腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

自分に合った座椅子を上手に活用して快適な時間を手に入れる

   

AKRacing ゲーミング座椅子 極坐(ぎょくざ)V2 赤色 Gyokuza V2 Red

座椅子を活用することで、快適なリラックスできる時間を長時間得ることができます。

しかし、座り方によっては、こうしたリラックスできる時間が不快な時間に変わってしまうこともあります。

まずは、座椅子への正しい座り方や選び方を理解していき、いつまでも快適なリラックスできる時間を得ることができるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

座椅子にしかないメリット

体全体がリラックスできる

体を休める行動に、座ると言うことがあります。

立っていたままの状態の場合、当然体は疲れてきます。

体重がかかってしまう足だけではなく、バランスを保つために自然と上半身も疲れが溜まっていき、立っているだけなのに体全体が疲れてしまったと言うことは決して珍しいことではありません。

こうした状態を回避するためには、やはり座ると言う行動は欠かせないことです。

座ることで体の体重を座っている場所に預けることができ、体は自然と楽な姿勢へと向かっていきます。

こうした楽な姿勢が保てる椅子こそ、座椅子なのです。

とくに椅子は足も床面に設置させることができますので、体の体重を全て預けることができるようになります。

デスクワーク用などの椅子の場合にも、リラックスできる姿勢を保つことはできますが、どうしても足の部分はフリーになってしまい、長時間の場合には足だけではなくお尻の部分にも痛みが出てきます。

こうした状態を回避できるのが、座椅子の魅力でもあります。

角度を変えればそのまま眠れる

また、座椅子の多くは背もたれの角度を調整することができます。

自分が楽だと感じる角度に調整できるだけではなく、角度を極端に変えることでそのまま眠る姿勢も作ることができるのです。

座椅子の素材に注意して選べば、クッション性の良さからマットレスのような感覚にさせてくれるようにもなります。

こうした魅力は、座椅子にしかない魅力だと言えます。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

座椅子にもデメリットはある

姿勢が崩れやすい

万能に感じる座椅子ですが、実は座椅子にもデメリットはあります。

とくに注意をしなければならないことは、座椅子を利用することで姿勢が極端に崩れやすくなってしまうのです。

座り方によっては座椅子は背中が曲がってしまいやすくなります。

さらに、体が下に滑り落ちてしまいやすくなりますので、腰の部分に空間ができ腰痛の原因を招いてしまうことにもなるのです。

こうした注意点を理解しておけば、座椅子でもデメリットを解消した座り方ができるようになりますので、デメリットについても知っておきましょう。

座椅子を選ぶポイント

厚みのある座椅子を選ぶ

高価な座椅子を選んでいる人は少ない傾向にありますが、極端に安い座椅子を選んでしまった場合、厚さがとても薄く体へのダメージが大きくなってしまいやすくなります。

座椅子にとってクッション性があることはとても大切で、床面に近い位置にお尻を設置することになりますので、痛みも出やすくなってしまうのです。

長時間リラックスすることを意識して、できるだけ高価になっても厚みを確保している座椅子を選ぶようにしましょう。

ひじ掛けも重視する

また、体の体重をしっかり座椅子に預けることを考慮した場合には、ひじ掛けが付いていることも重視しましょう。

ひじ掛けがあることで、フリーになりやすい腕も守ることができます。

できるだけ多くの部分を座椅子に設置させることが大切なので、こうしたひじ掛けが付いている座椅子を選ぶようにしましょう。

蒸れにくい素材を選ぶ

そして、快適な座り心地を長時間保つことを考えた場合には、蒸れにくい素材であることも重視しましょう。

夏場などはどうしても座り続けていることで設置面は汗をかいてしまいます。

通気性が乏しければ、長い間その座椅子に座りたいと言う気持ちになりません。

快適性を長く保つことを考えた場合には、蒸れにくい素材を使用した座椅子を選ぶように心がけましょう。

座椅子の正しい座り方

体をしっかり設置させる

選んだ座椅子が自分に合わないと感じて、その座椅子を使用しなくなることは多いです。

しかし、その座椅子が自分に合わないのではなく、座り方が悪いために座り心地が悪いと感じてしまうことがあるのです。

つまり、正しい座り方を心がければ、座りにくいと感じていた座椅子でも快適に座ることができるようになります。

快適に座椅子を利用する第一のポイントとして、しっかり体を固定させて座ることは必須です。

座椅子の面の多くを利用して、できるだけ多くの面に体を預けることで、座り疲れを回避することができるのです。

こうした快適な座り方は慣れが必要です。

まずは自分が快適だと感じることができる体制を確認して、その姿勢が長時間の座り心地にどのように影響するかを確認していきましょう。

おすすめできる最高の座椅子5選

Yogibo

Yogibo Max (オレンジ) 人をダメにするソファ 【受注生産品】

Yogiboは、独特な形状が特徴的な座椅子です。

船に乗っているような感覚で座ることができ、子供であれば数人が座れる形状になっています。

また、カラフルな物が多いため、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができるようになっています。

高価な座椅子になりますが、人気の高い座椅子なので、少し変わった座椅子を求めている場合にはおすすめです。

極坐

AKRacing ゲーミング座椅子 極坐(ぎょくざ)V2 赤色 Gyokuza V2 Red

ゲーミングチェアとして有名な極坐は、体のホールド感に優れている座椅子です。

体をサポートしてくれるアームレストや太ももの部分など、激しい動きをしてもずれることがないため楽な姿勢を意識できるようになっています。

また、座椅子の下面が回転するようになっていますので、そのままの姿勢で向きを簡単に変えることができるようになっています。

この座椅子もとても高価なタイプになりますが、高い人気を誇っていますので本格的なゲーミングチェアが欲しいと考えている人にはおすすめです。

マンボウソファ

座椅子型リクライニングソファー グランデルタマンボウソファー  (メッシュ生地) (レッド(V字ストライプ))

マンボウソファは、ソファと言うネーミングからも分かるように、最高のリラックスタイムを得ることができる形状が魅力的な座椅子です。

人間の体の形状を理解して設計されているため、長時間でもストレスなく座り続けることができます。

カラーもシックなタイプが多いため、大人の空間を作り出すことができるようになっています。

本格的な座椅子を求めている場合には、マンボウソファはおすすめです。

和楽の雲

セルタン 和楽の雲 下タイプ ダリアンブラウン A193下R-561BR

和楽の雲は、まさに雲の上にいるかのような気持ち良さを得ることができる座椅子です。

適度なクッション性能は、体の痛みを抱えている人でも快適に座ることができます。

また、シンプルなデザインになっていますので、どのような部屋でもフィット感を感じることができます。

座り心地を第一に考えられていますので、腰痛を抱えている人などにもおすすめです。

若竹

若竹は、まさに日本人のための座椅子だと言える存在です。

表面に凹凸を設けることで、どのような姿勢でも体をリラックスさせることができます。

また、腰やお尻など体が触れる部分の体重を上手に分散してくれる能力がありますので、快適な座り心地を長時間継続させることができます。

まとめ

座椅子にはとても多くの種類があります。

そのため、座椅子を選ぶときには、間違いなく迷ってしまうことになります。

大切なことは、自分が快適に座ることができる座椅子を選ぶことです。

一見すればリラックスできそうに感じても、実際に座ってみると不快な感覚が強い座椅子もたくさんあります。

座椅子の快適性を見極めることができる能力を身につけましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子