおすすめします。

コンドロイチンは吸収率がとても良いため、効果が切れやすくなってしまいます。

そのため、1日にまとめて飲むようなことをした場合、効果がすぐに切れてしまうと言うデメリットがあるため1日複数に回に分けて飲むのがベストな摂取方法だと言えるでしょう。

また、食前と食後のどちらにするべきかも悩むでしょうが、基本的には食前に飲む方が吸収率が良いので食前の摂取をおすすめします。

まとめ

膝痛サプリを摂取する場合には、サプリに含まれている成分だけではなく、どのタイミングで摂取するべきかなども含めて知識を高めておくべきでしょう。

しかし、膝痛はすぐに改善できるわけではありません。

まずは1ヶ月、自分に合ったサプリを上手に活用して続けてみましょう。

想像通りの効果が現れなかった場合は、医師に相談をすることも大切なことです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ