腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高反発マットレス 10cm シングルの魅力は選択肢の多さ!

   

マットレスは寝心地をよくするものですが、自分が欲しいと思っているマットレスでも、中材だけが好みに合わない方もいれば、硬さだけが好みに合わない場合もあるでしょう。

そのような方でも満足できるようなマットレスがあって、それが『高反発マットレス 10cm シングル』です。

このマットレスは、硬さ・形状・カラーに、それぞれ2種類まで用意されているので、あなたの好みに合うマットレスを見つけられる可能性が高いです。

そこで、本製品の魅力について紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発マットレス 10cm シングルのトリプルツー

本製品は、硬さ・形状・カラーに、それぞれ2種類あるので、その特徴を把握しておかなければ、どちらを選んだら良いのか分からないでしょう。

そこで、この3つの特徴について紹介するので、見ていきましょう。

2種類の硬さ

本製品は『150N』と『180N』が用意されています。

この『N(ニュートン)』は、マットレスの硬さを表していて、Nの数値が大きいほうが、硬めのマットレスになっています。

そのため、150Nと180Nでは、180Nのほうが硬くなっているのです。

そのため、150Nのほうが柔らかいマットレスですが、日本で販売されているマットレスの中には、100N前後の商品は多くあります。

そのため、150Nでも硬く感じてしまう可能性はあるので、柔らかいマットレスが好きな方は注意する必要があります。

2種類の形状

日本で販売されているマットレスは、平らな形状をしている『フラットタイプ』の中材が多くありました。

所が、身体にかかる負担を軽減させるために、凹凸形状になっている中材を採用している商品が増えてきたのです。

本製品は、フラットタイプだけではなく、凹凸形状になっている『プロファイルタイプ』の中材も用意しています。

そのため、他のマットレスと似たような中材を利用したい方であればフラットタイプがおすすめです。

ただしフラットタイプでは、身体にかかる負担が大きい方には、プロファイルタイプのほうがおすすめです。

2種類のカラー

寝心地の良いマットレスでも、デザインにも、こだわりたい方は多いでしょう。

本製品は『クリーミーホワイト』と『ブラウン』などがあります。

クリーミーホワイトは、アイボリーのようなカラーになっているので、清潔感のあるデザインが好きな方であれば、満足できる可能性はあります。

そしてブラウンは、味わいのあるカラーなので、落ち着きのあるデザインが好きな方には、おすすめのデザインです。

どちらのカラーも洋室に合いやすいデザインになっているので、デザインにこだわりたい方でも好みに合う可能性は高いです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

硬さを選ぶ際のポイント

本製品は150Nと180Nがありますが、どちらのほうを選ぶべきか悩んでしまった方は多いかもしれません。

そこで150Nが合う方と、180Nのほうが合う方を紹介するので、参考にしてみて下さい。

150Nが合う方

150Nはやや硬めのマットレスなので、体重が少し重めになっている方におすすめのマットレスです。

なぜなら、体重が軽い方が硬めのマットレスを利用したら、マットレスから腰が浮いてしまうからです。

実は、私たち人間の姿勢は『S字カーブ』と言われている形状になっていて、腰が湾曲しています。

そのため、身体が全く沈み込まなければ、腰だけが浮きやすいのです。

そのため、体重が軽い方はやや硬めの150Nは合わない可能性が高いので注意する必要はあります。

そのため、150Nのマットレスを選ぶ方は、少し体重が重くなっているほうが良いのです。

180Nが合う方

体重が少し重くなっている方であれば、150Nを利用したほうが、適度に身体がマットレスにフィットします。

しかし、肥満体型の方が150Nを選んだ場合には、身体の沈み込みを抑えられない可能性が高いので注意しなければいけません。

そのため、肥満体型の方は150Nよりも180Nのほうが、身体に合いやすくなっています。

実際に180Nであれば、身体を反発する力が強くなっているので、肥満体型の方でも、適度にマットレスへフィットしやすくなっているのです。

ただし180Nでは硬すぎて、身体が痛く感じてしまう方もいるので注意する必要はあります。

形状を選ぶ際のポイント

本製品のフラットタイプとプロファイルタイプは、全く形状が違う事から、それぞれ一長一短あります。

そこで、どちらの中材を利用したほうが良いのか説明するので、確認してみて下さい。

フラットタイプ

フラットタイプは、形状が平らになっているので、オーソドックな中材になります。

そのため、今までフラットタイプを採用しているマットレスを利用してきた方であれば、違和感を抱かないで、利用しやすいです。

ただし、身体の体重とマットレスの反発力が合わなければ、身体に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

そのため本製品の150Nと180Nの中で、身体に合う硬さがあれば、フラットタイプを選べば、適度にマットレスに身体がフィットしやすいです。

プロファイルタイプ

肥満体型の方でも、180Nでは硬すぎる方におすすめなのがプロファイルタイプです。

プロファイルタイプは、凹凸形状になっている事から、体圧を分散しやすくなっています。

そのため、150Nでは身体が沈み込みやすい方でもプロファイルタイプであれば、身体の沈み込みを抑えやすくなっているのです。

実際に、身体の沈み込みを抑えられたら、寝返りを打ちやすくなるので、良質な睡眠をキープしやすくなります。

本製品の製品情報

本製品の特徴を理解してもらえた所で、次に製品情報も紹介するので、このマットレスを購入するべきか悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。

肌触り

楽天市場では、本製品を紹介しているサイトで、このマットレスだけではなく『パイルアッパーカバー』も販売しています。

このカバーも購入しようとしたら、1,600円の追加料金をかける事になってしまいますが、肌触りの良いカバーになっているのです。

そのため、肌がマットレスに接しても、チクチクしないので、睡眠の質をキープしやすくなっています。

もしも睡眠の質が低下したら、睡眠時間を確保しても、睡眠不足に陥ってしまいます。

そのため、少しでも睡眠の質をキープしたい方には、本製品だけではなく、パイルアッパーカバーもおすすめです。

洗濯可能

パイルアッパーカバーは本製品に被せるだけで、利用できるようになっています。

そのため、本製品からカバーを外す事が容易です。

そして、このカバーは洗濯する事ができるので『ダニ対策』を講じる事ができます。

実際に、私たち人間は眠っている際には、一晩の間に寝汗をコップ一杯分もかいてしまいます。

さらに体温によって、マットレスは温められるので、湿気が溜まってしまう事から、ダニが繁殖しやすくなっているのです。

そのため、マットレスのカバーを定期的に洗濯できれば、ある程度までダニを洗い流す事が可能です。

リーズナブルな価格

本製品は、選択肢の多いマットレスになっている上に、肌触りの良いマットレスカバーがお買い得な料金で購入する事ができます。

そのため、高額なマットレスというイメージを抱いた方は多いかもしれませんが、低価格なマットレスになっているのです。

実際に楽天市場では、送料無料で4,200円で購入する事ができます。

そのため、リーズナブルな価格のマットレスを探しいてる方にも、本製品はおすすめです。

まとめ

本製品は選択肢の多いマットレスなので、あなたの身体に合う商品を見つけられる可能性は高いです。

ただし、柔らかめのマットレスが好きな方は、腰や背中が痛く感じてしまう可能性が高いので注意する必要はあります。

もしも150Nのほうを選んでも、マットレスが硬く感じた場合には、薄い毛布をマットレスの上に敷いて、利用したほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団