腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

自動車用前座席用カーシートカバー クッション性で腰痛対策!

   

自動車は、短時間で遠くまで移動できる乗り物として、多くの方たちが利用しています。

しかし、自動車を運転する際には、腰に大きな負担をかけてしまうので、腰痛の方は注意しなければいけません。

そこで、腰痛の方におすすめしたいのが『自動車用前座席用カーシートカバー クッション性』です。

このクッションは、腰にかかる負担を軽減できるように作られているので、その魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

自動車用前座席用カーシートカバー クッション性の特徴

本製品は、腰にかかる負担を軽減できるだけではなく、利便性も優れています。

そこで、このクッションを詳しく知りたい方のために、どのような特徴があるのか説明しましょう。

メッシュ生地

腰痛の方は、腰を少しでも動かしたら痛く感じてしまうので、同じ姿勢で座り続ける事が重要です。

しかし、暑い夏場の季節にシートの上にクッションを乗せていたら、お尻がムレてしまいます。

もしも、お尻がムレてしまえば、座り心地が悪くなってしまうので、同じ姿勢を続ける事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

ところが、本製品は『メッシュ生地』になっているので、シートの上に乗せても、お尻があまりムレないので同じ姿勢で座りやすくなっています。

弾力性

車のシートは適度なクッション性があるので、お尻が沈み込みやすくなっています。

実際に、お尻が沈み込んでしまえば、自動車の振動によって、腰が上下に揺れやすくなってしまいます。

そのような事になれば、腰が痛く感じてしまうので気を付けなければいけません。

ところが、本製品は適度な『弾力性』があるので、あまりお尻が沈み込まないようになっているのです。

ただし、適度な弾力性がある事から、少しお尻が痛く感じてしまう事もあるので、注意する必要があります。

ボリューム

自動車のシートによって違いはありますが、硬めのシートになっていたら腰が痛く感じてしまう場合があります。

ところが、本製品はシートの座面に敷くだけのタイプではなく、背もたれにも設置できるようになっているので、背中付近の腰を支える事も可能になっています。

そのため、車の振動によって、シートの背もたれと腰が何回も当たってしまう場合でも、本製品を利用すれば腰をサポートできるのです。

さらに、本製品の厚みは8cmもある事から、底つき感を緩和する事ができるので、腰痛の方にはおすすめのクッションです。

洗える生地

自動車から降りて、目的地の建物へ移動する間に服を汚してしまうケースがあります。

このように服が汚れている状態で、本製品に座ったらクッションが汚れてしまいます。

そこで、本製品は洗える『生地』を採用している事から、清潔な状態で利用できるようになっているのです。

ただし、本製品を洗う際には、手洗いで中性洗剤を利用するようにして下さい。

そうしなければ、生地を傷めてしまう可能性があるので、注意して下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の方が運転をする際の注意点

本製品は、腰にかかる負担を軽減できるように作られていても、腰痛の方は自動車を利用する際には、いくつか注意すべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておかなければ、後悔する事になってしまうので、どのようなポイントについて注意すれば良いのか紹介しましょう。

座り方

自動車のシートは、背もたれの角度を調整する事ができるのは大きな魅力ですが、後方へ倒した背もたれに寄りかかってしまえば、お尻が前のほうへズレやすくなってしまいます。

もしも、背もたれに寄りかかっている状態で、お尻が前のほうへズレてしまえば、上半身の体重の負担が腰に加わりやすくなってしまうのです。

そのため、自動車を運転している時に腰が疲れてきた場合には、シートを倒しても良いのですが、お尻が前のほうへズレないように注意して下さい。

休憩するタイミング

自動車を運転する時に、国道や県道を走行している時は、休憩できる場所は数多くあるので問題はありませんが、高速道路を走行する際には注意しなければいけません。

なぜなら、日本の高速道路は場所によって、数十キロを走行しなければ、PAやSAなどが無い所があるからです。

そのため、早めにPAまたはSAで自動車を停めて休憩しなければ、何時間も自動車を運転する事になってしまいます。

休憩もしないで、何時間も自動車を運転していたら、腰に負担をかけるようになってしまうので気を付けて下さい。

製品情報の内容

本製品は、腰痛の方でも利用しやすいクッションですが『デザイン』や『価格』などが気になる方も多いでしょう。

そこで、このクッションの製品情報の内容も紹介するので、参考にしてみて下さい。

デザイン性

本製品は、六角形状に編まれていて、シックで落ち着いたデザインになっています。

ただし、カラーは『ブラック』しかないので、豊富なカラーバリエーションを用意しているクッションを探している方は注意して下さい。

そのため、ブラックカラーになっているシートに合いやすいクッションになっていますが、シートのカラーがブラックになっていない場合には、本製品とシートのデザインが合わないケースもあるので気を付けて下さい。

コストパフォーマンス

カラーバリエーションは少ないクッションですが、値段は安くなっていて、楽天市場では税込価格6,980円で販売されています(2018年6月21日時点)。

実は、日本で販売されているクッションの中には、1,000円前後になっている製品もありますが、10,000円を超えてしまう高額な製品もあるのです。

それを考えたら、本製品はリーズナブルな価格という訳ではありませんが、それほど高額な製品でもありません。

そのため、値段よりも品質を重視している方であれば、腰にかかる負担を軽減できる本製品は検討してみる価値があります。

利用者たちの使用感

本製品の魅力を紹介してきましたが、実際に利用している方たちの使用感も把握しておかなければ、クッションを購入した後にイメージしていたものと違う可能性があります。

そこで、本製品を利用している方たちの使用感を紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を自動車のシートに装着する際に、メッシュが細くなっていましたが、簡単に装着できて満足しているケースがありました。

さらに、本製品を自動車のシートに装着したら、あまりズレなくなっていたので、座りやすく感じている方もいたのです。

実際に、クッションがズレてしまえば、腰にかかる負担が大きくなってしまうので、安定感が優れているのも本製品の大きな魅力です。

さらに、本製品はメッシュ生地を採用している事から、通気性が優れている所を気に入っている方もいました。

否定的な口コミ

本製品を利用しようとしたら、あまりフィット感が優れていなくて、不満を抱いている方がいました。

ただし、フィット感が優れていたら、お尻が沈み込むので、自動車が振動する事を考えたら、お尻があまりフィットしないほうが腰痛の方には利用しやすいです。

ただし、個人差があるので、多少はお尻が沈み込んだほうが座りやすく感じる場合もあるので、注意する必要があります。

さらに、本製品をシートに装着させやすい所を気に入っている方がいる一方で、装着しづらくて不満を抱いている方もいたので注意する必要があります。

まとめ

本製品は、自動車専用のシートなので、自宅では別のクッションを用意する必要があります。

そのため少しお金をかけてしまいますが、自動車を運転している時に、腰にかかる負担を考えたら、腰痛の方は本製品を検討してみる価値があります。

ただし、運転している時の姿勢や休憩時間などに注意しなければ、腰痛が悪化する場合もあるので、利用方法には気を付けて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション