腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

辛い症状をまくらで解決! ストレートネック改善に効果的なまくらとは?

   

7バスタオルピロー タオル好き なあなたのための タオル枕 約59×36cm

あなたはストレートネックという状態をご存知でしょうか。

ストレートネックとはその名の通り、慢性的に首が真っすぐになってしまうことで、そのようになると様々な不調をきたす恐れがあるため、ストレートネックに悩む方もいます。

そのため、何とかしてストレートネックは治したいものです。

そこで登場するのがまくらになります。

自分に合わないまくらはストレートネックを悪化させてしまいますが、自分に適したまくらを使用することによってストレートネックを緩和、改善することができます。

それでは、ストレートネックの症状や、それを改善するまくらを中心に説明していきます。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

ストレートネックの詳しい説明

デスクワークやスマートフォンの使用で、慢性的な肩こり、首の傷み、頭痛の症状がある方は、ストレートネックの可能性が高いと言えます。

本来頸椎は自然なカーブを描いていますが、何かしらの影響で首が真っすぐになってしまいます。

その状態がストレートネックと言われています。

そのことをもう少し細かく説明すると、ストレートネックとは頸椎の生理的前湾角度が30度以下になる状態のことを言います。

正常な人の頸椎の生理的前湾角度は30から40度になっており、その角度が30度以下になってしまうと、様々な不調をきたす恐れが出てくるのです。

毎日、肩こりや首の傷みや頭痛で悩んでいる方のほとんどは頸椎の角度が30度以下になっている可能性が高いため、病院のレントゲン検査を受けると、首が真っすぐになっているという指摘を受けることでしょう。

そして、ストレートネックは猫背の原因にもなるため、改善した方が良いです。

病院の治療では、首の牽引・電流を使用するマッサージ・薬を使う・理学療法などをしますが、まくらによって緩和、改善することも可能となります。

では、ストレートネックになるとどのような症状が現れるのか説明していきます。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

ストレートネックになると起こりやすい症状

ストレートネックになると、頭痛・肩こり・首の傷み・めまい・ふらつき・頚椎症や椎間板症・手が痺れる・寝違えやすくなる・胸やけや吐き気・自律神経失調症などが起こりやすくなります。

これらの症状で悩むほど酷い場合は、病院や整形外科で診てもらうことをおすすめします。

また、ストレートネックになっていても、それらの症状が出ない場合もあります。

そのため、ストレートネックだからといって必ず症状が出るとは限りません。

そして、ストレートネックによる症状は男女関係なく現れます。

ストレートネックになる原因とは?

ストレートネックは現在の生活習慣が深く関係しており、現代人の生活では起こりやすいと言えます。

それでは、どのようなことがストレートネックの原因になるのか見ていきましょう。

パソコンやスマートフォンをする時の姿勢の影響

現代はパソコンやスマートフォンが普及しており、使用する人は多くいます。

ですが、それらを使用する時はうつむくような姿勢になりやすく、毎日長時間そのような姿勢をしていると、本来適度なカーブを描いている頸椎が真っすぐになってしまいます。

そのため、ストレートネックは現代病と言っても過言ではありません。

現在はスマートフォンを購入する人は増えてきており、長時間ラインやゲームなどを行う人は多くいます。

そうすると、長時間うつむくことになり、ストレートネックになってしまうのです。

スポーツの影響

ストレートネックはスポーツによる障害でなってしまう場合もあります。

それはバレエやダンスなどです。

バレエは、背骨を真っすぐにするような姿勢を意識します。

その姿勢を良くすること自体は悪くありませんが、バレエやダンスなどは度を超えています。

そして、綺麗に見える極端な姿勢に矯正することにより、適度なS字カーブを描いている背骨までも矯正されてしまい、S字カーブがなくなってしまうこともあります。

バレエを見て、「姿勢が良く、まっすぐしていて、しなやかで美しい」と多くの人は感じると思います。

それは背骨が真っすぐになっていることも理由の一つになります。

また、首が長く見えることもあるかと思いますが、それは背骨だけでなく頸椎のカーブが真っすぐになっているためです。

要するに、バレエの姿勢は綺麗に見えますが、理想的な良い姿勢ではありません。

しかし、バレエを否定しているわけではありません。

バレエは素晴らしいスポーツです。

ただ、バレエもストレートネックの原因になるとだけ伝えたかったわけです。

そして、バレエ以外にも、ボクシングやプロレスなどの格闘技もストレートネックの原因になります。

それは、頭や首へ衝撃が加わることや、顎を引いて背中を少し丸くした姿勢をすることが多いからです。

また、ウィンタースポーツのスキーやスノーボードで転ぶこともストレートネックの原因になることがあります。

自分に合っていないまくらの使用

ストレートネックは、この記事のタイトルになっている「まくら」が原因になっていることもあります。

自分の頭や首や体などの体型に合っていないまくらを毎日使用することによって、ストレートネックになってしまう場合があるので、自分に合ったまくらを使用することが大切になります。

ここまで、ストレートネックになる様々な原因を説明してきましたが、その他にもまだ原因はあり、それは歳を重ねて老化することです。

ストレートネックを軽減・改善するのに適したまくら

パソコンやスマートフォンの操作での姿勢やスポーツ障害、自分に合わないまくらなどがストレートネックに繋がることを説明しましたが、ここからはまくらについて深く説明していきます。

それでは、ストレートネックを予防、改善するためのまくらの選び方を説明していきます。

ストレートネックまくら

ストレートネックは病気ではありませんが、頸椎の生理的前湾角度が30度以下になることによって様々な症状を引き起こしやすくなります。

そのため、ストレートネックになっている人のために、ストレートネックを改善するまくらが作られ販売されています。

しかし、このまくらを使用すれば必ず治るというわけではありません。

それは、長い期間ストレートネックまくらを使用していても、全く改善されず、逆に悪化する方もいるからです。

ストレートネックまくらを使用して、なぜこのようなことが起きるかというと、それは自分に合っていないからです。

ストレートネックまくらを使用しているのに効果を感じない方は、首が前に出ていないか確認しましょう。

まくらの上に頭を置き、寝ている状態で、首が前に突き出しているような感じになっている場合は、逆に頸椎が真っすぐになってしまうため、そのまくらを使用しない方が良いです。

しかし、そのストレートネックまくらが悪いということではなく、そのまくらが本人に合っていないだけなので、使用する時に自分に合っているまくらか確認することをおすすめします。

ストレートネック改善にはバスタオルまくらがおすすめ

ストレートネックを改善するには、自分に適したまくらを使用することが重要になります。

そのため、まくら選びは大切なことになりますが、簡単に自分に適したまくらを作る方法があります。

それは、バスタオルまくらで、バスタオルを折りたたむことによりまくらが作れます。

このまくらなら費用はかからず、細かい高さの調整ができるため、手軽に自分に適したまくらを作ることができます。

作り方はとてもシンプルで、バスタオルを折りたたんでいくだけです。

高さが足りなければ、普通ののタオルなどで微調整することも可能です。

また、ただ単純に折りたたんでいくのではなく、バスタオルを丸めて作るパターンもあります。

その作り方は、まずバスタオルを半分に折りたたみ、さらにもう1度折り、四つ折りの状態にします。

そして、そのバスタオルを丸めていき、丸めた部分は指4本分くらいの高さにし、平らな部分は指3本分くらいの高さになるように他のタオルで調整します。

この状態だと、丸めた部分が転がる恐れがあるため、他のタオルで動かないように覆い、完成となります。

まとめ

ストレートネックは、普段の生活での姿勢が深く関係しており、眠る時に使用するまくらも関係しています。

そして、ストレートネック対策には、ストレッチを行ったり、自分に適したまくらを使用することが大切になります。

まくらは先程も説明しましたが、バスタオルで簡単に作ることができるため、ストレートネックに悩んでいる方は試してみましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら