腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

西川リビング RAKURA 敷き布団は腰痛の方におすすめ!

   

西川リビング RAKURA/ラクラ 体圧分散マットレス 専用シーツ付き シングル 2460-10375 (シルバー)

マットレスはボリュームがある商品が多い事もあって、腰痛の方は敷き布団よりもマットレスのほうが利用しやすいイメージを抱いているかもしれません。

ところが、日本で販売されている敷き布団の中には『西川リビング RAKURA 敷き布団』のように、腰痛でも利用しやすいように作られている商品もあるのです。

そこで腰痛に悩んでいる方のために、この敷き布団について紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛の方におすすめする理由

西川リビング RAKURA/ラクラ 体圧分散マットレス 専用シーツ付き シングル 2460-10375 (シルバー)

腰痛の方に本製品をおすすめする理由は、この敷き布団が腰にかかる負担を軽減できる上に、寝心地がよくなっているからです。

そこで本製品が腰痛でも利用しやすくなっているポイントについて、詳しく紹介します。

体圧を分散する中材

敷き布団で横になったら、腰痛の方は腰が痛く感じてしまう時があります。

なぜ、このような事が起きるのかと言えば、敷き布団に腰が沈み込んでしまうからです。

実は腰が敷き布団に沈み込んでしまえば、腰に体圧が集中して、腰に大きな負担をかける事になってしまいます。

そこで本製品は『凹凸形状』になっている中材を採用していて、体圧を分散する事ができます。

実際にフラットな形状になっている中材を採用していたら、体圧を分散する事が難しい敷き布団が多いので注意しなければいけません。

そのため、腰痛の方には、体圧を分散しやすい本製品はおすすめです。

湿気が溜まりづらい形状

私たち人間は、眠る事によって身体の疲れを軽減しています。

そのため、腰痛に悩んでいる方は良質な睡眠をキープして、腰の疲労を取る事が重要なポイントです。

しかし敷き布団は湿気が溜まりやすいので、定期的に湿気対策を講じなければ、湿っぽくなってしまうので寝苦しく感じてしまいます。

そのような事になれば、良質な睡眠をキープする事が難しくなるので、注意しなければいけません。

しかし本製品のように、中材が凹凸形状になっていれば、カバーと中材の間に多くの隙間が生じるので、熱を放出しやすくなります。

そのため、湿気が溜まりづらくなっているので、湿気対策を講じる回数が少なくて済みます。

ウレタンフォーム

本製品のように通気性が優れていても、定期的に湿気対策を講じなければ、ダニが繁殖しやすくなります。

ダニたちの中には『チリダニ』というものがいて、チリダニが繁殖してしまえば『ダニアレルギー』を発症する可能性が高くなるので、注意しなければいけません。

もしもダニアレルギーを発症したら、目の充血や鼻水などに悩まされてしまうので、良質な睡眠をキープする事が難しくなってしまいます。

ところが、本製品は『ウレタンフォーム』を採用しているので、ダニが繁殖しづらくなっているのです。

そのため本製品を利用していたら、ダニ対策を講じる事もできます。

湿気対策

多くの方は敷き布団の湿気対策と言えば、押入れに上げるイメージがあるでしょう。

ところが、本製品は『マジックテープ』が備えられているので、敷き布団を丸めた状態を固定する事ができるのです。

そのため、高い位置にある押入れへ上げないで、床の上に立てかける事ができるので、あまり腰に負担をかけないで済みます。

そのような特徴がある敷き布団なので、腰痛の方でも湿気対策を講じやすくなっているのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝返りを打ちやすい敷き布団

本製品は体圧分散しやすい敷き布団なので、寝返りを打ちやすくなっています。

実は寝返りを打ちづらい敷き布団を利用していたら、腰痛が悪化する恐れがあるのです。

そこで、腰痛と寝返りには、どのような関連性があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

血行を促進

デスクワークをしている方であれば分かるかと思いますが、椅子に座って同じ姿勢を続けていたら、肩こりや首こりに悩まされる事があります。

このような事が起きてしまうのは、身体を動かしていなければ、筋肉が緊張状態に陥ってしまう事から、身体の中で疲労物質が溜まってしまうからです。

そのため、寝返りを打ちづらい敷き布団を利用していたら、血行が悪くなってしまって、疲労物質が溜まっていきます。

そうなれば、腰にも疲労物質が溜まって腰痛が悪化するので、寝返りを打ちやすい敷き布団を利用するのは大きなメリットがあります。

腰にかかる負担を軽減

寝返りを打ちづらくなっていたら、仰向けになってしまう時間が長くなってしまいます。

そのような事になれば、腰が下のほうになっている時間も長くなってしまうので、腰を圧迫してしまうので注意しなければいけません。

実際に私たち人間が寝返りを打つのは、同じ身体の部分が下のほうにならないためです。

そのような理由がある事から、寝返りを打ちやすい敷き布団を利用していれば、腰をあまり圧迫しないで済みます。

西川リビング RAKURA 敷き布団の商品情報

本製品が腰痛でも利用しやすい敷き布団である事が分かってもらえた所で、次に本製品の商品情報も紹介するので、この敷き布団を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

様々な活用法

敷き布団と言えば、多くの方は畳の上に敷いて利用するイメージがあるでしょう。

ところが、本製品は畳の上だけではなくベッドの上に敷いて利用する事もできるのです。

そのため、和室しかない自宅から、洋室しかないアパートまたはマンションに引っ越しても、ベッドの上に本製品を敷いて利用する事もできます。

実際に本製品は、敷き布団の厚みが約9cmもあるので、マットレスとして利用する事もできるのです。

カラーバリエーション

多くの敷き布団は『アイボリー』や『ホワイト』のカラーになっていますが、本製品の場合には『シルバー』や『ゴールド』があります。

そのため、清潔感のあるカラーが好きな方は不満を抱くようなカラーかもしれません。

しかしシルバーであればシックで落ち着いたカラーになっているので、洋室にも合いやすいデザインになっています。

さらにゴールドは少しベージュに近いカラーをしているので、味わいのあるデザインをしているので、高齢の方におすすめです。

利用者たちの満足度

本製品は腰痛でも利用しやすい敷き布団になっていますが、今まで敷き布団を利用している時に腰痛に悩まされていた方は、本当に利用しやすい敷き布団なのか半信半疑でしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は100Nの硬さを誇っているので、少し硬めになっている所を気に入っている方がいました。

この100NのNはニュートンと呼ばれていて、Nの数値が大きいほど敷き布団が硬くなっている事を表しています。

そのため、100N以下の敷き布団では柔らかく感じてしまう場合には、本製品を利用してみる価値があります。

さらに本製品を利用していたら、腰にかかる負担を軽減できているように感じているケースもありました。

そのようなケースもあったので、腰が痛く感じやすい敷き布団を利用している方は、本製品であれば満足できる可能性があります。

否定的な口コミ

本製品が硬めになっている所を満足している方がいましたが、その一方で敷き布団が硬くなっている事を気にしてしまう方もいました。

実際に敷き布団の硬さに関しては個人差があるので、柔らかい敷き布団のほうが身体に合っている場合があります。

なぜなら体重が軽い方が、硬い敷き布団を利用していたら、逆に腰が敷き布団から浮いてしまって、疲労物質が溜まってしまう可能性が高いのです。

そのため、体重が軽めの方は注意したほうが良いです。

まとめ

本製品は腰が沈み込みづらい敷き布団なので、腰痛でも利用しやすい敷き布団になっています。

ただし100Nの硬さになっているので、体重が軽い方は腰が浮いてしまうので、この敷き布団は体重が重くなっている方に合っている商品です。

そのため、本製品を購入する前に、自分の体重に合っている商品なのか把握してから、購入したほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団