腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高さを調整できる枕『エアウィーヴ ピロー』の魅力を紹介!

   

airweave(エアウィーヴ) 高さ・硬さ調整可能 エアウィーヴピロー スタンダード

枕の高さが、身体に合わなくて肩や首に負担をかけている方は、多くいます。

しかし自分の身体に合った高さの枕を見つける事は、容易ではありません。

そこで、おすすめしたいのが、高さを調節できる『エアウィーヴ ピロー』です。

このエアウィーヴ ピローは高さを調節できるだけではなくて、魅力的なポイントがいくつかあるので詳しく紹介しましょう。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

エアウィーヴ ピローの特徴

エアウィーヴ ピローには、注目すべきポイントが3つもあって、それが高さ調整・通気性・メンテナンスです。

この枕を詳しく知りたい方のために、3つのポイントについて詳しく紹介するので見ていきましょう。

シートコアで高さ調整

エアウィーヴ ピローが高さ調整できるのは、この枕の中材『シートコア』が大きく関係しています。

実は、エアウィーヴ ピローには、シートコアが何枚も入っていて、このシートコアの枚数を調整する事によって高さを調整する事が可能になっているのです。

実際に枕が高すぎたり、低すぎたりしたら首の角度がついた状態で寝る事になるので、首や肩に負担をかけてしまうのです。

そうなれば肩コリや首コリに悩まされるようになります。

そのため首や肩にかかる負担を軽減するために、高さを調整できる枕を探している方には、エアウィーヴ ピローはおすすめです。

優れた通気性

エアウィーヴ ピローの中身は『エアファイバー』という素材が使われています。

このエアファイバーは90%以上が空気になっているので、優れた通気性を実現しているのです。

実際に、私たち人間は寝ている時に、多くの寝汗をかいてしまいます。

寝汗は季節によって違いますが、一夜でコップ一杯分の寝汗をかいてしまって、暑い夏場の季節では200~600mlもの寝汗をかく場合があるのです。

そのような汗は布団だけではなくて、枕にも染み込んでいくので通気性が悪かったらカビやダニが繁殖しやすくなるのです。

そのため通気性が優れているのは、エアウィーヴ ピローの大きな魅力と言えるでしょう。

メンテナンスが容易

私たち人間は毎日服を着替えて生活しているので、毎日同じ服を着ている方はあまりいないでしょう。

しかし枕になったら、多くの方が毎日同じ枕や枕カバーを使用しています。

清潔な方は毎週一回は洗濯する方もいますが、一ヶ月に一回洗濯する方もいるでしょう。

しかし枕は定期的に洗濯をしなければ、カビやダニが繁殖しやすくなります。

そこで、エアウィーヴ ピローはカバーだけではなくて中身も水で洗えるように作られています。

そのため容易にメンテナンスできるので、毎日清潔な状態で枕を使用したい方にも、エアウィーヴ ピローはおすすめです。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

エアウィーヴ ピローのラインナップ

エアウィーヴ ピローには、豊富なラインナップを揃えていて、その種類はスタンダード・ソフト・S-LINE・ケース・ケース ソフトタッチなどがあります。

そこで、この数多くある商品には、どのような特徴があるのか紹介するので確認してみて下さい。

スタンダード

エアウィーヴ ピロー スタンダードは、エアウィーヴ ピローのラインナップの中でも、名前の通りでスタンダードな商品になります。

その特徴は頭をしっかりと支えられるような設計に作られているので、枕があまりヘタらなくなっています。

そのため頭の位置が低くなる事が、あまりないでしょう。

実は頭の位置が低い状態で寝ていたら、頭がうっ血してしまうので、朝になって起きたら頭痛に悩まされてしまうのです。

そのため頭をしっかりと支えてくれるのは、重要なポイントでしょう。

ソフト

エアウィーヴ ピロー ソフトは、スタンダードよりも低い枕で、柔らかくなっています。

そのため柔らかい枕で好きな方が利用したら、頭を優しく包み込んでくれるような感覚を体験できるでしょう(個人差があります)。

ただし硬い枕が好きな方は、少し頭が安定しなくて不満を抱いてしまう可能性もあるのです。

そのため柔らかい枕が好きな方に、おすすめな商品と言えます。

S-LINE

エアウィーヴ ピロー S-LINEは、仰向きでも横向きでも頭の高さをキープできるように作られています。

枕について詳しく知らない方は、意外に思うかもしれませんが、仰向きと横向きでは大きな違うがあるのです。

それは仰向きよりも横向きになっている状態のほうが、首に角度がつくので、肩や首に負担をかけやすくなります。

そのため仰向き・横向き両方で、高さをキープしてくれるのは、嬉しいポイントでしょう。

ケース

エアウィーヴ ピロー ケースは、スタンダード・ソフト・S-LINEの3種類に使用できるケースです。

カラーはベージュ・ピンク・グレーの種類があるので、3種類の商品を購入すれば、その日の気分によって違うカラーのケースを使用すれば良い気分転換になるでしょう。

そして、このケースは通気性と吸水性に優れているので、ケースを洗濯する回数を増やせば、エアウィーヴ ピローの中身をそれほど洗濯する必要もないでしょう。

ケース ソフトタッチ

エアウィーヴ ピロー ケース ソフトタッチは、羽毛のようなフカフカとした素材を使用しています。

さらにタオル地になっているので、寒い冬場の季節に使用したら、その暖かさのお陰で寝心地がよくなるでしょう(個人差があります)。

そしてカバーはネイビーとベージュがありますが、ケースに比べたら選べる種類が少ないので注意して下さい。

メンテナンスをする重要性

枕をメンテナンスしなければ雑菌が繁殖してしまいますが、その原因や影響について詳しく知らない方は多いでしょう。

その原因や影響を知らなければ、メンテナンスしやすいエアウィーヴ ピローの魅力が分からない方いると思うので、雑菌が繁殖する原因や影響について詳しく紹介しましょう。

繁殖する条件

雑菌が繁殖する条件となるのが『温度』と『汗』です。

まず雑菌が繁殖しやすい温度は10~45度で、特に繁殖する温度が30~37度と言われています。

そのため熱い夏場の季節は特に注意しなければいけません。

そして雑菌は汗をエサにして繁殖してしまうので、枕に頭をのせて、暖められた枕に寝汗を与えてしまう事は雑菌にとって楽園のような場所でしょう。

そのためメンテナンスしづらい枕を利用したら、このような雑菌が繁殖していくのを抑制する事が難しくなるのです。

雑菌による影響

枕に雑菌が繁殖していけば、その中にはニキビの原因である『アクネ菌』もいます。

ニキビは顔にできるので枕とは関係ないように考えてしまいがちですが、横向きで寝ている時には、顔が枕と接触してしまいます。

そのため枕にアクネ菌が繁殖していたらニキビの原因にもなるので、注意したほうが良いでしょう。

エアウィーヴ ピローの口コミ

エアウィーヴ ピローは魅力的なポイントが多かったので、本当にそこまで魅力的な枕なのだろうかと半信半疑の方も多いでしょう。

そこでエアウィーヴ ピローを利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

高さを調整できるエアウィーヴ ピローですが、肩に負担をかけてしまって不満を抱いている方がいました。

そのため全ての方が、自分の身体に合った高さの枕という訳ではないので注意したほうが良いでしょう。

そしてスタンダードを利用していた方で、少し硬く感じて残念に思っている方もいました。

そのためエアウィーヴ ピローを購入する際には、自分の好みの合った商品を選んだがほうが良いでしょう。

良い口コミ

高さ調整について不満を抱いている方がいる一方で、自分の身体に合った高さに調整できて満足している方もいました。

そして高さ調整できる枕という事もあって、大切な方にプレゼントとして贈ったら喜ばれた方もいました。

そのため友達や恋人に枕をプレゼントしたい場合には、エアウィーヴ ピローを選んでみるのも悪くないでしょう。

まとめ

エアウィーヴ ピローは高さを調整できる枕ですが、利用者たちの中には自分の身体に合う方もいれば、合わない方もいました。

そのため全ての方が満足できる枕という訳ではありませんが、高さをある程度まで調整できるので、身体に合う方は多いでしょう。

そして通気性が良いので、頭皮に臭い匂いがあまり付かないのもエアウィーヴ ピローの大きな魅力と言えるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら