腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高座椅子 一人掛け ソファで腰痛対策!その魅力は立ち上がりやすさ

   

ドウシシャ 高座椅子 1人掛けソファー 座椅子 立ち座りラクラク 座面回転式 グレー LKR-GY

健康体の方であれば、椅子から立ち上がろうとしても、それほど問題がありません。

しかし、腰痛になってしまったら、椅子から立ち上がろうとしたら、腰が痛く感じてしまいます。

所が、数多くある椅子の中には『高座椅子 一人掛け ソファ』のように、腰痛の方でも立ち上がりやすい製品もあるのです。

そこで、椅子から立ち上がる事に辛く感じている方のために、本製品について紹介するので、確認してみて下さい。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

高座椅子 一人掛け ソファの構造

本製品は、腰痛の方でも利用しやすいような構造になっています。

そこで、腰痛に悩んでいる方のために、どのような構造になっているのか紹介するので参考にしてみて下さい。

立ち上がりやすい構造

腰痛の方が、椅子から立ち上がる際に、腰が痛く感じてしまうのは、低い位置から立ち上がろうとしたら腰に負担をかけてしまうからです。

所が、本製品は座面が高くなっているので、立ち上がろうとしても、あまり腰に負担をかけないようになっています。

実際に、本製品の脚部の高さが約20cmもあって、座面の厚みが12cm以上もあるので、本製品の座面は約32cm以上もあるのです。

そのため、座面が32cm以下になっている椅子を利用していて、腰に負担をかけてしまって辛い思いをしている方には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

ハイバック仕様

椅子を利用している事が多い方で、腰痛になってしまうケースもあります。

このようなケースが起きてしまうのは、様々な理由が考えられますが『ハイバック仕様』になっていない事があり得ます。

なぜなら、ハイバック仕様になっていなかったら、頭や肩を支える事ができなくて、首や肩に負担をかけてしまうからです。

実際に、首・肩と腰は背骨でつながっているので、肩や首にも負担をかけていたら腰にまで悪い影響を与えてしまうのです。

所が、本製品は『ハイバック仕様』になっているので、あまり首や肩に負担をかけないで済みます。

ウレタンクッション

本製品は、立ち上がりやすくなっているだけではなく『ウレタンクッション』を採用しています。

このウレタンクッションを採用している事から、底つき感を緩和できるようになっているのです。

実際に、底つき間を緩和できない椅子を利用していたら、お尻が痛く感じてしまうので、姿勢をキープする事が難しくなってしまいます。

実際に、腰痛の方は少しでも腰を動かしたら、腰が痛く感じてしまうのです。

そのため、底つき感を緩和できる本製品を利用していたら、姿勢をキープしやすくなるので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

腰痛の方が抑えるべきポイント

本製品は、腰痛の方でも利用しやすくなっていますが、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておかなければ、本製品を利用しても腰痛が悪化する恐れがあるので確認してみて下さい。

筋力をキープ

腰痛になってしまえば、腰が痛く感じてしまうので、運動不足に陥ってしまいます。

実際に腰痛になったら、安静にする事は重要です。

しかし運動不足に陥って、筋力が低下したら、腰の痛みが改善する事は難しいのです。

なぜなら、腰付近の筋肉は腰を支える働きがあるので、筋力が低下したら腰を支える事が難しくなってしまいます。

そのため、腰痛の症状が少し改善してきたら、軽めの運動(ウォーキングや水中ウォーキング)をして、筋力をキープするようにして下さい。

腰の疲労

椅子に座っている時間が長くなっていたら、腰に疲労がたまっていくので、注意する必要があります。

なぜなら、立っている時は上半身の体重の負担は、両足によって分散されていますが、座っていたら上半身の体重の負担は腰に集中してしまうからです。

そのため、腰を動かす事が辛く感じている場合でも、本製品を利用する際には、1~2時間に1回は立ち上がって腰を休めるようにして下さい。

製品情報の内容

本製品の構造や、腰痛の方が抑えるべきポイントなどを理解してもらえた所で、次に製品情報の内容も紹介するので、参考にしてみて下さい。

本製品のサイズ

腰痛でも利用しやすい椅子でも、部屋に設置するスペースを確保できなかったら、立ち上がりづらくなってしまうので、腰に負担をかけてしまいます。

そのため、本製品を購入する際には、どの程度の空きスペースが必要なのか確認しておく必要があるのです。

それでは、本製品はどの程度のサイズかと言えば、幅66×奥行75×高さ93.5cmになっています。

もしも、ここまでのサイズを確保できていない場合には、家具を移動させる必要があるので注意して下さい。

ただし、本製品の背もたれは前のほうへ折りたたむ事ができて、背もたれの高さを93.5cmから63cmまでにする事ができます。

デザイン性

本製品は、座面がゆるやかなカバーをしている上に、3種類ものカラーバリエーションが用意されていて『デザイン性』が優れている椅子です。

そして、3種類のカラーとは、ベージュ・ブラウン・レッドなどがあります。

ベージュやブラウンは味わいのあるカラーなので、年配の方でも利用しやすいデザインになっています。

そして、レッドは少し暗いトーンになっていますが、少し華やかなカラーになっているので、若い方たちにおすすめのデザインです。

コストパフォーマンス

本製品は、腰痛でも利用しやすくなっている上に、デザイン性も優れている事から、多くの方たちは「値段が高くなっている椅子ではないのか」と不安を感じたかもしれません。

所が、本製品は驚くべき事に低価格な椅子になっていて、楽天市場では税込価格9,800円で購入する事ができるのです(2018年7月25日時点)。

実際に、腰痛でも利用しやすい椅子の中には、100,000円を超えてしまう高額な椅子もあるのです。

それを考えたら、コストパフォーマンスの高い椅子を探している方は、本製品を検討してみる価値があります。

本製品のレビュー

本製品はコストパフォーマンスの高い椅子ですが、実際に利用している方たちが満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで、本製品のレビューも紹介するので、この椅子は購入するほどの価値があるのか参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品は、サイズが大きくなっていますが、軽量タイプになっていて満足している方がいました。

実際に、本製品の重量は、わずか8.5kgなので、腰痛の方でも運びやすくなっています(腰痛の症状によって違いがあるので注意)。

さらに本製品は、ウレタンクッションを採用している事もあって、適度な硬さになっていて、満足している方がいました。

ただし、椅子の硬さに関しては個人差があるので、注意して下さい。

否定的なレビュー

本製品は、少し硬さがあるので、もう少し柔らかい椅子のほうがよく感じる方がいました。

そのため、柔らかい椅子を探している方は注意して下さい。

さらに、本製品は4つの脚で支える事になりますが、この4つの脚の高さが合わないケースもありました。

そのため、本製品は少し安定感が優れていない可能性があるので、気を付けて下さい。

まとめ

腰痛になってしまった方は、椅子を選ぶ際に、座り心地を重視してしまうかもしれません。

しかし、椅子から立ち上がる時には、大きな負担を腰にかけてしまうので、本製品のように立ち上がりやすくなっている椅子を利用する事は重要です。

ただし、本製品を利用している方たちの中には椅子が硬く感じてしまう方もいたので、もしも椅子が硬い場合にはクッションを併用するようにして下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子