腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

薄い敷き布団は腰痛の原因?その理由や対抗策を詳しく紹介!

   

エムール 日本製 5層構造 極厚敷き布団 羊毛混 セミダブルロング(約120×210cm) 綿100% 防ダニ 抗菌 防臭 『リーベル』

敷き布団で横になったら、腰が痛く感じるようになって、頭を悩ませていないでしょうか?

実は、ボリュームのない敷き布団を利用していたら、腰痛の原因になってしまうので、注意しなければいけません。

しかし、敷き布団を買い換える事が面倒に感じてしまう方もいるでしょう。

そこで、薄い敷き布団が腰痛になる原因や対抗策などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

薄い敷き布団が腰痛になる原因

薄い敷き布団を利用していたら、身体が痛く感じるだけではなく、様々な原因が積み重なって、腰痛になるケースがあります。

そこで、薄い敷き布団を利用した場合のデメリットを紹介するので、腰痛にならないうちに確認してみて下さい。

底つき感

薄い敷き布団を利用した場合には、腰痛になる原因はいくつかありますが、その中でも最も注意しなければいけないのが『底つき感』です。

実際に薄い敷き布団を利用したら、少しだけでも腰が沈み込むだけで、腰が痛く感じてしまいます。

これが腰痛になってしまう原因になります。

なぜなら腰は重くなっているので、敷き布団で横になったら、沈み込みやすい部分だからです。

そのため敷き布団を利用していて、腰が痛く感じてしまう場合には、敷き布団の厚みを確認していて、6cm以下の場合には注意したほうが良いです。

睡眠の質が低下

薄い敷き布団を利用したら、腰が痛く感じやすいので、睡眠の質が低下してしまいます。

そのような事になれば、睡眠時間を確保しても、睡眠不足に陥ってしまうので注意して下さい。

実際に、私たち人間は、眠る事によって、身体や脳の疲れを取っています。

そのため、睡眠不足に陥ったら、腰に疲れが溜まっていくケースがあるので、注意しなければいけません。

そのため、デスクワークをしていて、腰に疲れが溜まりやすい方は、日頃から睡眠の質をキープするように心がけたほうが良いです。

姿勢が崩れる原因

薄い敷き布団を利用していたら、底つき感がある事から、腰が痛く感じやすいです。

そのため、薄い敷き布団を利用していたら、横向きで寝たくなる方は多いでしょう。

しかし、眠っている時に同じ姿勢を続けていたら、同じ身体の部分が下のほうになってしまいます。

そのような事になれば、下のほうになっている身体の部分は圧迫されてしまうので、注意しなければいけません。

さらに横向きで眠り続けていたら、姿勢のバランスが崩れて、腰痛の原因にもなるので、適度に寝返りを打つ事が重要です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

薄い敷き布団をカバー

薄い敷き布団を利用した場合には、様々なデメリットがある事を分かってもらえた所で、次に敷き布団のボリュームをカバーする方法を紹介するので、参考にしてみて下さい。

薄い毛布を敷くケース

敷き布団のボリュームが足りない場合には、敷き布団の上に薄い毛布を敷いて、底つき感を緩和する方法があります。

ただし、この方法はいくつか問題点があるので、注意しなければいけません。

まず、薄い毛布を敷いていたら、寝返りを打つ事によって、毛布がずれてしまう場合があります。

毛布がずれてしまえば、ボリュームのある所とない所に分かれてしまうので、寝心地が悪くなってしまうのです。

次に、暑い夏場の季節には、身体が蒸れやすくなるので注意して下さい。

マットレスを併用

薄い毛布を敷いた場合にはいくつか問題点がありますが、マットレスを併用する方法であれば、そのような問題点が起きません。

このような事を聞いたら、敷き布団とマットレスを併用できるのか、心配になってしまう方は多いかもしれませんが、薄いマットレスであれば敷き布団と併用できる商品があります。

実際に敷き布団とマットレスを併用する事によって、ボリュームアップさせる事ができる上に、湿気対策を講じる際には別々に立てかける事ができます。

ただし敷き布団の中には、立てかけられなくて、押入れに上げる物もあるので、注意して下さい。

ボリュームが関係ない場合

数多くある敷き布団の中には、ボリュームがあるのに腰が痛く感じてしまう物もあります。

それは、どういう敷き布団なのか説明するので、腰が痛く感じやすい方は参考にしてみて下さい。

体圧分散

ボリュームがある敷き布団でも、腰があまりにも沈み込んでしまう場合には、底つき感を感じてしまいます。

実際に計算式で考えたら分かりやすいかと思いますが『敷き布団のボリューム ー 腰が沈み込む量 = 底つき感』となります。

逆の言い方をすれば、敷き布団のボリュームがあまりない商品でも、腰があまり沈み込まなければ、底つき感をあまり抱かない場合もあるのです。

そのため、敷き布団のボリュームがあっても、腰が痛く感じる場合には、敷き布団が柔らかい物か確認したほうが良いです。

敷き布団の耐久性

敷き布団を購入したばかりの頃は、腰が痛く感じなかったのに、利用を続けていくうちに、腰が痛く感じてしまった場合には、敷き布団がへたった可能性が高いです。

実際に腰は重くなっているので、敷き布団を利用していたら、腰を支える部分はへたりやすくなっています。

そのため、敷き布団を利用する際には、定期的に敷き布団の向きを変えて、腰を支える部分を変える事が重要です。

もしも、敷き布団がへたった場合には、敷き布団と併用できるマットレスを使用してみて下さい。

おすすめの敷き布団

敷き布団と併用できるマットレスを購入するのであれば、他の敷き布団を購入したほうが良いと考える方もいるでしょう。

そのような方のために、おすすめの敷き布団を3種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい。

The FUTON 洗える敷布団

The FUTON 洗える敷布団は、マットレス並みの厚みがあって、そのボリュームは8cmもあります。

実際に本製品の内部は、4cmの空芯と4cmの側生地があります。

この2つの構造によって、ふんわりとした寝心地を実現しました(個人差があるので注意)。

そのため、底つき感の緩和と寝心地を両立している敷き布団なので、睡眠の質をキープしやすくなっています。

さらに本製品は、空芯をシャワーで水洗いできるので、清潔な状態で利用する事が可能です。

FOUR SEASONS EX2

FOUR SEASONS EX2も敷き布団の厚みが、約8cmもあるのです。

さらに本製品の魅力的なポイントとして『ダブルクッション構造』を採用している所が挙げられます。

このダブルクッション構造では、柔らかめの中材と、硬めの中材を利用しているので、中材の位置を変える事によって、敷き布団の柔らかさを変える事ができるのです。

さらに中材の位置を変える事によって、腰を支える部分の中材も変えられるので、長い間に渡って敷き布団のへたりを抑える事もできます。

5層 極厚 敷き布団

エムール 日本製 5層構造 極厚敷き布団 羊毛混 セミダブルロング(約120×210cm) 綿100% 防ダニ 抗菌 防臭 『リーベル』

ボリュームの足りない敷き布団を利用して、腰が痛くなった方は、できるだけボリュームのある敷き布団を利用したいと思うでしょう。

そのような方におすすめしたいのが、5層 極厚 敷き布団です。

この敷き布団は、厚みが約11~12cmもあるのです。

さらに本製品は、5層構造を採用している事から、適度な硬さを実現しました(個人差があるので注意)。

そのため、柔らかすぎる敷き布団を利用して腰が沈み込んでしまう方や、硬すぎる敷き布団を利用して腰に刺激を与えてしまう方たちは、本製品に買い換えてみる価値はあります。

まとめ

薄い敷き布団は様々なデメリットがあるので、敷き布団を買い換える事が面倒に感じて、薄い敷き布団の利用を続けていたら、腰痛になってしまう可能性があります。

そのため、敷き布団を買い換える事が面倒な場合には、薄い毛布を敷いたほうが良いのですが、それは一時的な対抗策なので注意して下さい。

そのような事を考えたら、敷き布団と併用できるマットレスまたは、ボリュームのある敷き布団を購入したほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団