腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高反発マットレス 3つ折り 高反発加工は最上級の硬さ?

   

アイリスプラザ 高反発マットレス ブラウン シングル 厚さ10cmボリュームタイプ 三つ折り かため 圧縮タイプ 高密度高反発ウレタンフォーム リバーシブルカバー 洗える 306N

日本では、高反発マットレスとPRされて販売している製品は多いのですが、実際に利用してみたら、それほどマットレスが硬く感じない場合があります。

そのため、硬めのマットレスを探している方は、どの製品を選んだら良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、おすすめなのが『高反発マットレス 3つ折り 高反発加工』です。

このマットレスは、日本国内で販売されているマットレスの中では、反発力が最上級クラスに近いので、詳しく紹介しましょう(2018年7月21日時点)。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発マットレス 3つ折り 高反発加工の魅力

アイリスプラザ 高反発マットレス ブラウン シングル 厚さ10cmボリュームタイプ 三つ折り かため 圧縮タイプ 高密度高反発ウレタンフォーム リバーシブルカバー 洗える 306N

本製品の最大の魅力は何と言っても、高い反発力ですが、その他にも魅力的なポイントがいくつもあります。

そこで、本製品には、どのような魅力があるのか紹介するので見ていきましょう。

2種類の硬さ

本製品には、2種類の硬さが用意されていて『248N』と『306N』があります。

この『N』はニュートンと呼ばれていて、Nの数値が大きいほうがマットレスが硬めになっているのです。

実際に、日本で販売されているマットレスの中には100N前後になっている製品も販売されていて、180N以上になっていれば高反発マットレスとPRされているケースが多いです。

そのような事を考えたら、本製品がいかに硬めのマットレスなのか分かるでしょう。

3つ折りタイプ

マットレスは湿気がたまりやすい寝具なので、定期的に立てかけておかなければ、湿気がたまってダニが繁殖してしまいます。

ダニの中には『チリダニ』というものが存在していて、チリダニが繁殖して死骸(しがい)や糞(ふん)が、たまるようになってしまえば『ダニアレルギー』を発症してしまうので注意しなければいけません。

ところが、本製品は『3つ折りタイプ』になっているので、コンパクトなサイズに折りたたむ事ができます。

そのため、ダニ対策を講じやすいマットレスになっているのです。

L字ファスナー

忙しい日々を送っている方であれば、運びやすいマットレスでも、立てかける事を忘れる時があるでしょう。

本製品は、そのような方でもダニの対策を講じやすくなっていて、カバーを洗う事ができるようになっています。

実際にカラーを洗えれば、ある程度までダニを洗い流す事ができます。

さらに、本製品のカバーは『L字ファスナー』になっているので、カバーから中材を取り外しやすくなっているのです。

そのため、硬めになっているだけではなく清潔な状態で利用できるマットレスを探している方には、本製品はおすすめです。

圧縮梱包

コンパクトなサイズに折りたためる本製品でも、箱に梱包されている時には大型サイズになっているのか、心配になってしまう方もいるでしょう。

実際に、梱包されている時に大型サイズになっていれば、玄関から寝室へ運びづらいので注意しなければいけません。

ところが、本製品は『圧縮梱包』の状態で送られてくるので、玄関から自宅まで運びやすくなっています。

ただし、圧縮された状態から開封しても、すぐには元のサイズに戻らないので使用できません。

そのため、開封してから、1~2日まで待ってから利用するようにして下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発タイプのメリット

硬めのマットレスが好きな方たちでも、高反発マットレスを利用するメリットが分からない方もいるでしょう。

そこで、高反発タイプのマットレスを利用したら、どのようなメリットがあるのか紹介するので確認してみて下さい。

寝返りの打ちやすさ

低反発タイプのマットレスは、反発力が低くなっているので、体が沈み込みやすくなっています。

実際に、体が沈み込んでしまえば、隣のほうへ寝返りを打つ事が難しくなってしまうのです。

健康体の方であれば、それほど問題にはなりませんが、お酒を飲んで酔っ払っている状態では、寝返りを打ちづらい状態なので注意しなければいけません。

それに引き換え、高反発タイプのマットレスは体があまり沈み込まないので、寝返りを打ちやすくなっているので寝心地が良くなっています。

 

睡眠の質をキープ

高反発タイプのマットレスは、寝返りを打ちやすいので、体にかかる負担を軽減できます。

なぜなら、寝返りを打つ回数が少なかったら、同じ体の部分が下のほうになってしまうので、圧迫されていまうのです。

そのため、仰向けになって眠る方の場合では、背中や腰を痛めてしまう場合があるので注意しなければいけません。

横向きになって眠るケースが多い方でも、体の半分が下のほうになるので、姿勢が崩れてしまいます。

それに引き換え、高反発タイプのマットレスは、適度に姿勢を変える事ができるので、体にかかる負担を軽減できるのです。

製品情報の詳細

本製品の魅力や高反発タイプのマットレスのメリットなどを理解してもらえたところで、次に製品情報の詳細も紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

カラーバリエーション

本製品は、トーンが大きく異なっているカラーが2種類も用意されていて、それが『アイボリー』と『ブラウン』です。

アイボリーは明るいトーンになっているので、清潔感のあるデザインです。

ただし、明るいトーンになっている事から、汚れが付いたら目立ちやすくなってしまうので、注意しなければいけません。

それに引き換え、ブラウンは暗いトーンになっているので、汚れが付いても、あまり目立ちません。

そのため、汚れが気になりやすい方はブラウンのほうが、おすすめです。

低価格なマットレス

本製品は、硬めのマットレスになっている事から、多くの方たちは「値段は少し高くなっているのではないか」と心配になってしまったかもしれません。

ところが、本製品は意外にも低価格なマットレスになっていて、楽天市場では送料無料で、税込価格5,481円で購入する事ができるのです(2018年7月21日時点)。

実際に、日本で販売されているマットレスの中には、10,000円以上になっている製品はいくつもあります。

そのため、値段が安くなっているマットレスを探している方にも、本製品はおすすめのマットレスです。

利用者たちの満足度

本製品の魅力を紹介してきましたが、実際に利用している方たちが満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、このマットレスは購入するほど価値があるのか、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は、2種類の硬さを用意している事もあって、自分の好みに合う硬さになっていて満足している方がいました。

そのため、できるだけ硬めのマットレスを利用したい方は306Nを選んで、少しだけ硬めのマットレスを利用したい方は248Nを選んだほうが良いです。

さらに、本製品はコンパクトなサイズに折りたためる事ができて、満足している方もいました。

そのため、予備のマットレスとして本製品を購入して保管しておけば、友達や知人が宿泊した時に備えて提供する事もできます。

否定的な口コミ

本製品を利用してみたら、少し匂いが臭く感じて、不満を抱いている方がいました。

このようなケースが起きてしまうのは、本製品が『ウレタン』を利用しているところが大きいです。

なぜなら、ウレタンは特殊な匂いがする事から、この素材を採用しているマットレスを臭く感じてしまう方は多いのです。

そして、メーカーの発表によれば、本製品の厚みは10cmになります(カバーを含んだ状態)。

しかし、利用者たちの中には、厚みが10cmもなくて不満を抱いている方もいました。

そのため、多少の誤差はあるので注意して下さい。

まとめ

本製品は、日本国内でもトップクラスに近いほどの反発力を誇っているので、硬めのマットレスが好きな方であれば、満足できる可能性は高いです。

さらに、本製品は3つ折りタイプになっているので、利便性も優れています。

そのため、反発力が低くなっているマットレスでは、体に合わない場合には、本製品に買い換えてみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団