腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

辛い膝痛が生じている時は、どのように対処すれば良い?

      2017/09/08

ザムスト(ZAMST) ひざ サポーター EK-3 登山 テニス Mサイズ 左右兼用 ブラック 371902

スポーツや加齢など、いろいろな理由で膝痛が生じることがあります。

膝痛が生じると、とても辛いですし、放置してしまうとさらに酷くなってしまうこともあります。

そのため膝が痛いと感じたら、適切な方法で、しっかりと対処する必要があります。

ここでは辛い膝痛が生じてしまった場合、どのようにすれば良いか、その対処方法を述べていきます。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛を感じたら、十分に休ませる

決して無理をしないことが大切

膝痛が生じる原因はいろいろあります。

中にはランニングや登山など、運動を始めてから膝痛を感じるようになった、という人もいます。

膝が少し痛いと感じても、ついつい続けたいと思ってしまいがちです。

運動を継続して行っていくことは、とても重要なことです。

でも決して無理をしないことが大切です。

膝痛がなくなったら、運動を再開させることが重要

膝痛が軽度の場合、しばらく膝を休ませるだけで、治ることもあります。

逆に無理をしてしまうと、なかなか治らず、悪化してしまうこともあります。

膝痛が悪化してしまうと、さらに休む期間が長くなってしまい、逆効果です。

そのため膝痛を感じた段階で、休ませるとともに、できるだけ使わないような工夫をすることも大切です。

また膝痛がなくなったら、運動を再開させようという、心掛けを普段から持っておくようにしましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝に異常が見られる時は、整形外科を受診しよう

何らかの整形外科疾患にかかっている可能性もある

膝痛が酷く、治りが遅いという場合は、整形外科を受診した方が良いでしょう。

腫れていたり、違和感があったりする場合も同様です。

自分では何でもないと思っていても、何らかの整形外科疾患に、かかっている可能性も考えられます。

関節水腫、膝蓋腱炎などは、スポーツを行っている人に良く見られます。

また変形性膝関節症は、高齢者の方に多い疾患ですので、注意が必要です。

整形外科疾患と診断されたら、焦らず治療しよう

膝痛が一時的でない場合、早めに医師の診察を受けて、治療を受けることが重要になります。

まずは整形外科を受診して、医師の指示に従い、レントゲンやMRIなどを受けるようにしましょう。

ちなみにMRIは、膝の状態をさらに詳しく把握することができます。

また整形外科疾患と診断された場合、症状に応じて治療が行われます。

場合によっては、リハビリテーションの指示が出ることもあります。

医師とよく相談しながら、焦らず適切な治療を受けるようにしましょう。

痛みが酷い時は、飲み薬で対処する

膝痛が酷くて整形外科を受診すると、薬物療法が行われることがあります。

膝痛が一時的であると考えられる場合、まずは飲み薬が処方されることがあります。

膝痛が軽度であれば、飲み薬を飲んでいるうちに、治る可能性もあります。

整形外科を受診する前に、膝痛が酷くて日常生活に支障が出てしまっている場合は、家にある内服薬を飲んで対処しましょう。

よく膝痛を起こす人は、「バファリン」などの痛み止めを、事前に購入しておくと便利です。

でも痛み止めを飲むことで、胃腸障害を起こすことがあります。

整形外科で痛み止めが処方される場合、胃薬も一緒に処方されることが多いです。

その場合は回数や用量などをしっかり守って、飲むことが大切です。

整形外科で膝の痛み止めを注射してもらう

また膝痛が酷い場合は、膝関節に注射をしてもらう方法もあります。

関節には、関節腔と言われる部分があります。

関節腔とは、関節の骨端の間にある、滑液で満たされている腔所のことを言います。

この部分にヒアルロン酸やステロイド系の薬を注射する方法です。

整形外科ではよく行われている注射です。

刺す時に痛みを感じますが、効果を実感できる方もいます。

医師とよく相談して、治療を受けるようにしましょう。

サポーターをつけて膝を保護する

整形外科でサポーターを購入できる場合もある

膝痛を感じた時は、膝用のサポーターをつけるという方法もあります。

膝用のサポーターは、様々な種類の商品が販売されています。

サポーターは自分にしっかりと合った物を、購入することが大切です。

でも最初はどのようなサポーターを購入して良いか、分からないことがあります。

整形外科を受診すると、場合によっては、サポーターを購入できる場合もあります。

そのためまずは膝痛で整形外科を受診して、医師と相談してみても良いでしょう。

のびのびゆったりフットケアひざふくらはぎ

私の場合、ランニングや登山などで膝が少し痛くなった時、サポーターをつけることがあります。

私が使用しているのは、「のびのびゆったりフットケアひざふくらはぎ」です。

ドラッグストアに行って、購入しました。

値段が1,000円前後と、リーズナブルですが、意外と膝を保護できます。

よく伸びて、歩いていてもずれにくいです。

また程よいフィット感があって、保護されるので、膝痛も軽減されます。

遠赤外線効果があるので、夏は暑く感じますが、冬は膝の良い保温になっています。

一時的な膝の痛みを感じるような人に、おすすめする商品です。

興味のある方は、検討してみてはいかがでしょうか。

洗濯した時のために、何枚か持っていると便利です。

でも直接膝につけるので、肌が弱い人はかぶれてしまうこともあるので、注意しましょう。

急性期と慢性期を分けて、痛みの対処を行う

急性期の場合は、冷湿布や塗り薬で対処する

膝痛がする時、冷やした方が良いか、温めた方が良いか、よく悩んでしまう人が多いです。

整形外科では、急性期の場合「冷やす」が基本です。

具体的には初期の頃で、痛みが強い時です。

この場合は消炎、鎮痛効果のある、冷湿布を貼って、痛みを和らげる方法があります。

膝痛が軽度であり、一時的であれば、市販の冷湿布を貼って対処しても構いません。

整形外科を受診すると、急性期の場合、冷湿布が処方されることもあります。

でも人によっては、冷湿布でかぶれてしまうことがあります。

この場合、同じく消炎、鎮痛効果のある、塗り薬を処方してくれることがあります。

この塗り薬でもかぶれるケースもあるので、注意しましょう。

かぶれが見られた場合は、すぐに中止することも大切です。

アイスノンで対処する

私の場合、肌が弱いので冷湿布や塗り薬を使用すると、すぐかぶれてしまうことがあります。

膝痛を一時的に感じても、これらを使うことができません。

そのため家にいる時は、アイスノンを使って対処をしています。

これにタオルを巻いて、膝に当てて冷やします。

アイスノンを冷やして使えない時は、食品などを購入した時にもらった、保冷材などで対処することもあります。

使用している時は、動くことはできませんが、良いリラックスにもなっています。

また冷たく感じて、膝痛が軽減されます。

慢性的な膝の痛みの場合は温める

一方で膝痛が慢性的になってしまうことがあります。

この場合は、膝を温めるようにした方が良いです。

温湿布を貼るなどして、対処するようにしましょう。

温めたタオルなどを使った、膝のホットパックも手軽にできます。

膝を温めることで、血行が良くなり、筋肉をほぐすことで痛みを軽減させることができます。

慢性的な膝痛には、継続して温湿布を行っていくようにしましょう。

まとめ

膝痛が生じた時は、状況に応じて、対処するようにしましょう。

まずは無理をせず、膝を休ませることが大切です。

また急性期と慢性期では、膝の痛みの対処方法が変わってきます。

飲み薬で対処したり、冷湿布や温湿布などを利用したりして、痛みを軽減させるようにしましょう。

でも症状が酷い時や、治りが遅い場合は、整形外科を早めに受診することをおすすめします。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ