腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高反発の新素材?ラテックス素材の高反発マットレスの特徴とは

   

PanPan Amore 100%天然ゴム ラテックスマットレス 高反発 7ゾーン ラテックス 敷パッド 厚さ7.5cm(シングルサイズ)

高反発マットレスと一口に言っても、実はそこには色々な素材があります。

そんな色々ある高反発マットレスの中で最近注目されているのが、ラテックス素材の高反発マットレスになります。

ラテックス素材の高反発マットレスは、ほかのものとなにが違い、なぜ注目を集めているのか。

ここではそんな、ラテックス素材の高反発マットレスの特徴について紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ラテックス素材は柔らかい

PanPan Amore 100%天然ゴム ラテックスマットレス 高反発 7ゾーン ラテックス 敷パッド 厚さ7.5cm(シングルサイズ)

ラテックス素材の高反発マットレスの一番の特徴は、柔らかいというところにあります。

高反発マットレスは、基本的に硬い質感のマットレスになります。

でも、ラテックス素材の高反発マットレスは、高反発マットレスの中では柔らかいマットレスになるのです。

だから高反発マットレス特有の、寝心地の悪さがありません。

硬い質感のマットレスでは、体が包み込まれるような感覚がありません。

だから、最初のうちは気持ちよく眠れるという感じはあまりしないものです。

もちろん、だからといって身体に悪いわけではありません。

むしろ身体には良いものになります。

その上で寝ていると、身体があまり沈まない分寝返りもしやすいですし、かといってまったく沈まないわけではないので、体重もしっかりと分散できます。

だから、身体にとってはいいものにはなります。

でも、寝心地はよくはありません。

ラテックス素材の高反発マットレスであれば、高反発マットレスでありながら、多少なりとも身体が沈み込んでいく感覚もあります。

だから、寝心地のよい高反発マットレスになります。

沈みすぎることもある

ただ、そんな風に高反発マットレスの中では柔らかいということは、身体が沈みすぎてしまうこともあるということになります。

たとえば、体重が重たい人の場合です。

体重が重たいということは、マットレスに与える不可も大きいということ。

ということはマットレスが硬めでないと、沈み込みすぎてしまうことがあるということになります。

たしかにある程度は身体をしずみこませないと、高反発マットレスの良さは出ません。

身体を沈み込みさせすぎてしまっていても、高反発マットレスの良さは出ないのです。

だから、体重が重たい方には、ラテックス素材の高反発マットレスは向かないことがあります。

逆に軽い方にはあっている

逆に体重が軽い方にはあっています。

体重が軽い方が、普通の硬い高反発マットレスに寝ていても、思ったより身体が沈まないことがあります。

それでも寝返りはしやすいですが、高反発マットレスのもう一つの特徴である、体重を分散できるという特徴が活かせなくなります。

それではよくありません。

でも、マットレスが多少柔らかければ、体重が軽くてもしっかりと沈み込んでいきます。

それでいて高反発なので、しっかりと体重を分散していけます。

なので、ラテックス素材の高反発マットレスは、体重が軽い方におすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

通気性がよいのも特徴

高反発マットレスは、あまり通気性が良くないものも多いです。

素材的にあまり通気性が良くないものが主流になっているので、通気性が悪いことが多いのです。

でも、ラテックス素材の高反発マットレスは、通気性がすごくよいです。

なので、通気性がよい高反発マットレスを探していた方にはぴったりになります。

通気性が良いことには、いくつかの良いポイントがあります。

身体が蒸れないこと

まず一つは、身体が蒸れないこと。

通気性が悪いと、マットレスと身体の接地面がどうしても蒸れていってしまいます。

しかも高反発マットレスは、ある程度身体を沈めて、そしてそれから接地面に反発をして、体重を支えていくという仕組みなのですから、身体とマットレスの接地面は広いということになります。

だから、蒸れてしまうとなると、すごく広い範囲が蒸れてしまうことになります。

そうして広い範囲が蒸れてしまっていたら、不快感を感じないはずもありません。

でも、ラテックス素材のように通気性がよければ、たとえ接地面が広くても、あまり不快感なく眠ることができます。

それもまた、ラテックス素材の高反発マットレスの寝心地の良さを作っています。

耐久性があがる

通気性が良いということは、耐久性があがるということでもあります。

通気性が悪いとへたりやすくなりますし、そして何よりカビが生えてしまったりします。

人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかきます。

そんなにたくさんの汗をかくのに、それの発散性が悪かったら、カビが生えてしまうのも仕方ありません。

カビが生えたら当然そのマットレスの上で寝ることは難しくなりますから、結果、耐久性がなくなってしまいます。

でも通気性がよければその心配は無くなるので、耐久性があがることになるのです。

マットレスにおいては、通気性が良いに越したことはありません。

抗菌力も高い

ラテックス素材の高反発マットレスは、抗菌力も高いです。

マットレスは、通気性同様に、抗菌力も高い方がよいです。

なぜなら、基本的に洗うことができないものだからです。

洗うことができないし、たとえば敷布団のように、外にかけて干しておくこともできません。

そうして干しておくことができないということは、やはり雑菌などもたまりやすいものになるのです。

だから、できればマットレス自体に抗菌力があることが望ましいです。

マットレス自体に抗菌力があれば、そうした雑菌が繁殖しやすいような状況でも、あまり雑菌を繁殖させずに、比較的に綺麗な状態を保つことができるようになります。

シーツをしていても雑菌は増える

マットレスには基本的にシーツをしている方が多いものです。

だから、シーツさえ頻繁に洗濯していれば、あまりマットレスには雑菌は繁殖しないのではないかと思っている方もたくさんいます。

しかし、全くそんなことはありません。

たとえシーツをしていても、汗などはそれをこえてきます。

そして、細かい汚れや菌などもそれをこえてくるのです。

たしかに多少はそれがブロックになるところはありますが、それだけでマットレスを綺麗に保つことができるということはありません。

だから、やはりマットレス自体に抗菌力があるべきなのです。

最近のラテックスマットレスは臭いも少ない

ラテックス素材の高反発マットレスには、ゴム臭いという特徴がありました。

それは、間違いなくラテックス素材の高反発マットレスのデメリットでした。

でも、最近のラテックス素材の高反発マットレスは、ゴム臭があまりしないという特徴があります。

だから、これといって大きな欠点がなくなってきているのです。

臭いがつくことも少ない

ラテックス素材の高反発マットレスは、先述のように抗菌力が高く、そして通気性も良いことになります。

そうして抗菌力が高くて通気性も良いということは、臭いがつくことも少ないということです。

ただゴム臭がしないだけではなくて、そうしてそもそもあまり臭いがつきづらいのであれば、やはり気持ちよく寝られる可能性は高いということになります。

そういうことから見ても、ラテックス素材の高反発マットレスはやはり、寝心地が良いマットレスなのです。

まとめ

ラテックス素材の高反発マットレスの特徴としては、以上のとおりになります。

このように、高反発マットレスの弱点をカバーしてくれるようなものが、ラテックス素材の高反発マットレスになります。

だから、今まで高反発マットレスで満足できなかった方も、ラテックス素材の高反発マットレスであれば満足できる可能性が高いです。

ぜひ一度試してみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団