腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

自分の体にあったまくらを選ぶ上で最も重要な枕の高さ

      2017/09/08

アイリスオーヤマ 枕 匠眠 高さ調節ピロー スタンダード ハード Mサイズ ブルー

人生の3分の1は睡眠に費やしています。

快適な睡眠をとることが人生を豊かにするといっても過言ではありません。

ちゃんと体に合っているまくらを使わないと体に支障が出てきてしまいます。

朝起きても体のだるさが残っていたり、肩こりや首の痛みが取れない、しっかり寝た気がしないなどの不調もまくらが関係しているかもしれません。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

自分の体にあったまくらを選ぶこと

最近ではまくらを見直す人が多くオーダーメイドでまくらを作ってくれるお店や、ビジネスホテルでさえ自分にあったまくらを選べるところもあります。

実際私の主人もまくらが変わると寝られません。

そのくらい寝る上でまくらが大切であると思っている人が多いということです。

誰でもどうせ寝るなら質の良い睡眠がとりたいものです。

しっかりした睡眠をとることで普段の体調にも影響がでることは容易に想像できます。

質のいい睡眠をとることは健康にもつながります。

質の良い睡眠をとるためには自分の体にあったまくらを選ぶということが大切になってきます。

まくらを選ぶポイントはいくつかありますがまくらの高さは最も重要とも言われています。

まくらの高さが合わないと血流が悪くなり、いびきや肩こり頭痛などの原因にもなります。

体に色々な悪影響を起こさないためにも自分の体にあったまくらを選ぶことはとても大事です。

まくらは1日の3分の1、人生の3分の1の時間を支える大事なアイテムですの自分にあっているかしっかりと見てあげる必要があります。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

自分の体に合う正しいまくらの選び方

自分の体に合ったまくらとはいってもなかなか選ぶのは難しいです。

今使っているまくらに不満はないけど満足してるかはわからない人も多いのではないでしょうか。

しかし、きちんと体にあったまくらを使わないと血流が悪くなるので体に色々な不調をもたらしてしまいます。

きちんとした睡眠をとるためにも自分の体にあったまくらを選ぶ事はとても大切で、またその中でもまくらの高さは非常に重要なポイントになります。

正しいまくらの高さは立っている時と同じ姿勢で寝られるまくらが一番です。

首はまっすぐに見えますが、骨は立っているとき大きな頭を支えるために曲がっています。

曲がることで楽な姿勢になっているのです。

寝ているときもこの首の曲がりを保ったまま寝られることが楽で正しい高さのまくらです。

また頭がしっかりと収まっているということも大事なポイントです。

正しいまくらの高さから来る質のいい寝返り

人は寝ている時に寝返りをうちます。

寝返りは質のいい睡眠にをとるのにとても必要なことです。

寝返りを打つことで血流を良くしているのです。

寝返りを打たないと寝ている間ずっと同じ姿勢になってしまい血流は悪くなり体温調節もうまく出来ません。

体にあったまくらを使うことで良い寝返りがうて、血行を良くして体の疲れをとってくれるのです。

良い寝返りは体にあった高さのまくらを使うことできちんと寝返りをとることが出来るのです。

まくらを使ってない人もいると思いますが、まくらは使ったほうがおすすめです。

顔がむくみやすくなってしまうからです。

健康のためだけではなく美容のためにもまくらは使ったほうがいいといえます。

まくらの高さは性別に体型によっても変わる

高さは女性と男性で好みが別れます。

女性は低め男性は高めが好きといわれています。

また、体型によっても高さが変わるとも言われています。

大人と子どもでも違います。

しかし、実際は人それぞれ体型が違うので女性でも高めがすきな人、男性でも低めがすきな人もいます。

正しいまくらの高さは立っている姿勢のまま寝られるまくらです。

また首、肩や頭が一番楽な体勢が自分にあっているまくらの高さといえます。

首とまくらのすきま

まくらは首との隙間を埋めるためのものです。

首とまくらに隙間がある人はまくらの高さがあっていません。

自然と首の隙間を埋められるようなまくらが理想であるといえます。

首との隙間を埋めてくれているまくらは安定感があり楽な姿勢で寝られる理想的なまくらです。

間違えたまくらの選び方

間違えたまくらを選ぶと体の不調の原因になります。

肩こりや頭痛いびきが起きてしまったり寝違えてしまうこともあります。

また腰痛にもなります。

体にとって負担のある姿勢になっているため血流も悪くなります。

横向けでしか寝られない人や朝起きたらうつぶせになっている人はまくらに原因があるのかもしれません。

しっかり寝たはずなのにだるさが抜けてなかったり、夢ばかりみて眠りが浅くなってしまった人もまくらが体に合ってない可能性があります。

まくらの高さがあってないときちんとした睡眠が取れない上に体に色々な悪影響がでますので注意しましょう。

高すぎるまくら

また高いまくらだと仰向けで寝るのがしんどくなり、横向けで寝ることが多くなることがあります。

高すぎるためのどが圧迫され寝苦しいので横向きになってしまっているのです。

また高すぎて寝ずらいため自然にまくらを外していたりまくらから降りていることもあります。

高すぎるまくらで寝ているとリラックスできていません。

筋肉が緊張した状態になるためリラックスできず深い眠りをとることができなくなります。

そのためよく夢を見て眠りが浅くなってしまいます。

それだけでなく寝ている時に筋肉が緊張した状態だと変な体勢をとってしまったりして寝違いを引き起こす可能性もあります。

そして、高いまくらは肩や首に負担をかけ肩こりいびきにもつながります。

低すぎるまくら

朝起きてまくらの下に手や腕をいれている人は低すぎるまくらを使っています。

寝ている間に手や腕で枕の高さを微調整しているからです。

低いまくらで寝ると肩がつぶれてしまいます。

そのため血流が悪くなるの肩こりにもつながってしまいます。

また、まくらが低すぎると背中や首に負担がかかってしまいます。

仰向けで寝ている時に胸を張った体勢になっているからです。

またこれは高いまくらでも同様のことが言えますが、正しいまくらの高さでないと上手に寝返りがうてていないのです。

そのことで体に不調が出てしまいます。

高いまくら・低いまくらを正しい高さに

高かったり低いまくらは体に様々な悪影響を及ぼします。

今使っているまくらの高さが合っていないなら調整してあげましょう。

低すぎる場合は薄型のまくらを重ねるなどして高くしてあげましょう。

高すぎる場合は肩の高さを調整するのがおすすめです。

バスタオルなどで肩に高さを出してあげて調整します。

また首の高さが足りないときはもタオルを使いましょう。

首の下にタオルを入れて高さを出し調整しましょう。

しっかりとした睡眠がとれるように自分の体にあった高さのまくらに変えましょう。

自分にあったまくらを使うことで良い睡眠につながる

自分の体に合わないまくらを使うことは体に悪影響をもたらし危険です。

肩こや頭痛いびきはもちろんですが腰痛もまくらからきていることもあります。

自分にあったまくらを使うことでそれらを予防することが出来ます。

枕を選ぶ際は仰向けで首に負担がかかってないかももちろんですが横向けで寝た時にも楽かというのも大事です。

寝ているとき何度も寝返りをうつからです。

まくらを購入する時に一番いいのはお店で自分の高さにあったまくらかを確かめることです。

失敗しないためにもちゃんと試してから購入するのがでしょう。

まとめ

睡眠は生活を支える大事な時間です。

自分にあったまくらを使うことで睡眠の質は良くなります。

逆に合っていないと体に不調をもたらしてしまいます。

今自分の睡眠に満足できてない人はまくらの高さを見直してみるとヒントが見つかるかもしれません。

自分の体にあった高さのまくらを使うことは睡眠だけでなく生活も良くしてくれるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら