腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

野球少年必見!野球で起こる膝痛の原因や予防法について

   

スポーツをしていると怪我をすることもありますが、その怪我の中でも膝の怪我は多いものです。

膝は本人の身体を支えている部位であり、負担がかかりやすい部位になります。

そのため、スポーツでの様々な動作で膝には負担がかかり、膝痛を起こしてしまうことがあります。

そして、野球でも同じようなことが言えます。

ここでは、野球による膝の痛みについて説明していくので、野球をやっている方は参考にしてください。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

基本どのスポーツでも膝には負担がかかる

野球やサッカー、バスケットボールやバレーボールなど、多くのスポーツでは膝に負担がかかります。

それは、走ったり、跳んだり、急な方向転換をしたりすることにより、膝には大きな負荷がかかるためです。

そのため、スポーツで起こる怪我の中では、膝の怪我が起こりやすくなっています。

そして、野球にはピッチャーやキャッチャー、ファーストやセカンドなど様々なポジションがありますが、ポジションに関係なく膝を痛めてしまう可能性があります。

膝を怪我すると、練習をすることは難しくなり、練習ができなくなると筋力は低下していきます。

また、練習できないと不安になったり、ストレスが溜まったりなど精神に影響を及ぼすこともあります。

そのため、しっかりと身体の手入れをして、膝痛などの怪我を予防することが大切になります。

それでは、野球で膝痛が起こる原因を説明していきます。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

野球での膝痛の原因とは?

投球や守備などで膝に負担がかかる

野球には、膝に負担がかかりやすい動作が色々あります。

ピッチャーはボールを投げる際、片方の脚に体重をかけ、膝に溜めを作ります。

そして、身体のバネや筋力でボールを投げた後は、片方の脚で身体を支えます。

ピッチャーのこの一連の動作は、膝に負担がかかる上、何回も行うことになります。

そのため、膝には疲労が蓄積していき、膝を痛めてしまうことがあります。

では、セカンドやショートなど他のポジションはどうなのかというと、他のポジションでは、飛んできたボールを取るために急な動作を行い、ボールに飛びついたりすることもあります。

また、急に向きを変えてボールを投げたり、ジャンプをしながらボールを投げることもあります。

これらの動作もピッチャー同様、膝には負担がかかります。

バッティングや走塁でも膝には負担がかかる

守備だけでなく、攻撃する時にも膝に負担がかかる場面はあり、それはバッティングやベースに向かって走ることになります。

バッティングでは、向かってくるボールをしっかり打つために、腕だけでなく下半身の力も使ってバットを振ります。

そのため、脚には負担がかかり、当然膝にも負担がかかってしまいます。

そして、走塁時には、ベースに向かって全力疾走することや、スライディングなどで下半身には大きな負荷がかかるため、膝にも負担はかかってしまいます。

ですが、膝に負担がかかるだけでなく、アクシデントなどの突発的な怪我をしてしまう可能性もあります。

膝の使い過ぎが主な原因

前述したように、野球はポジションに関係なく様々な場面で膝を使うため、膝を怪我するリスクがあります。

その膝痛の原因の多くは、膝の使い過ぎによる疲労の蓄積になります。

厳しい練習やオーバーワークにより疲労が蓄積し、さらに練習をすることにより、何かのきっかけで膝を損傷してしまうことがあります。

そのようなことから、定期的に休養して膝を休ませることが必要になります。

衝突などの衝撃による膝痛

野球では、ピッチャーが投げたボールがバッターに当たったり、走塁でのスライディングが膝に当たったりなどの衝撃で、膝を怪我してしまうことがあります。

このようなアクシデントによる膝痛を防ぐことは、非常に難しいことになります。

もし、外からの強い衝撃で膝を痛めてしまった場合は、速やかに処置することが大切になります。

痛みの元となっているのは炎症なため、患部を冷やして炎症を抑えることが必要です。

アイシング専用のアイテムやタオルを巻いた保冷剤などで患部を冷やしてあげましょう。

アイシングの適切な時間は、15分~20分になります。

20分以上冷やすと凍傷の危険性があるので注意しましょう。

また、冷やし方にも注意が必要で、直に保冷剤などを当てないようにすることも大切になります。

成長期に起こりやすいオスグッド病

小学生高学年や中学生に起こりやすい膝痛で「オスグッド病」という症状があります。

オスグッド病は成長期と関係しており、成長期では柔らかい骨が硬い骨に変化していきますが、その変化の途中で骨は不安定な状態になりやすく、運動などによる刺激が加わることにより膝に異常が起きて発症する症状といわれています。

成長期では、骨の成長に筋肉や腱が追い付かないで、不安定な身体の作りになるため、そのような状態に運動などで膝を使いすぎるとオスグッド病になってしまう場合があります。

このようなことからオスグッド病は「成長痛」ともいわれています。

オスグッド病は、膝のお皿の下辺りが大きく出っ張り痛みを感じるのが特徴となるため、もしそのような症状が現れた場合はオスグッド病の可能性があるため、膝を使う練習は休むようにしましょう。

そして、症状が酷い場合は、整形外科に行って診てもらうことをおすすめします。

オスグッド病は安静にすることが大切になるので、無理をしないようにしましょう。

キャッチャーは特に膝痛を起こしやすい?

キャッチャーは見た通り、しゃがんでいる状態が長いポジションになります。

そして、膝の曲げ伸ばしを何度も行います。

そのような動作は、膝への疲労を招き、膝の怪我やオスグッド病などにも繋がりやすくなります。

このようなことから、キャッチャーは他のポジションよりも膝に負担がかかりやすく、膝を痛めやすいと言えます。

キャッチャーへの膝の負担を減らすことは難しいことになるため、監督やコーチなど周りの大人が膝痛を起こしていないか確認することが大切です。

野球での膝の痛みを予防する方法

練習中や試合中の衝突などによる突発的な膝痛を予防することは非常に難しいことですが、膝の使い過ぎによる膝痛は予防することが可能となります。

まずは、ウォーミングやクールダウンは、しっかり行うことが大切になります。

練習をする前に、軽めのランニングや動的ストレッチなどをすることにより身体が温まり、筋肉の柔軟性は高まります。

そうすると、筋肉を痛めにくくなり、関節の動きは良くなるため、膝痛を予防する効果が期待できます。

また、膝以外の部位の怪我を予防する効果も期待できます。

そして、ウォーミングアップだけでなく、練習が終わった後に軽いランニングをしたり、静的ストレッチをすることも大切になります。

それらをすることにより、身体の回復を早める効果が期待できるため、膝痛の予防にも繋がります。

膝痛の予防には、定期的に休養をして膝を休ませることも必要です。

休養して疲労回復させることで、膝などを怪我するリスクが低くなります。

その他にも、体幹を鍛えて身体のバランスを良くすることも有効になるため、おすすめです。

練習や試合で突発的な怪我をした場合

練習や試合などで突発的な怪我をした場合は、速やかに適切な処置を行いましょう。

そのような怪我のほとんどは炎症を起こしているため、強い痛みを感じたり、患部が腫れあがったりしてしまいます。

そのため、ただちに運動を止め、患部を冷やして炎症を抑えることが大切になります。

そして、症状が酷い場合は速やかに専門の医療機関に行き、診てもらいましょう。

まとめ

以上のように、野球では膝を痛めてしまうことがあります。

膝を痛めると、試合はおろか、練習もできなくなってしまうので、しっかりとケアするようにしましょう。

膝痛は動作だけでなく、練習環境も影響します。

例えば、硬いアスファルトの上をランニングすると膝には大きな負担がかかり膝痛の原因となります。

そのため、なるべく土や芝生の上でランニングをするようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ