腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

関節に破壊が出て日常に支障がある膝痛なら人工関節の手術を考えてみましょう

   

関節に破壊が出て日常に支障がある膝痛が続く場合、外科的な手術適応のレベルになります。

噂には聞くけれど人工関節の手術はどんなものなのかを知っておくことで、手術を受ける際の判断材料として役立てるのではないでしょうか?

ふたたび痛みなく歩けるようになるためにも人工関節置換術は欠かせませんが、どんな手術なのかを詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

ひどい膝痛で日常生活に支障が出る場合

変形性膝関節症、関節リウマチなど代表的な病気が原因で膝痛が起こることが多いのですが、それが進行してしまった場合には、明らかにレントゲン上でも関節の破壊が見られるようになります。

通常ならば、 関節同士が滑らかな動きをするものですが、このように関節に破壊が見られるようになると痛みもそれだけ強くなります。

骨そのものが破壊されているので、鎮痛薬や関節注射をしても一時しのぎになってしまうことが多く、激痛に悩まされ日常生活に支障が出てしまいます。

こうなると、何とか膝痛を改善させようとありとあらゆる民間療法や医療を受けても痛みは改善するどころか、さらに悪化させてしまうことも多くなります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝人工関節で痛み無く歩けるようになる

膝人工関節の置換術は、破壊された関節部分を人工関節と置き換える手術です。

誰もが、手術をせずに膝痛を何とかしたいと思うのはやまやまでしょうが、物理的に膝が破壊されているので戻るということはありえません。

そこで、おすすめしたいのが人工関節の手術です。

手術をすれば、痛んでいる関節は人工に生まれ変わるので、痛みがなくなり快適に歩けるようになります。

あれほど苦しかった痛みから生まれ変わったように痛みを忘れられるだけではなく、できなかったことができるようになることで気持ちも明るく前向きになれるため、多くの方が恩恵を受けているわけです。

膝人工関節で曲がる角度には制限がある

膝人工関節が膝の状態が悪化した時におすすめなのは、理解できたでしょうか。

ただし、注意したいのは人工関節ですので可動域に制限があるということを知っておきましょう。

「畳に座れないのは困る」「しゃがめないのは嫌だ」と確かに思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、人工関節の可動域は100~120度もありますので、洋式の暮らしであれば何ら不自由なく暮らせるようになります。

可動域の問題を気にしていて手術を拒否しているうちに膝関節の破壊がさらに進むことも考えられます。

できるだけ、手術を適応時期に行うことが術後の回復にも影響が出るので、自分にとって何を優先すべきかを考えてみることをおすすめします。

人工関節はどれくらい持つの?

可動域の制限は理解できたものの、人工関節には寿命があると聞くのでそれも心配という方もいらっしゃるでしょう。

概ね、人工関節の寿命は15~20年あります。

または、手術の技術の高さ、体重が軽い、術後の暮らしに注意をしていた、リハビリを行い続けたなどの理由から20年以上も維持し続けている方もいるので、寿命は目安と考えておく方が良いです。

実際に、急に再置換が必要になったり人工関節が感染して手術になったりする確率は、稀です。

寿命が突然来るわけでもなく、ある程度、腹積もりをしておけば、再置換ができるようになります。

人工関節は高齢者以外で受けた場合の注意点

しかし、若い年齢の方であれば、40歳で一回目の人工関節手術を受けた場合、長く保てたとしても20年経過すれば60歳ですので、再置換はいずれ受けなくてはなりません。

痛みに悩まされ続けて動けないまま過ごすか、人工関節を選んで歩ける日常を取り戻すかによってQOLも大きく変わって来るでしょう。

また、高齢者も積極的に受けられる手術になっており、人工関節の恩恵を受けて元気に歩けるようになった方も大勢いらっしゃいます。

膝痛があれば歩行に問題が出てしまい、高齢者は寝たきりの原因になってしまうこともあるので、手術を受けて少しでも歩けることを楽しんで筋力をつけることができます。

入院前から手術までの流れ

手術を決心するのは、誰もがとても大変な決断となります。

流れを理解しておけば、自分自身の気持ちを落ち着けることもできやすくなるので、手術に臨みやすくなりますし、何より不安を少しでも除けるようになります。

できるだけスムーズな流れで手術を受けて入院生活も流れを心得ておきたいものでしょう。

入院前の検査

入院前の検査は、レントゲンも細部にわたり行います。

普段の膝のレントゲン撮影に比べるとかなり時間もかかります。

CTの検査もあるのですが、現在では、医師が患者の膝関節の状態を3D で確認するために撮影するようになっています。

より手術のときに患者の関節をイメージしやすくするためです。

その他、心電図、肺活量、超音波エコーで下肢静脈瘤の有無を見ます。

概ね、このような検査を入院前に行いますが、医療機関によっては入院してから行うところもあります。

手術日

人工関節の手術は、4~5時間程度とされていますが、再置換の場合には前の人工関節を取り出すのに時間がかかるため、それ以上かかると考えておきましょう。

手術が終わり麻酔から覚めかける頃に病室へ戻りますが、この時、患者は意識が戻ってきているので短い会話なら出来ますが、何といっても術後の苦しさがあるので朦朧としています。

痛み止めなどの点滴を継続しながら、膝からの出血はドレンで排出されますが、徐々にこうしたものが不要になれば外れて行くので少しは楽になります。

ただし、当日の夜は痛みが強いと感じる方も多い上に、血栓防止の器具を足先につけているので眠るという感じではありません。

術後の計画

術後は、個人の病状に応じて投薬、リハビリが継続して行われます。

翌日からベッド上でのリハビリを行うために、理学療法士が来てくれますし、翌日には、看護師の付添いでトイレも行けます。

また、自分で歩行器を使って動けるようになれば、だいぶ安定感が出て来ますし、膝痛のない足を体感出来る喜びは受けた人でしか分からないでしょう。

膝の可動域を保つために、確かに術後の痛みはあるのですが、機械を使って曲げるリハビリも行っているところもあります。

退院後も積極的にリハビリすることが大切

退院したらリハビリは不要だと思われる方も多いでしょうが、そうではありません。

人工関節を安定して使うためにも積極的なリハビリがとても重要です。

しかし、病院のリハビリへ通うことを示すだけではなく、日頃から家庭で行えるリハビリを着実に行うことを推奨しています。

大腿四頭筋の筋力をつけるために毎日決められた回数をおこなうようにするのが、おすすめです。

確かに、痛みなく歩けるようになると嬉しさがあり、無理をし過ぎて歩いてしまうこともありますが、やはり、膝痛に悩まされていた間に落ちてしまった筋力を取り戻すのが優先です。

人工関節の注意点は?

だんだんと、人工関節で歩いているということすら忘れるようになって来るのが普通ですが、注意点もあるので気にかけておきましょう。

稀に感染するケースもあるので、人工関節に明らかな熱や赤みが無いかも見るようにする必要もありますし、痛みが無くなったといっても異物が入っているのは確かですので、強い負荷をかけすぎないように注意するのも大事です。

さらに、何かいつもと違う体感がある場合には、手術を受けた病院へ早めに受診するようにしましょう。

人工関節になった後の受診も大事

定期的な受診は術後1年までは半年に一回程度で問題ありませんが、その後は、1年に1回程度の受診を行うようにしましょう。

行なう検査はレントゲンがメインですので、それほど負担もかかりません。

膝痛だけの患者の場合、すっかり人工関節のことを忘れてしまい、放置しがちになる方もいますが、やはり人工関節が入っている以上、経過観察がとても大事なものだと言う認識を持つようにして下さい。

まとめ

絶え間ない膝痛に悩まされている方は、人工関節のメリットが感じられたでしょうか?

成績も良く広く病院で行われている手術で安定しています。

確かに手術を受けるのは、不安や恐怖もつきものですがふたたび歩けるようになる嬉しい日々を手に入れられるようになります。

激痛に悩まされている方は、人工関節のことも心得ておくと良いのではないでしょうか?


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ