腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高品質低反発クッションは腰痛でも利用しやすい構造?

   

腰痛の方は、椅子や床に座るだけで腰が痛く感じてしまうので、クッションを利用して、底つき感を緩和したいと思うでしょう。

しかし、クッションの製品によっては、腰にかかる負担をあまり軽減できなくて、腰が痛く感じやすい場合があるのです。

ところが『高品質低反発クッション』であれば、2層構造を採用する事によって腰にかかる負担を軽減できるようになっています。

そのため、腰痛に悩んでいる方には興味深い製品だと思うので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

高品質低反発クッションの座り心地

本製品は、腰痛でも利用しやすくなっているのは『2層構造』が大きく関係していますが、それだけではなくスポンジが『高密度』になっている事も関係しています。

そこで、本製品の2層構造や密度について詳しく紹介するので、確認してみて下さい。

低反発ウレタンスポンジ

本製品の上層では『低反発ウレタンスポンジ』が備えられていて、反発力が低くなっています。

そのため、ある程度までお尻が沈み込みやすくなっているので、お尻がホールドされます。

そのため、正しい姿勢をキープしやすくなっているので、腰にかかる負担を軽減できるのです。

なぜなら、お尻が前のほうへズレている状態で、椅子の背もたれに寄りかかったら、上半身の体重の負担が腰に加わりやすくなるからです。

猫背の方は、お尻が前のほうへズレやすい傾向があるので、姿勢が崩れやすい方は、本製品を利用してみる価値があります。

ウレタンチップスポンジ

低反発ウレタンスポンジは、お尻をホールドしてくれるのは魅力的ですが、お尻が沈み込みすぎたら、体圧が集中しやすくなるので注意する必要がります。

実際に、お尻に体圧が集中しやすくなったら、腰に負担をかけてしまうのです。

そこで、本製品は下層に『ウレタンチップスポンジ』を備える事によって、ある程度まで体の沈み込みを抑える事ができます。

このように本製品は2層構造を採用する事によって、お尻をホールドしながら、体圧を分散できるようになっているのです。

スポンジの密度

体圧をある程度まで分散できるクッションを利用していても、残念ながら利用していくうちにクッションはへたっていきます。

マットレスであれば向きを変える事によって、重くなっている腰を支える部分を変える事ができるので、へたり対策を講じる事は可能です。

しかし、クッションの場合はマットレスのように大型サイズではないので、へたり対策を講じる事は難しいのです。

ところが、本製品のスポンジは高密度になっているので、耐久性が優れています。

そのため、ある程度までへたらないようになっているので、長い間に渡って利用できるようになっているのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

別売品のカバー

楽天市場では、別売品で本製品に装着できるカバーは数種類も販売されています。

お金をかける事になってしまいますが『ダニ対策』を講じる製品や、夏場の季節でも利用しやすい製品などがあるので、詳しく紹介しましょう。

替えカバー

本製品の替えカバーは、水洗い可能になっているので、清潔な状態で利用する事ができます。

実際に、クッションを利用していたら、体温によって湿気がたまりやすくなってしまうので、クッションの中でダニが繁殖しやすいので注意しなければいけません。

ダニは数多くの種類がいますが、その中でも『ツメダニ』が繁殖するようになれば、肌を刺してくる事があります。

そのような事になれば、肌が赤く炎症するので気を付けたほうが良いです。

しかしダニは熱に強いので簡単に退治する事はできないので、替えカバーを洗う事によって、ある程度までツメダニを洗い流す方法はおすすめです。

2018夏限定カバー

暑い夏場の季節に、通気性が優れていないクッションを利用していたら、熱がこもりやすいので、お尻がムレやすくなります。

そのような事になれば、何回も立ち上がりたくなってしまいますが、低い位置から立ち上がろうとしたら、腰に負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

そこで、おすすめなのが『2018夏限定カバー』です。

このカバーは、通気性が優れているので、暑い夏場の季節でも利用しやすくなっているので、お尻のムレ対策を講じる事ができます。

製品情報の内容

本製品の座り心地や、別売品のカバーを理解してもらえたところで、製品情報の内容も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

本製品のサイズ

床に座るためにクッションを購入する方であれば問題にはなりませんが、椅子の上にクッションを利用する場合には、本製品のサイズを確認しておく必要があります。

なぜなら、椅子と本製品のサイズが合わなければ利用する事が難しくなってしまうからです。

そして、本製品のサイズは、幅45×奥行45×厚み5cmになっています。

もしも、自宅に設置している椅子のサイズが、本製品よりも小さくなっていたら不安定な状態になってしまうので注意して下さい。

デザイン性

本製品は、5種類のカラーバリエーションが用意されていて、バニラ・チョコ・チェリー・ブルーベリー・セサミなどがあります。

バニラはアイボリーに近いカラーになっていて、チェリーは明るめのレッドになっていて、チョコはブラウンに近いカラーになっています。

ブルーベリーは紫よりの青いカラーになっていて、セサミは少し青みがかったグレー系のカラーになっているのです。

別売品の替えカバーも同じカラーバリエーションになっていますが、2018夏限定カバーは模様付きのグレーに近いカラーしかないので注意して下さい。

コストパフォーマンス

本製品は2層構造を採用している事もあって、少しコストをかけた製品になっています。

そのため、楽天市場では税込価格4,090円になっているのです。

さらに替えカバーは税込価格1,600円になっていて、2018夏専用カバーは税込価格2,000円になっています。

ただし、2018夏専用カバーには、ズレ防止が備えられている『夏専用ずれない替えカバー』があって、こちらは税込価格2,300円になっているのです。

値段は高くなっていますが、クッションがズレづらくなっていれば、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の方にはおすすめです。

本製品のレビュー

本製品は魅力的なポイントが多くなっていますが、クッションとしては少し値段が高くなっているので、購入するべきか悩んでしまった方は多いかもしれません。

そこで、本製品のレビューを紹介するので、値段に見合うほどの価値があるのか、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品はクッションの厚みが5cmになっているので、適度なボリュームがある所を気に入っている方がいました。

実際にクッションのボリュームが足りなければ、底つき感が出てしまうので、腰が痛く感じやすいのです。

そのような事を考えたら、厚みが5cmもあるのは、本製品の大きな魅力です。

さらに本製品が2層構造になっている所を気に入って入る方もいました。

そのため、1層構造のクッションでは物足りなく感じてしまう方は、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

否定的なレビュー

デスクワークをしている方で、1日中座っていたら腰が痛く感じるので、本製品を利用しても満足できないケースがありました。

実際に、性能の高いクッションを利用していても、長い間に渡って座っていたら、腰が痛く感じやすいので注意しなければいけません。

なぜなら、立っている時は上半身の体重の負担は両足によって分散されますが、座っている時は上半身の体重の負担が腰に集中しやすいからです。

そのため、本製品を利用する際には、1~2時間に1回は立ち上がって、少しだけでも休憩を取ったほうが良いです。

まとめ

本製品は、2層構造を採用している事から、ソフトな使用感になっているのに、あまり底つき感が出ないので腰痛の方には魅力的な製品です。

そのため底つき感を緩和するために、硬めのクッションを利用していたら、お尻が痛く感じて利用を続けられなかった方には、本製品はおすすめです。

ただし、クッションはダニが繁殖したり、通気性が悪かったりしたら利用しづらい場合もあるので、別売品のカバーも一緒に購入してみるのも悪くはありません。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション