腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

辛い時にはどうするべき? 腰痛で椅子に座るのが辛い時の対策方法

      2017/09/08

腰痛がひどくなると、椅子に座るのもツラくなることがあります。

でも、そうして椅子に座るのが辛くても、もしデスクワークの仕事をしているのであれば、椅子に座るということからは逃れる事ができません。

なので、何とかして対策していくしかないのです。

そこでここでは、腰痛で椅子に座るのが辛い時の対策方法を紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子の座面にクッションを敷く

腰痛で椅子に座るのも辛いという時には、まず椅子の座面にクッションを敷くのがおすすめになります。

椅子の座面にクッションを敷くと、その分だけ椅子の高さが高くなります。

椅子の高さが高くなるようになれば、すわっているような姿勢から、立っているような姿勢へと近づいて行きます。

だから、腰に掛かる負担が減っていくと言えるのです。

座っている方が立っているよりも負担が大きい

なんとなく椅子に座るというのはすごく楽な姿勢に思えることもあるでしょうが、実は椅子に座るというのは腰に掛かる負担が大きいものなのです。

椅子に座るよりも、立っている方が腰に掛かる負担は少ない位なのです。

だから、椅子の上にクッションをしいて座面を高くしてあげて、それによって立っているのに近いような姿勢にしてあげることは、意外と効果的だと言えるのです。

もちろんクッションくらいでは立っているような姿勢になることはまずありえません。

しかし、それを入れることによって、腰の位置が高くなることはたしかなのです。

足に行く体重が増えていく

腰の位置が低いと、腰にすごく体重の負荷が掛かるようになります。

そうしてかかる体重の負荷が腰痛を悪化させて、椅子に座るのをツラくさせているところがあるでしょう。

しかし、こうしてクッションをいれてあげて、腰の位置を高くしてあげれば、腰にかかる体重の負担は減っていき、足の方にしっかりと体重を逃がしていくことが出来るようになるのです。

そうして体重を逃がしていけば、腰痛の状態でもなんとか椅子に座れるようにはなるでしょう。

なのでまずは椅子の上にクッションを敷いてみるようにするのがおすすめです。

そのクッションは、やわらかいものではなく、比較的に固めのもので、しっかりと高さが出せる物を選ぶようにしていってください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰にタオルを巻いて椅子に座るようにする

これは実際に腰痛で私が悩んでいる時、同じように椅子に座るのが辛いながらも椅子に座って仕事をしないとならないという時に実践した方法なのですが、腰にタオルを巻いて椅子に座るようにするというのもおすすめできます。

腰にタオルを巻くという方法は、よく寝る時に推奨される方法です。

寝る時に腰にタオルを巻いてねると、それによって腰が安定して寝返りがしやすくなるので、腰痛持ちの人は腰にタオルを巻いて寝ることが推奨されることが多いです。

でもそうして寝る時にタオルを巻いても腰が安定するのですから、たとえば座っている時であっても、腰にタオルをまけばそれによって安定していくと言えるでしょう。

だから、それを試してみたところ、それによって少なくとも座るのが辛いというのは軽減していきました。

ようはタオルがコルセット代わりになり、しっかりとそこを支えてくれているので、楽になったのでしょう。

難点は暑いこと

ただそうして腰にタオルを膜と言うことには、難点もありました。

それが、暑いことです。

腰にタオルを巻くと、すごくアツく感じます。

そもそもデスクワークは、見た目の地味さとは違い、一生懸命集中するとすごく暑く感じる物なのです。

それなのにさらにタオルも巻かれている、しかもきつく巻かれているわけなのですから、暑く感じてしまうのは当然だったのです。

適度に巻き直すのがおすすめ

そういうことがあるので、タオルをコルセット代わりに巻く際には、ずっとソレを巻きっぱなしにするのではなく、適度に巻き直すことをおすすめします。

適度にソレを巻き直していけば、それによって一旦こもった暑さから身体を開放してあげることが出来るようになります。

だから、そこまで暑く感じることはなくなるでしょう。

頻繁に立ち上がるようにする

腰痛で椅子に座るのも辛いという時には、頻繁に立ち上がるようにするのもおすすめの対策方法になります。

立ち上がるというのは、一見すると腰にすごく負担がかかりそうに思えるものです。

でも、ずっと座っていると、その方が負担がかかるものなのです。

特にすでに座るのが辛いという位の腰痛を抱えているのですから、その状態で長時間座るというのはすごく負担になるでしょう。

だから、そうした負担を少しでも減らしてあげるために、頻繁に立ち上がるようにするのです、

立ち上がることで負担を逸らせる

そうして一度椅子から立ち上がるようにすることで、腰に掛かるような負担をいったん逸らすことが出来ると言えます。

ずっと負担をかけられ続けていると、それはやはり腰にとってはかなり大きな負担になるでしょうが、そうして適度に負担を逸らしていくことができれば、それはあまり大きな負担にはならない事も多いです。

もちろん頻繁とは言っても5分に1回くらい立ち上がるようにしろというわけではありません。

それだけ頻繁に立ち上がっていたら、逆にすごく辛くなることは間違いないでしょう。

だからそうではなく、だいたい30分から1時間に1回くらい立ち上がれば良いです。

それくらいならば、トイレやら相談やら何かにつけて理由をみつけて立ち上る事も出来るでしょう。

そうして是非頻繁に立ち上がっていってください。

普段とは違う座り方をする

腰痛がひどくて椅子に座るのも辛いという時には、普段とは違う座り方をしてその場をしのぐというのもアリです。

腰痛がひどい時には、本来ならば腰にとっての負担が少ないという姿勢であっても、逆に腰にすごく負担を感じることがあります。

でも、本来ならば腰への負担となるような姿勢である、たとえば椅子の上であぐらをかくとか、足を組むとか、そういう姿勢を取ることですごく腰痛が楽になることがあります。

なので、そういう時にはいっそそういう姿勢をとってしまうのもアリでしょう。

確かにそういう姿勢は、ずっとその状態でいたら、どんどん腰痛を悪化させてしまうと言えます。

でもたとえば、1時間置きにその姿勢になるとか、あるいはその日1日だけとかならば、特別問題にはならないでしょう。

むしろ痛みを我慢して綺麗な座り方をするように心がけて、痛みの範囲を広げてしまう方がよほど問題です。

なので、そうならないように思い切ってそういう姿勢をとってみてください。

自分にとって楽な姿勢を探す

その為には、自分にとって楽な姿勢を探すことも大切になります。

その人その人の腰痛の症状によって、当然楽な姿勢は変わってくるでしょう。

なので、自分にとっての楽な姿勢は自分で探していくしかありません。

椅子の上でいろいろ姿勢をとりつつ、この姿勢ならばあまり腰痛も強く感じないし、椅子に座るのもそんなにつらくないというような姿勢を探してみて下さい。

まとめ

腰痛で、椅子に座るのも辛いという時の対策方法としては、以上のような事が挙げられます。

ただ、もし本当にとんでもなく辛いのであれば、その時には無理して仕事をしない方が良いです。

もっと悪化したら、もっとツラくなり、長い間座り仕事ができなくなることもあるでしょう。

そうならない為にも、絶対に無理はしないようにしていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子