腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

薬を使って膝の痛みを治療する!膝痛の薬物療法について

   

フレックス4life*  グルコサミンやコンドロイチン,デビルズクローなどで、節々をいたわる健康食品(サプリメント)

膝の痛みは辛い症状ですが、我慢しているだけでなく治そうとすることが大切になります。

そのため、整形外科で診てもらい、自分でも治そうと努めることが大事になります。

膝痛の治療法には、薬物療法・運動療法・装具療法・物理療法などの保存的療法と、手術を行う手術療法があります。

ここでは、その中の薬物療法を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛の薬物療法とは?

薬物療法とは、薬を使用し、主に膝の痛みを一時的に緩和させる治療法になります。

膝の突発的な怪我や急性的な痛みなど、薬の働きにより痛みを抑えることが可能となります。

膝の痛みに使われる主な薬は、先程話したような痛みや炎症を抑える鎮痛薬と、膝を動きやすくする栄養素を与えて膝痛を緩和する薬になります。

薬物療法は、軟骨や骨の変形や靭帯断裂などの損傷を改善することは期待することができません。

使われる薬の種類としては、口から摂取する内服薬、軟膏や湿布などの外用薬、膝に薬を直接注入する注射があります。

では、これらの薬の効果や特徴をそれぞれ解説していきます。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

炎症を鎮める消炎鎮痛薬

痛みを感じる元となっている炎症を鎮める効果が期待できる薬が「消炎鎮痛薬」になります。

炎症が起こることは身体の防御反応であり、身体にとって害のある刺激を受けることによって炎症は起こってしまいます。

炎症が起こると、血管が拡張し熱をもって腫れあがったり、脈を打つように痛んだりします。

つまり、炎症を抑えて鎮まらせることにより痛みが緩和されるため、膝の痛みに消炎鎮痛薬は効果的になります。

消炎鎮痛薬には痛みを鎮める効果があることから、膝痛の治療で使われることが多くなっています。

消炎鎮痛剤が有効な痛み

消炎鎮痛剤は一時的な膝の痛みを緩和する薬なため、打撲や捻挫などの急性的な膝痛に有効と言えます。

そのような怪我による痛みは慢性的ではなく急性的なため、薬によって痛みを鎮めることができれば、痛みが再び起こりにくくなります。

それに対して、加齢や生活習慣が関係している変形性膝関節症のような慢性的な膝痛は、膝の痛みの原因となっている軟骨のすり減りや変形を消炎鎮痛剤で治すことはできません。

そのため、消炎鎮痛剤を使えば一時的には痛みを緩和させることが可能となりますが、薬の効き目が切れたら再び痛みを感じるようになります。

つまり、慢性的な膝痛の場合は、少しの時間でも痛みを緩和させたいことが目的で消炎鎮痛剤を使用します。

消炎鎮痛剤の内服薬と外用薬

消炎鎮痛剤の内服薬について

消炎鎮痛剤の内服薬は痛みを鎮める効果が高いので、動くのが辛いような膝の痛みに効果的です。

しかし、効果が高い分、身体に負担がかかってしまうことがあります。

その負担とは内臓にかかる負担で、長期間服用し続けることで胃痛や食欲がなくなるなどの胃腸障害や肝障害を起こすこともあります。

したがって、長い期間薬を服用する場合は注意が必要になります。

また、他の薬と一緒に摂ることで副作用が起こることもあるので注意しましょう。

薬だけでなくサプリメントの飲み合わせによって副作用が出ることもあります。

胃腸が弱い人や過去に胃腸の病気にかかったことのある人、喘息持ちの人などは専門の医療機関でしっかりと診てもらい、自分に適した薬を使うことが大切になります。

また、消炎鎮痛剤の内服薬は薬局で手に入れることができますが、服用する時は説明文をしっかりと読んで内容を把握し、服用の方法を守ることが重要になります。

それと、痛みの予防として服用するのではなく、痛みがある時に服用するようにすることも大切になります。

そのため、痛みがない時に服用するのはおすすめできません。

消炎鎮痛剤の外用薬について

消炎鎮痛剤の外用薬とは主に湿布やクリームや軟膏などの薬のことを指し、外から効果を与えるものになります。

患部に貼ったり塗ったりするだけなので、誰でも簡単手軽に使うことができます。

湿布やクリームに含まれている成分を皮膚に与え浸透させることにより効果を発揮するものになりますが、内服薬のような強い効果はありません。

また、当然ですが、湿布を貼った部分やクリームを塗った部分以外の部分に効果はありません。

膝痛が重度だと、即効性があり効き目の強い内服薬の方が有効であり、薬物療法以外の治療法と組み合わせて膝痛を緩和させる必要があります。

消炎鎮痛剤の内服薬のような副作用の心配は基本ありませんが、使いすぎると胃腸障害を起こすこともあるといわれているので注意しましょう。

消炎鎮痛剤の外用薬で起こる一般的な副作用は、かぶれや湿疹などの皮膚炎になります。

これらの副作用は、湿布の使い過ぎやクリームの塗り過ぎ、外用薬の刺激が主な原因となります。

そのことも考慮して外用薬を使用しましょう。

消炎鎮痛剤の外用薬は薬局やドラッグストアなどのお店で手軽に購入することができますが、病院で処方されたものの方が効果を期待することができます。

外用薬の湿布について

湿布には温湿布と冷湿布の2種類あります。

この二つの湿布を上手く使い分けることが大切になり、突発的に起こる急性の膝痛は炎症が激しく熱を持っているので、冷やすのが基本となります。

そのため、そのような場合は冷湿布を使用しましょう。

それに対して、血流が悪いことによる慢性的な膝の痛みの場合は、血流を促進させる効果のある成分が含まれている温湿布を使用すると良いでしょう。

温湿布と冷湿布は体温を大きく変化させるものではないので、基本どちらを使っても問題ありませんが、炎症が酷い急性的な膝痛の場合は炎症を鎮めることが必要なため、冷湿布を使うようにしましょう。

膝痛の薬物療法の注射について

膝痛での薬物療法の注射は、注射器を使い薬を膝関節内に注入する治療になります。

その主な注射は「ステロイド注射」と「ヒアルロン酸注射」になります。

では、その二つの注射を解説してきます。

ステロイド注射について

ステロイド注射は痛みを鎮める効果が高いため、他の薬では鎮まらない強い痛みを緩和するために使用します。

即効性があり効果が高い治療法ですが、何度も注射をすると膝軟骨に悪影響が出たり、その他の副作用が出るといわれているため、頻繁にステロイド注射を行うようなことはありません。

ちなみにステロイドとは、炎症やアレルギー反応を抑制する働きがある薬です。

そのため、膝痛以外にもアトピー性皮膚炎や喘息治療などにも使用されています。

しかし、副作用が出やすいのがデメリットとなっています。

ヒアルロン酸注射について

膝関節内には滑膜から分泌される滑液(関節液)があります。

その滑液はいわば潤滑油のような働きをしており、膝をスムーズに動きやすくします。

また、軟骨細胞に酸素や栄養を渡します。

そのような働きのある滑液にはヒアルロン酸が多く含まれています。

それらのことから、ヒアルロン酸を膝に注入すると、膝の動きが滑らかになる効果が期待できます。

ヒアルロン酸は加齢により減っていくので、歳を重ねると滑液の分泌量も減り、軟骨はすり減りやすくなります。

そのことで炎症が起こり、痛みを感じてしまいます。

そこで、ヒアルロン酸を注射器によって注入すると、膝が動きやすくなり、軟骨がすり減るのを防ぎ、炎症を抑える効果が期待できます。

この治療法は、一般的に一週間に1回のペースで行い、合計5回くらい行われます。

そして、効き具合によってはその後、症状により2~4週間に1回注射を行います。

運動療法と合わせて行うことで膝を強くし、膝痛を緩和させ、普段通りの生活に戻ることが可能となります。

ヒアルロン酸注射による治療が合っているのは、変形性膝関節症が軽度から中度くらいになります。

まとめ

以上、膝痛の薬物療法についてできるだけ詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

薬物療法は薬を使うため、その効果や副作用などを把握し、医者の指示に従って正しく治療を受けることが大切になります。

そして、薬ではありませんが、サプリメントを使うという治療法もあります。

サプリメントは軽度の膝痛には効果が期待できるといわれているので、症状が軽度の場合や膝痛を予防したい場合に摂ると良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ