腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

首痛や肩こり解消に繋がる枕選びのポイントや秘訣とは?

   

TEMPUR (テンピュール) オリジナルネックピロー M (約 幅50x奥行31x高さ10cm)

枕選びの目的として、ストレートネックなどの首痛や肩こり解消を目的に購入される人が多く、首痛や肩こり解消に繋がる枕選びのポイントや秘訣などを紹介します。

近年人気の枕商品もいくつか紹介し、枕の特性や使用することで得られる効果も知っておくことで、正しい枕選びができます。

自分の頭、首、肩に合った枕選びとは何なのかを詳しく紐解いていきます。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

正しい枕の選び方

正しい枕の選び方のポイントを紹介します。

枕が合う合わない

今までに枕が合わなくて、十分な睡眠ができず、しかも首や肩が痛いという経験をされた人もいらっしゃるでしょう。

なぜ、自分の首、肩と枕が合わないのか原因があります。

枕が合わない原因として挙げられることは次の5つと言われています。

  1. 枕と首の間に隙間があることで、首への負担があること。
  2. リンパや血行不良によること。
  3. 骨盤のゆがみがあること。
  4. うつ伏せで寝ていること。
  5. 寝相の悪さの影響による体への負担があること。

これらの症状が一つでも当てはまる人は、まず、寝る姿勢を正すことをしなければなりません。

寝る姿勢を知る

自分の寝る姿勢がフィットすることを知る必要があります。

枕が高すぎても低すぎても体への負担が掛かりますので、正しい寝る姿勢を知ることで、正しい枕選びができます。

枕が高すぎると、いびきや肩こりを引き起こす可能性が高くなります。

これは、枕が高いことで頭と方への負担が余計にかかることで、いびきや肩こりを引き起こすことに繋がります。

枕が低すぎると、頭まで血流が流れるようになり、なかなか寝付けない可能性が高くなります。

枕が高すぎても低すぎても、体に負担が掛かりますので、自分の正しい枕の位置を知ることがポイントです。

首痛や肩こり解消目的の場合

首痛や肩こりは枕が合わないこと原因ですので、正しい枕の位置を知ることで、自分の頭と枕がフィットする枕選びができます。

ポイントは体への負担がかからないことです。

首痛や肩こり解消を目的として枕選びをする場合、首痛や肩こりに効果があると謳っている枕を選ぶ傾向が高いです。

枕を開発しているメーカーが謳っていますので、何も疑いもなく、手にする人もいらっしゃいます。

枕を手にする前に、本当にこの枕でいいのか試しに使用できる機会があるとしたら、是非、試しに使用して下さい。

寝具店や百貨店の寝具コーナーに、枕をサンプル置いている場合、試しにサンプルを使って体感してみることをおすすめします。

これは、これであろうと思った枕が合う合わないを体感できるメリットがあるからです。

近年、ネット通販でも枕は販売されていますが、まくらの商品情報のみで購入すると、実は合わなかったということもあります。

ネット通販で購入する場合は、今使用している枕と同一商品を購入する時だけに利用することがおすすめです。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

枕選びをする前に

枕選びをする前に知っておくべきことを紹介します。

体への負担を知る

枕選びをする場合、首や肩への負担を軽減したいという目的の人が多いですが、そもそも、枕選びをする前に、自分の頭や首、肩にどれくらいの負担がかかっているのか知る必要があります。

頭、首、肩に負担が掛かっている状態で、枕選びをしても、枕が合わない、熟睡できないといった効果が現れないことがあります。

そのため、枕選びをする前に、枕が会わない原因の一つである骨盤のゆがみを正すことをしなければなりません。

骨盤を正すことで正しい姿勢となり、体のゆがみがない状態で枕選びをすることが、より効果的に体感できます。

体のゆがみを知る

特に、デスクワークを主な仕事とされている人は、首や肩への負担がかかりやすく、整体やマッサージで体の負担を軽減されている人も多いです。

骨盤のゆがみがあると、体への負担は大きくなりますので、枕選びをする前に、体を正しく整えることからはじめて下さい。

例えば、整体で骨盤がズレているということで、ゆがみを矯正してスッキリする感覚は、体への負担がなくなっていることです。

骨盤がズレている状態で枕選びを行っても、首痛や肩こり解消に効果的とはいえませんので、整体で骨盤を矯正することも大事です。

人気商品

首痛や肩こりに効果的なものから、売れている枕商品をいくつか紹介します。

テンピュール

TEMPUR (テンピュール) オリジナルネックピロー M (約 幅50x奥行31x高さ10cm)

ベッドやマットレスで人気のテンピュールは、枕も人気です。

大きく二つの枕を販売しており、いろんな姿勢に対応できるトラディショナルピローと、首痛や肩こり、寝やすさに対応したエルゴノミックピローがあります。

トラディショナルピローは、一般的な枕の形状をした枕で、首痛や肩こりがなく、いろんな寝姿勢でもストレスがない人におすすめです。

エルゴノミックピローは、首痛や肩こり、寝姿勢によって枕の形状が違うため、首痛や肩こり解消、寝心地を追及したい人におすすめです。

また、枕の硬さ柔らかさが異なっていますので、自分に合った枕選びができることでしょう。

ヨコネ

YOKONE2 ヨコネ2 横向き寝まくら ソフト ハード (ハード)

ヨコネは文字通り、横寝専門の枕です。

腰痛で、横向きの寝姿勢に適した人にはおすすめです。

ヨコネの特性は、いびき防止、首痛や肩こりの予防、腰痛の軽減に効果があります。

仰向けでの寝姿勢が合わない人は、ヨコネの枕はおすすめです。

スリーパードクターズピロー

首痛や肩こりの負担を軽減させるために作られたスリーパードクターズピローは、首痛や肩こりに悩まされている人にピッタリです。

首から肩まで包み込むような形状と肩と背中を支える特殊構造により、体圧分散させる独自のプロファイル加工が施されています。

首が痛い、肩こりが酷い、疲労がたまっているなど、どんな状態でも関係なく頭を枕に置くだけで体への負担を軽減する魔法の枕です。

スリーパードクターズピローの異名は、「科学されたキングサイズの安眠枕」とも言われています。

あらゆる特性や、体への負担を軽減させるために開発された枕のため、価格は約3万円と高いです。

ただ、価格に見合うだけの効果がありますので、疲労困憊な人や、慢性的に首や肩こりに悩まされている人におすすめです。

エレベーションピロー

【日本製】ASMOT エレベーションピロー

エレベーションピローは、三層構造が特徴です。

立体メッシュ、フロービーズ、エレベーションパットの三層から作られています。

それぞれの特性は、頭に密接する立体メッシュは寝心地に適した素材で通気性が良く、洗濯も可能です。

二層目にフロービーズは柔らかさが特徴で、仰向けや横寝でも体の負担を吸収するため、ストレスなく睡眠がとれます。

三層目のエレベーションパットは、仰向けから横寝、横寝から仰向けなどの寝返りや寝姿勢を自然にでき、体の負担がかかりにくい寝姿勢を保てることが特性です。

二層目と三層目の素材の特性から、体の負担を最小限に軽減させることができるエレベーションピローも、首痛や肩こりに悩んでいる人におすすめです。

また、枕全体を丸ごと選択できるため、寝汗が多い人や臭いが気になる人にもおすすめです。

そして、反発力が強いウレタン素材を苦手としている人にもおすすめです。

まとめ

枕選びのポイントは、枕が高すぎず低すぎず、体の負担が掛からない枕を選ぶことがポイントです。

枕が高いといびきや首痛、肩こりを引き起こす原因となり、枕が低いと寝付きにくく睡眠不足に繋がる可能性があります。

寝姿勢や頭、首、肩の負担を最小限に抑える枕を選ぶには、枕が合う合わないを試してみることも秘訣です。

近年、ネット通販での販売も多く、情報だけを鵜呑みにして枕が合わなかったということもあります。

自分の頭に合う枕に行き着くまでは、サンプルで試してみながら探すことが枕選びのポイントといえます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら