腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

骨盤ベルトの効果を詳しく紹介!腰痛に悩んでいる方にはおすすめ?

      2017/09/08

(マモーレ) Mamo-Re 骨盤らぶベルト 女性鍼灸師による美と健康のメソッドをつめこんだ 骨盤ベルト (M:85~95cm)

出産してから痩せづらくなった女性や、腰痛に悩んでいる方たちから『骨盤ベルト』が注目されています。

この骨盤ベルトは、骨盤を矯正する効果や、腰痛を改善する効果があると考えている女性が多いのです。

しかし骨盤ベルトを使用したら腰痛が悪化した方もいるので、購入するべきか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで骨盤ベルトの効果について紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

腰痛・骨盤矯正用おすすめ骨盤ベルトランキングはこちら

骨盤ベルトの働き

骨盤ベルトには、少なくても2つの効果があって、それが『骨盤矯正』と『腰をサポート』する効果です。

そこで骨盤ベルトを詳しく知りたい方のために、この2つの効果について紹介するので見ていきましょう。

骨盤矯正

骨盤ベルトには、骨盤を締める効果がありますが、ベルトタイプ・ガードルタイプなど様々な種類の骨盤ベルトがあります。

そのため種類によっては骨盤を締める力が弱い商品もあります。

もしも赤ちゃんを出産した後に、開いてしまった骨盤を締めたい場合には、ベルトタイプの骨盤ベルトを使用しましょう。

このベルトタイプは骨盤を締める力が強いほうなので、骨盤を締めたい方にはおすすめの商品です。

ただしベルトタイプの骨盤ベルトは装着させる方法が少し面倒に感じてしまう方もいるので、手間暇をかける事は覚えておきましょう。

腰をサポート

長い間に渡って妊娠をしていた女性が、出産した後は運動不足になっているので、筋肉が衰えています。

さらに腰痛の方も筋肉が衰えているケースが多いので、骨盤ベルトを装着させる事によって、腰をサポートするメリットは大きいです。

ただし骨盤ベルトだけに頼っていたら、筋肉はいつまでも衰えている状態なので、注意して下さい。

スポンサーリンク

腰痛・骨盤矯正用おすすめ骨盤ベルトランキングはこちら

骨盤を矯正する重要性

日本では、赤ちゃんを出産して骨盤が開いたり、傾いたりしても骨盤ベルトを使用していない方は多くいます。

そのため「私も骨盤ベルトを使用する必要がない」と思ってしまう方もいるでしょう。

しかし開いてしまった骨盤や傾いてしまった骨盤の状態になっても、放っておけば、様々な悪影響があるので詳しく紹介します。

ウエスト

女性は赤ちゃんを出産する時に、骨盤を広げてお腹から出ていきやすいようになっています。

そのため赤ちゃんを出産した後は、骨盤が開いた状態になるので、その骨盤が周辺の筋肉にも大きな影響を与えてしまうのです。

そのため衰えてしまった骨盤周りの筋肉が、開いてしまった骨盤によって、腰回りが膨らんでしまうような状態になってしまうのです。

そのような事を考えたら、痩せている体型を維持したい方にとって、骨盤を締めて腰回りが膨らんでしまわないようにするメリットは大きいでしょう。

反り腰

骨盤は開いてしまうだけではなくて、前の方へ傾いてしまう場合があります。

もしも骨盤が前傾したら、腰椎が以前よりも湾曲するので、下半身太りや腰痛の原因になります。

そのため赤ちゃんを出産した後に、ダイエットしても下半身だけ痩せない方は、骨盤が前傾している可能性が高いです。

そして反り腰になってしまうのは、出産以外にも、運動不足によって起きるケースもあります。

それはデスクワークで足を運動する機会が少なくて、背骨・骨盤・股関節などをつなぐ『腸腰筋(ちょうようきん)』が衰えているケースです。

そのため出産していないのに反り腰になっている場合は、運動不足になっているケースもあるので注意して下さい。

猫背

姿勢が悪いもので、多くの方がイメージするのが『猫背』でしょう。

この猫背も骨盤が傾く事によって、起きてしまうケースがあるのです。

それは骨盤が後ろのほうへ傾いた場合です。

骨盤が後傾したら、背骨が屈曲して、膝関節にも影響を与えるようになります。

このように骨盤は様々な場所に悪い影響を与えてしまうので、正しい姿勢をキープする事が難しくなります。

もしも正し姿勢がキープできなくなれば、腰にかかる負担が大きくなって腰痛に悩まされるようになるのです。

そのため腰痛にならないために、骨盤の後傾も改善したほうが良いのです。

腰痛が悪化する可能性

骨盤ベルトは「骨盤を矯正する上に腰をサポートしてくれるので、腰痛を改善してくれる」と考えている方は多くいます。

しかし骨盤ベルトを使用したら、逆に腰痛が悪化した方がいるので、そのような事になってしまった原因を紹介するので見ていきましょう。

筋力低下

腰痛になってしまう原因の一つが、筋力低下なので、腰周辺の筋肉を鍛える事が腰痛を改善するために必要となります。

しかし骨盤ベルトを腰に装着したら、腰を支えてくれるようなイメージを抱いてしまう方がいるので、衰えた筋肉を鍛えようとしない方がいるのです。

そのため骨盤ベルトを使用するのが悪いのではなくて、骨盤ベルトの効果を過信して、筋肉を鍛えない事によって腰痛を悪化してしまうケースがあるので注意して下さい。

姿勢の悪さ

骨盤ベルトを使用していても、姿勢を悪くしていたら腰痛を悪化する可能性は高いです。

それは背筋が衰えている状態で、背中を丸めた姿勢になっている場合です。

特にデスクワークの方や、趣味でパソコンを長い間に渡って使用している方は前かがみになりやすいので、姿勢が悪くなってしまいます。

このように姿勢が悪くなっていたら、腰にかかる負担が大きくなってしまいます。

そのため骨盤ベルトを装着した後に腰痛が悪化した場合には、姿勢が悪くなっていないか確認したほうが良いでしょう。

肥満体型

腰に負担をかけるものは筋肉や姿勢だけではなくて、体重も大きく関係してきます。

実際に肥満体型の方は、腰や膝に負担を大きくかけるので、腰痛だけではなくて膝痛にも悩まされます。

さらに肥満体型の上に猫背になっていたら、腰にかかる負担はさらに大きくなるでしょう。

そのため肥満体型になっている方は、骨盤ベルトを装着するだけではなくて、ダイエットも行なって肥満を解消したほうが良いでしょう。

腰痛を改善する方法

骨盤ベルトを使用しても腰痛が悪化した原因が分かってもらえた所で、次に腰痛を改善するストレッチや筋力トレーニングを紹介するので、参考にしてみて下さい。

ストレッチ

大腰筋(だいようきん)が、こってきたら腰痛になるケースがあって、その大腰筋を柔軟にする『腰痛ストレッチ』というものがあります。

その方法は踵(かかと)を伸ばした状態で、足を無理のない所までねじる方法です。

この方法を繰り返す事によって、大腰筋を柔軟にさせる事ができます。

一人で行うのは少し難しいので、可能であれば家族の方に手伝ってもらったほうが良いでしょう。

筋力トレーニング

腰痛を改善するための筋力トレーニングで有名なのが、足腰を鍛えられる『スクワット』です。

ただし多くの方がイメージするようなスクワットではなくて、腰を深く落とさないスクワットで行います。

その方法はつま先を真っ直ぐにした状態で、膝と腰を45度ぐらいまで曲げていきます。

ただしスクワットで腰痛を改善する方法はいくつかあって、つま先を外側に向けて行う方法もあるのです。

そのため、あなたの行いやすいスクワットを選んでも問題はないでしょう。

ただし腰を深く下ろしすぎて、腰痛が悪化しないように気を付けて下さい。

まとめ

骨盤ベルトの効果について、紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

実際に骨盤ベルトは腰回りを締めてくれるので、骨盤をある程度まで締める事ができますし、腰周りをサポートしてくれます。

しかし筋肉が衰えていたり、姿勢が悪かったりしたら、腰痛が悪化する可能性が高いのです。

そのため骨盤ベルトを購入しても、その効果を過信しないようにして、筋力トレーニングやストレッチなども行なったがほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 腰痛用骨盤ベルト