腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高反発マットレスの劣化を防ぐには?長持ちさせるためのコツを紹介

   

LOWYA (ロウヤ) 高反発マットレス 厚10cm リバーシブル加工 カバー付き 【やや硬め172N】 3つ折り クイーン ブラウン おしゃれ

高反発マットレスを使うなら、その劣化具合には、常に注意しておきたいものです。

せっかく品質のよい製品を購入しても、すぐ劣化してしまうようでは、また買い替えなければなりません。

なるべく劣化を遅らせて長持ちさせるには、いくつかのコツを押さえておくとよいでしょう。

では、高反発マットレスの劣化を防ぐ方法について、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発マットレスの劣化とは

高反発マットレスの劣化といえば、主なものは、へたってしまうことです。

毎日寝ているマットレスは、体重による圧力が長くかかるため、どうしても中央がへこんできます。

すると、正しい姿勢の維持が困難になり、体に負担がかかってしまうのです。

寝ているときの背骨の状態は、立っているときと同じようS字カーブであることが大切ですが、へたって形が崩れたマットレスでは、その自然なカーブを保つことができません。

そうした不自然な姿勢で長時間寝ていると、腰痛になる恐れがあります。

高反発マットレスは、優れた反発力で体を支えるため、腰痛対策として重宝されていますが、へたったものを使っていると、逆効果になってしまうわけです。

そのため、できるだけ劣化を抑えるような使い方が重要になります。

湿気も要注意

高反発マットレスを使っていると、だんだん湿気がたまってくるものですが、その原因のひとつは、寝ている間にかいている汗です。

人間の体は、睡眠中にコップ1杯分もの汗を出しています。

その汗が少しずつマットレスに染みこみ、蓄積されてしまうのです。

これを防ぐためにも、マットレスとシーツやベッドパットは、必ずセットで使うようにしましょう。

そして、もうひとつの原因は、通気性です。

高反発マットレスは、他のマットレスよりも通気性に優れていることが特徴ですが、敷きっぱなしにしていると、やはり湿気はたまりやすくなります。

マットレスとベッドが密着している部分には、空気の流れがないため、湿気が出ていかなくなるのです。

湿気が蓄積されれば、カビやダニの繁殖が始まり、せっかく買ったマットレスも、使えなくなってしまうでしょう。

したがって、マットレスの劣化を防ぐなら、湿気の対策も必要になるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

圧力の集中を避けよう

高反発マットレスを長持ちさせるなら、できるだけ圧力を分散させる使い方をしましょう。

マットレスがへたってしまうのは、体が乗っている部分だけに、圧力が集中するためです。

同じところにばかり負担をかけていれば、それだけ劣化も早くなってしまうのです。

これを避けるには、ときどき敷き方を変えて、圧力を分散させる必要があります。

そこでおすすめなのが、マットレスをローテーションさせて使うことです。

まず上下を逆にして、次に裏表を入れ替え、そこからまた上下逆、裏表逆とローテーションさせていけば、圧力がかかる部分を固定するようなことはありません。

同じ向きや面ばかり使用するのではなく、定期的に別の敷き方にすれば、マットレスの負担を減らすことができるのです。

この方法ならば、長く使っていても、へたりを抑えられます。

湿気を防ぐ効果もある

高反発マットレスは、敷きっぱなしで同じ面ばかり下にしていると、たとえ通気性のよい製品でも、湿気がたまりやすくなってしまいます。

そのため、ローテーションさせながら使うことは、湿気の集中を防ぐことにもなるのです。

ここで特に重要なのは、裏表の入れ替えです。

定期的に裏表を逆にしておけば、一方にだけ湿気が蓄積することはありません。

湿気がたまってきた面を表にして、空気に当てるようにすれば、適度に湿気を散らすことができるのです。

そのような使い方なら、カビやダニが発生するリスクも軽減できるでしょう。

湿気対策なら陰干し

高反発マットレスの劣化を抑えて長く使うなら、定期的な手入れは必須です。

しかし、マットレスを丸洗いしたりはできないので、手入れをするなら、干すことが最も適切な方法となります。

ただし、干すといっても、普通の布団のように、日当たりのよい場所で行うのは避けた方がよいでしょう。

なぜなら、高反発マットレスは、日光に弱いウレタンを使用していることが多いからです。

ウレタンは、日光を多量に浴びると、耐久性が低くなります。

つまり、長持ちさせるための天日干しが、逆に寿命を縮める結果になるわけです。

そのため、高反発マットレスを干すなら、陰干しがおすすめです。

風通しのよい場所に立てかけておけば、日光に当てなくても、湿気をとばすことができます。

それなら、耐久性が落ちる心配もないので、劣化を防ぐには最適なのです。

陰干しはその場でできる

マットレスは大きいので、干すために移動させようとすれば、かなり大変な作業になることも多いです。

腰痛対策に特化した高反発マットレスの場合は、20cmにもなる極厚の製品もあるので、動かしたくても、そう簡単にはいかないこともあるでしょう。

しかし、陰干しであれば、日当たりのよい場所まで移動させる必要はありません。

窓を開けるなど、風通しのよさに注意しておけば、その場に立てかけるだけで、湿気をとばすことができるのです。

また、サイズが大きすぎて持ち上げるのが難しい場合は、使わない本や丸めたタオルなどを下に挟み、隙間をつくるだけでも対策になります。

これも、風通しのよい場所で行えば、マットレスの下に新鮮な空気の流れができるので、湿気の除去には効果的です。

このように、作業のハードルが低ければ、面倒になって放置するようなこともなくなり、確実に劣化を抑えられるでしょう。

湿気をためない工夫

高反発マットレスを長く使うためには、普段から湿気に注意して使うことが大切です。

干せば湿気をとばすことはできますが、もとから湿気がたまりにくい環境をつくっておけば、対策はより確実なものになるでしょう。

そこで注意しておきたいのが、ベッドを置く位置です。

ベッドを壁際に寄せることはよくありますが、この方法は、湿気の蓄積を考えると、あまりおすすめできません。

壁に密着していると、空気の通り道を塞いでしまうため、湿気がたまりやすくなるのです。

そのため、ベッドを部屋の隅に置く場合は、壁から少し離しておくようにしましょう。

10cmくらいの隙間を空けておくと、湿気の蓄積を防ぎ、カビやダニの繁殖を抑えることができます。

床に直置きはやめよう

高反発マットレスを床で使う場合は、直に置かないようにしましょう。

何も敷かずに置いていると、いくら通気性のよい製品でも、湿気の蓄積は避けられません。

特に、フローリングの床は湿気がたまりやすいので、カビやダニによって使えなくなる可能性が高いです。

そこで注目したいのが、すのこや除湿シートなど、湿気を防ぐ効果をもった製品です。

吸湿性の高い除湿シートを敷いておくと、常に湿気を吸い取ってくれるので、マットレスの中への蓄積は軽減できます。

また、すのこの上にマットレスを乗せておけば、下から湿気が逃げていくため、いつも快適に使うことができるのです。

高反発マットレスを床で使うなら、これらの便利な製品を、うまく活用しましょう。

湿気がたまりにくい環境にしておけば、床置きでも劣化を遅らせることができます。

まとめ

高反発マットレスは、よい製品を購入した時点で安心してしまい、その後の使い方は適当になってしまうことがあります。

しかし、正しい使い方でなければ、マットレスの劣化を防ぐことはできません。

圧力の偏りや湿気など、劣化の原因となるものを極力少なくすれば、劣化は抑えられ、製品のもつ優れた効果が長く続きます。

高反発マットレスを長持ちさせるなら、ここで紹介したコツを参考にして、大切に扱っていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団