腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高座椅子 ここねで腰痛対策!こだわりのある形状や機能は必見?

   

レバー式 高座椅子 「ここね」 肘付き リクライニングチェア ネイビー

腰痛になっている方は、畳に座ったり、立ち上がったりしたら、腰が痛く感じてしまいます。

そのような動作を続けていたら、腰痛が悪化してしまうので、注意しなければいけません。

そこで重要になるのが、座面が高くなっている椅子を利用して、腰にかかる負担を軽減する事です。

数多くある椅子の中には『高座椅子 ここね』のように、腰痛の方でも利用しやすい形状や機能を採用している椅子があります。

そこで腰痛に悩んでいる方のために、本製品について紹介するので、見ていきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

高座椅子 ここねの形状

本製品が腰痛でも利用しやすくなっているのは、背もたれ・肘掛け・座面にこだわりを持って、作られているからです。

そこで腰痛でも利用しやすい椅子を探している方のために、この3つのポイントについて、詳しく紹介します。

ハイバック仕様

腰痛に悩んでいる場合には、多くの方たちは腰やお尻に注目しがちです。

所が、腰は『頭』と背骨でつながっているので、頭や肩にかかる負担は、腰にまで悪い影響を与える事があるので注意しなければいけません。

そして本製品は『ハイバック仕様』になっているので、頭部や肩までしっかりと支えてくれます。

そのため、肩こりや首こりになる可能性が低くなります。

実際に肩や首を痛めてしまえば、身体にゆがみが生じやすくなって、腰に悪い影響を与えてしまうのです。

所が本製品を利用すれば、そのような可能性が低くなるので、腰痛の方におすすめの椅子です。

肘掛け椅子

椅子に座っている時に、雑誌を読んで、くつろぎたい方は多いでしょう。

その時に肘掛けを備えていない椅子を利用していたら、肘を浮かせるために、肩に大きな負担をかけてしまうので、腰にまで悪い影響を与えてしまいます。

そこで本製品は『肘掛け』を備える事によって、肩にかかる負担を軽減できています。

さらに、肘掛けに手を乗せて椅子から立ち上がれば、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛でも利用しやすい椅子になっているのです。

座面の高さ

畳に座っている所から立ち上がろうとしたら、腰が痛く感じてしまうのは、低い位置から立ち上がろうとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうからです。

そこで本製品は、座面の位置を35cm以上にもなっているので、腰痛の方でも立ち上がりやすくなっています。

そのため、座面が低くなっている椅子を利用していて、立ち上がる事が辛く感じる場合には、座面が高くなっている本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

本製品の機能

本製品のように腰痛でも利用しやすい形状になっていても、腰にかかる負担を完全に取り除ける訳ではありません。

所が、本製品は、その取り除けない負担をさらに軽減できるような機能が2つもあって、それが『リクライニング機能』や『高さ調整』です。

そこで、この2つの機能について紹介するので、確認してみて下さい。

リクライニング機能

椅子の背もたれは、背中から肩の部分を支えてくれるので、腰痛の方には重要なポイントです。

所が、背もたれの角度が、自分の身体に合わなければ、腰に負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

そこで本製品は『リクライニング機能』を備える事によって、腰にかかる負担を軽減できます。

さらに背もたれを倒す事によって、座りながら背筋を伸ばす事もできるのです。

実際に私たち人間の身体は、同じ姿勢を続けていたら、筋肉が緊張状態に陥ってしまうので、疲労物質が溜まってしまいます。

そのため、本製品のように背もたれを倒して、背筋を伸ばせれば、腰周辺の筋肉が緊張する事を緩和できます。

高さ調整

本製品のように座面の高さが、35cmにもなっていれば、腰にかかる負担は軽減できます。

ただし体格が大きい方であれば、35cmでは低くなっている場合もあるのです。

そこで、本製品は『高さ調整』できるようになっていて、35cm・38cm・41cmに高さを変更できる仕組みを実現しました。

そのため、体格が小さい方から、体格の大きい方まで、本製品は利用しやすい椅子になっています。

本製品の商品情報

本製品の形状や機能を分かってもらえた所で、次に商品情報も紹介するので、この椅子を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

組み立てが容易

腰痛の方が、腰にかかる負担を軽減できる椅子を購入する事は重要ですが、その際に問題になるのが、椅子の『組み立て』です。

実際に腰痛になっていない方でも家具を組み立てる事は、意外にも辛く感じてしまうので、腰痛の方は注意しなければいけません。

なぜなら腰を曲げて、低い位置で家具の部品を組み立てながら、ネジを締めなければいけないからです。

所が、本製品は完成している状態で送られてくるので、組み立てが容易になっています。

その組み立て方法とは、前方部分に倒れている背もたれを起こせば良いだけなのです。

カラーバリエーション

性能が優れている椅子でも、自分の好みの合わないカラーになっていたら、利用したくないでしょう。

そこで本製品は3種類もカラーバリエーションを用意していて、ブラウン・ネイビー・グリーンなどがあります。

ブラウンやグリーンは味わいのあるカラーなので、高齢の方に好まれやすいカラーをしています。

ネイビーはシックで落ち着いているので、男性から好まれやすいカラーをしているのです。

ただし女性から好まれやすいホワイトやピンクまで用意されていないので、清潔感のあるカラーや可愛らしいカラーを探している方は、注意して下さい。

高額な椅子

本製品のように腰痛でも利用しやすい椅子になっている事から、コストをかけられた商品になっているので、楽天市場では送料無料で税込価格15,000円もします(2018年2月11日時点)。

実際に日本で販売されている椅子の中には、5,000円前後で販売されている商品はいくつもあるのです。

そのため、値段が安くなっている椅子を探している場合には、本製品の値段と性能のバランスを把握した上で、購入するべきか考えたほうが良いです。

利用者たちの口コミ

本製品は魅力的なポイントが多い椅子になっていますが、利用者たちが実際に満足できているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、この椅子を購入するべきか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品には肘掛けが備えられている事から、立ち上がる時だけではなく、食事の時に肘を支えられる所を気に入っている方がいました。

そのため、肘掛けが備えられていない椅子では、身体が辛く感じる場合には、本製品を試してみる価値はあります。

さらに本製品はハイバック仕様になっているので、重くなっている頭部をしっかりと支える事ができて、満足しているケースもありました。

そのような椅子になっているので、肩こりや首こりによって、腰にまで悪い影響を与えてしまう方にとって魅力的な椅子です。

悪い口コミ

本製品は座り心地がよくなっている椅子ですが、フローリングの床では椅子がズレてしまうケースがありました。

実際に椅子がズレてしまえば、腰に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

そのため本製品がズレてしまう場合には、フローリングの床にカーペットを敷いたほうが良いです。

もしもカーペットが嫌いな場合には、ホームセンターで販売されている滑り止めを本製品の脚に貼り付けたほうが良いです。

まとめ

本製品は座面が高くなっているだけではなく、高さを調整できるようになっているので、多くの方たちが腰にかかる負担を軽減できるのです。

さらにリクライニング機能も備えている椅子なので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

ただし値段が高い椅子なので、購入するべきか悩んでしまった方は多いかもしれませんが、値段の安い椅子を購入しても腰痛が悪化したら意味がありません。

そのため値段が高くなっていても、腰痛でも利用しやすい本製品を購入してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子