腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

自動車用クッションを紹介!腰痛でも利用しやすい商品?

   

エクスジェル (EXGEL) モニートツーリング シート/バッククッションセット ブラック ADK-5161-BK

日本はデフレが続いている事もあって、日本政府が少しでも景気を良くしたいという思惑もあって、祝日を増やし続けています(2017年10月時点)。

そのため、ご家族がいる方は大型連休の時に家族を連れて、自動車で旅行したいと思うでしょう。

しかし腰痛の方が自動車を利用したら、腰痛を悪化させてしまう可能性があります。

そこで、おすすめしたいクッションが『エクスジェル モニートツーリング シート』です。

このエクスジェル モニートツーリング シートを利用したら、腰痛の方でも自動車に乗りやすくなっているので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

エクスジェル モニートツーリング シートの魅力

自動車は振動が腰に伝わってくる場合があるので、自宅に設置している椅子に座る時よりも、腰が痛く感じやすいです。

それでもエクスジェル モニートツーリング シートを利用したら、腰にかかる負担を軽減できるのは、ある秘密があるからです。

そこで腰痛に悩んでいる方のために、その秘密に迫ってみましょう。

腰をホールド

エクスジェル モニートツーリング シートは腰を支える部分が、瓢箪(ひょうたん)のような形状をしているクッションで支えてくれます。

背もたれに寄りかかったら、この瓢箪形状のクッションが腰を左右からホールドしてくれるのです。

腰がホールドされたら、自動車が振動しても、腰の揺れをある程度まで抑えてくれるのです。

そのため自動車に乗っていても、腰の負担を軽減する事が可能になっています。

そのような特徴があるクッションなので、自動車に乗りやすいクッションを探している場合には、エクスジェル モニートツーリング シートはおすすめです。

3D形状

エクスジェル モニートツーリング シートは『3D形状』を採用していて『シートクッション』と『バッククッション』をセットで利用する事が可能になっています。

そのためエクスジェル モニートツーリング シートを利用すれば、座面・背もたれ・座面と背もたれの中間部分などで、腰を強力にサポートしてくれるのです。

座面と背もたれの両方をサポートするだけでも、珍しいクッションですが、背もたれと座面の中間部分でもサポートしれくれるクッションは多くありません。

そのため背もたれと座面の両方から腰をサポートしれくれるクッションを利用しても、腰が辛く感じる場合には、エクスジェル モニートツーリング シートを検討してみる価値があるでしょう。

ファブリッククールマックス

エクスジェル モニートツーリング シートは『ファブリッククールマックス』を採用していて、汗を素早く吸収して蒸発する働きがあります。

実際にクッションは湿気がたまりやすいので、汗をかきやすい時期では、クッションが湿っぽく感じるケースもあります。

そのようなクッションを利用していたら、快適に使用する事ができなくて、腰を少し動かしたくなるでしょう。

しかし腰を動かしてしまえば、腰に大きな負担をかけてしまいます。

そのため湿気が溜まりづらくなっている所も注目すべきポイントと言えるでしょう。

位置ズレを抑制

クッションを利用すれば、その弾力性によって、腰にかかる負担を軽減する事ができます。

しかしクッションを利用した時に、そのクッションがズレてしまうケースもあるのです。

クッションがズレてしまえば、その反動が腰に加わってしまうので、腰痛の方にとって辛く感じてしまう瞬間でしょう。

所が、エクスジェル モニートツーリング シートの本体裏面に滑り止め加工が施されているので『位置ズレ』を抑制する事ができるのです。

そのためズレやすいクッションを利用している方は、エクスジェル モニートツーリング シートを利用してみる価値があるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

自動車を運転する際の注意点

エクスジェル モニートツーリング シートを利用しても、自動車は振動してしまうので、腰痛の方はいくつか注意しなければいけないポイントがあります。

そこで腰痛に悩んでいる方のために、どのようなポイントを注意すれば良いのか紹介するので確認してみて下さい。

目薬を使用

自動車を運転している際に、長距離ドライブをしていたら、目が疲れてしまう事があります。

そのような時には目が疲れているので、前傾姿勢になって運転してしまう場合があるのです。

しかし腰痛の方が前傾姿勢になったら、腰に負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

そのため1時間に1回は休憩を取るようにして、目が疲れている場合には目薬を使用して、目の疲れを取ったほうが良いでしょう。

エアコン

暑い夏場の季節には、自動車のエアコンで冷たい風を身体に当てようとするでしょう。

所が、このような行為は腰痛を悪化させる場合があるのです。

なぜなら腰を冷やしてしまえば、腰周辺の血管を収縮して、血行が悪化してしまうからです。

そのような事になれば、腰周辺で疲労物質が溜まってしまうので、腰が痛く感じてしまいます。

そのため暑い夏場の季節にエアコンを使用してもいいのですが、エアコンの冷たい風を身体に向けないようにして下さい。

商品情報の内容

エクスジェル モニートツーリング シートの魅力が分かっても、商品情報を把握しておかなければ、後悔してしまう可能性があります。

そこでエクスジェル モニートツーリング シートを購入しようと考えている方のために、商品情報を紹介するので見ていきましょう。

2種類のカラー

エクスジェル モニートツーリング シートには2種類のカラーが用意されていて、その種類は『ブラック』と『ベージュ』があります。

あなたが所有している自動車のシートのカラーがブラックやベージュであれば、一体感があるので、それほど違和感を抱かないでしょう。

しかし、あなたの自動車のシートのカラーが、ブラックやベージュでなければ一体感がでないので注意したほうが良いです。

高額なクッション

エクスジェル モニートツーリング シートは腰にかかる負担を軽減できるように作られていますが、その値段は高額になっています。

実際にエクスジェル モニートツーリング シートは、楽天市場では送料別で税込価格20,520円もするのです(2017年10月4日時点)。

腰痛でも利用しやすいクッションでも20,000円を超えるような高額な商品は多くありません。

それを考えたら、エクスジェル モニートツーリング シートはコストパフォーマンスがそれほど高くないので、注意したほうが良いです。

利用者たちの口コミ

エクスジェル モニートツーリング シートは魅力的なポイントが多いクッションですが、注意すべきポイントも多かったので、このクッションを購入するべきか悩んでしまう方は多いでしょう。

そこで利用者たちの口コミを紹介するので、このクッションを購入するべきか参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

エクスジェル モニートツーリング シートを利用しようとしたら、座高が高くなって、使いづらく感じるケースがありました。

そのため座高が高くなったら、使用しづらい方は注意したほうが良いでしょう。

そしてエクスジェル モニートツーリング シートを自動車の座席に設置したら、座席が狭く感じてしまう方もいました。

そのため体格が大きい方も使用しづらく感じる可能性があるので、気を付けたほうが良いです。

良い口コミ

エクスジェル モニートツーリング シートを自動車の座席にセットして、利用してみたら、自動車に振動が腰に伝わってくるのが軽減されるように感じる方がいました。

この辺りは、エクスジェル モニートツーリング シートが腰をホールドしてくれるのが効いているのでしょう。

そしてエクスジェル モニートツーリング シートを利用していたら、腰とお尻を固定された方もいたので、自動車がある程度まで振動しても腰の揺れを抑える事が期待できるでしょう。

まとめ

エクスジェル モニートツーリング シートは、3D形状を採用しているクッションなので、腰をしっかりサポートしてくれます。

そのため腰痛に悩んでいる方には魅力的なクッションと言えるでしょう。

ただしエクスジェル モニートツーリング シートを利用したら、座席が狭く感じてしまう方もいたので、注意する必要があります。

そのような事を考えたら、座席に座る使用感よりも、腰にかかる負担を軽減できる所を重視している方に合うクッションと言えるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション