腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

身体の疲れが取れない時の枕のチェックポイントとは?

   

TAMPOR 枕 低反発まくら 米国認証CertiPUR-US取得 頸椎・首・頭を支える健康枕 横向き仰向け寝 吸汗、抗菌、通気 頭痛改善快眠枕 カバー付き洗え 洗濯可 5年品質保証 丈71cm 幅51cm

寝ても寝ても身体の疲れが取れないなんていうこと、経験がある方も多いのではないでしょうか?

本来睡眠は身体の疲れを取るものなのに、寝ていても身体の疲れがとれないということは、やはり睡眠に問題があるという事です。

そしてその問題は、えてして枕でおこっているものです。

そこでここでは、身体の疲れが取れない時の枕のチェックポイントについて紹介します。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

寝返りが上手く出来るかどうか

身体の疲れが取れない時にまずチェックする点は、寝返りが上手く出来るかどうかです。

寝返りが出来るかどうかと言うのは、枕によって大きく変わってきます。

たとえば、枕が低すぎたりしたら、寝返りをする際に肩が邪魔をして上手く寝返りをすることが出来なくなります。

逆に枕が高すぎたりしたら、今度は首がきつくて上手く寝返りが出来なくなります。

いずれにしても、やはり上手く寝返りが出来ないというのは良くありません。

でも、なぜ上手く寝返りが出来ないと、身体の疲れが取れないのでしょうか?

身体が固まってしまうから

それは、寝返りが出来ないと、身体が固まってしまうからだと言えます。

身体が固まると、血流が悪くなります。

血流が悪くなれば、色々な栄養なども行き届かなくなりますし、疲れもぬけていかなくなるでしょう。

また、そもそも身体が固まることで、疲れているような状態を作り出してしまうので、そうして寝ても寝ても疲れているように感じてしまうようになることもあります。

いずれにしても、疲れがとれないのは、寝返りが上手く出来ないからである可能性は高いのです。

どうすれば寝返りのしやすさが分かるか?

では、そもそもどうすれば枕の寝返りのしやすさが分かるようになるのでしょうか?

枕の寝返りのしやすさを判断するためには、実際にその上で寝返りをするしかありません。

ただし普通に寝返りをするのではなく、手は胸の上でクロスをして、かつ膝を立てた状態から、寝返りをしてみてください。

その状態でスムーズに右に左に寝返りが出来る枕が、適切な高さの、寝返りがしやすい枕だと言えます。

もし肩や腰のあたりに力を入れないと上手く寝返りが出来ないのであれば、それはあまり高さのあっていない枕だと言えるので、枕を変えてみてください。

するとそれによって、寝ても寝ても疲れがとれないという事が改善されて、きちんと眠れるようになるでしょう。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

頭に下が痛くならないかどうか

寝ても寝ても疲れがとれない時には、枕の上に頭を置いた時に、頭の下が痛くならないかと言う事をチェックすると良いでしょう。

寝ても寝ても疲れがとれないという時は、枕が固すぎることがあるのです。

枕は、やわらかいよりは固い方が寝返りがしやすいです。

でも、固すぎると、痛くてあまり寝返りも出来なくなるでしょう。

たとえ高さが合っていたとしても、固さがあっていないと、一晩中その上で寝返りをするのは難しくなります。

だから、最初は寝返りがしやすくても固さがあっていないと次第に寝返りができなくなっていき、疲れが取れないことに繋がっていくのです。

そうならないようにするためには、枕の上に頭を置いた時に、頭の下が痛くならないものを選ぶようにするのが良いです。

それであれば、少なくとも痛くて寝返りが出来ないということはなくなるでしょう。

肩に力が入るのも問題

また、固すぎる枕を使用していると、寝返りが出来ないだけではなくて、もう一つ弊害が生じてきます。

それが、肩に力が入ると言う点です。

枕が固すぎると、枕の上にある頭の下の方が痛くなりがちになります。

そこが痛くなったまま寝るのはやはり、辛いです。

だから無意識のうちに、なるべくそこに負荷をかけないようにしようとするのが、人間なのです。

どんな風にそこに負荷をかけないようにするのかと言うと、それはやはり、肩に力を入れて、なるべく頭に重さがいかないようにするという方法なのです。

なので、固すぎる枕で寝ていると、自然と肩に力が入ると言えます。

肩に力が入っている状態は、リラックスしている状態とは程遠い状態になるでしょう。

ということは当然寝ても寝ても疲れは取れていかなくなるのです。

だから、肩に力を入れなくても良いように、頭の下の方が痛くならない枕を選ぶべきなのです。

枕を横から見て凹んでいないかチェック

寝ても寝ても疲れがとれない時、枕がへたっている可能性もあります。

枕がへたっていると何故疲れがとれないのかと言うと、へたっているせいで次第に寝返りがしづらくなるからです。

本来であれば、きちんと寝返りがしやすい高さの枕だったとしても、へたっていると、寝ているうちに次第に寝返りがしづらくなってきます。

そうして次第に寝返りがしづらくなるということは、寝ている間に次第に体が固まるようになってしまい、寝ている間にだんだんと疲れが溜まるようになるということです。

もちろん最初から寝返りがしづらい枕を使っていることに比べたら、ある程度は疲れもとれると言えるでしょうが、しかし寝ている間に枕が凹んでいき、次第に疲れが溜まるようになることでも、そもそも疲れている身体にとっては大打撃になります。

だから、そうならないように、横から見た時にやや凹んでいるような枕は、使用するのを避けるべきなのです。

枕は意外とへたりやすい

枕は、実は意外とへたりやすいものです。

中には耐久力があるものもありますが、基本的には1年ももたないものが多いでしょう。

それどころか、半年くらいでへたってしまうものも少なくありません。

半年くらいでへたってしまうとなると、やはり気が付かないうちにへたっているものも多いということになります。

だから、実はこういうせいで寝ても寝ても疲れがとれないという事も多いです。

朝起きた時の枕の湿度をチェック

もし寝ても寝ても疲れがとれないのであれば、朝起きた時の枕の湿度をチェックしてみる事も大切です。

朝起きた時に、枕がすごくしめっているというのであれば、それが寝ても寝ても疲れがとれない事の原因かもしれません。

朝起きた時に枕が湿っているということは、それはつまり、枕が蒸れやすいということです。

蒸れやすい枕を使用していると、やはり寝心地は良くなりません。

寝ている間に、頭が暑くて何度も軽く起きてしまうことでしょう。

そうなれば当然疲れも取れづらくなっていきます。

だから、寝ても寝ても身体の疲れが取れないというような状態になってしまうのです。

暑くて動きすぎる事もある

寝返りが出来るのは間違いなく良いことです。

でもやり過ぎるとそれが運動の様になり、身体が疲れてしまうのです。

枕が蒸れやすくて頭が暑くなると、それから解放されようとして、どんどん寝返りをするようになるでしょう。

そうしてドンドン寝返りをしていくと、やはりそのせいで身体が疲れてしまう事があるのです。

蒸れやすい枕というのは、そういう意味でも良くないのです。

もしそういう枕を使っていることが分かったら、その時には速やかに枕を変えていくのがおすすめです。

それに対しては、出来る応急処置などもあまりないですから。

まとめ

寝ても寝ても身体の疲れが取れない時の枕のチェックポイントについては以上の通りになります。

このように、色々な原因で寝ても寝ても疲れがとれなくなる事があるものです。

なのでまずは、自分はどういう原因で疲れがとれないのかと言う事を見極めていくことが大切になるでしょう。

そのためにも是非、これらのことを参考にしてみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら