腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

1日の大半を椅子で過ごす方のための椅子と腰痛とおすすめチェア4選

   

Bauhutte (バウヒュッテ) ゲーミングチェア RS-800RR-OR レーシング リクライニング 上下左右稼働アームレスト 採用

現代は床から椅子での生活に変わりました。

多くのサラリーマンが会社で椅子に長時間座っての作業をこなし、家に帰っても椅子の上でのお仕事の続きや作業をすることが多いです。

椅子と関係する時間がとても長くなっているのにもかかわらず、正しい椅子の座り方を知らない人が多いです。

今回は椅子と腰痛との関係性をご紹介します。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛の原因

腰回りの筋肉が異常に緊張状態にあると、腰痛が発症するケースが多いです。

そのほかにも、骨盤のズレなどにより引き起こる腰痛もあります。

立っている時だけではなく、人は座っているときにも腰回りの筋肉を使用しております。

長時間、腰に悪い姿勢で椅子に座っていると、腰の筋肉の負担が大きくなります。

このような姿勢が、毎日仕事などで続くと腰が慢性的に凝ってきます。

短期的だと、マッサージなどですぐに治るのですが、長期間のコリはすぐには元には戻りません。

最近のサラリーマンは一日中パソコンの前での仕事が増えてきました。

これにより、1日中椅子に座っている時間が増えます。

正しい姿勢を身につけておかないと、腰痛が悪化し慢性的な痛みに悩まされてしまうことでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

正しい座り方

それでは、正しい椅子の座り方とはどのようなものなのでしょうか?

正しい姿勢とは、姿勢良く立っているときのように、背骨がS字を書いている状態です。

この姿勢を作るためにはまず、腰深く椅子に座り背もたれに背中をぴったりとつけましょう。

そして、骨盤と背骨がまっすぐになるのを意識して、パソコンに向かうなどすると正しい座り方ができます。

初めのうちはこの基本姿勢が崩れてきてしまうので、定期的に座り直したり自分でチェックする必要があります。

椅子に踏ん反り返ったり前のめりになるのを防止する意味でチェックしましょう。

サポートグッズ

座っている時に腰痛になりやすい傾向にあります。

さらに、1日中椅子に座って作業をされている方は、多いのではないのでしょうか?

そのような方達のために、自然と正しい姿勢に矯正してくれる椅子が開発されております。

最もポピュラーなのが、背中にクッションを当てるタイプです。

普通のクッションを背骨のS字に湾曲しているところに押し当てて、背もたれにもたれかかってもいいですが、線のクッションを利用するとあらかじめ背中の形にクッションが加工されておりとてもセッティングしやすくなっているのが特徴的です。

また、ポシェットのような形をしてお腹の前で留め具を止める、クッションの位置がずれないようになっているタイプもあり、椅子を変えても自分の腰にクッションがついてくるのでちょっとした移動が多い方におすすめですし、いちいちクッションの位置をセッティングし直さなくていいというメリットがあります。

さらに、腰痛対策クッションアドも販売されております。

このタイプはお尻の下に引くタイプのもので、表面が凸凹しているのが特徴的です。

この凹凸が腰やお尻の位置を絶妙な位置にセッティングしてくれ、椅子からずれ落ちにくくなる特徴があります。

椅子

クッションなどでサポートして椅子に座ってもいいですが、椅子自体に腰痛予防を考えて作られているものもあります。

腰痛予防をするには、骨盤を固定することが大切だと言われております。

座った時に骨盤と背骨を垂直に保ってくれる椅子がいいと言われております。

こうすることにより、腰や股関節周りの筋肉に過度な緊張がほぐれ、腰痛予防になるとされております。

特に自宅で長時間椅子に座って作業をされる方には、クッションなどでサポートするのではなく、少し値段が張っても椅子自体に腰痛予防のあるものを選ぶことをおすすめします。

普通の椅子と何が違うのかというと、あらかじめ背中の位置がS字にカーブしているものがあります。

先ほどのクッションを背中に当てたような効果が、予め椅子に備わっているのです。

Bauhutte LM-18

Bauhutte (バウヒュッテ) オフィスチェア LM-18 Preciosso 可動式アームレスト ランバーサポート リクライニング 採用

Bauhutteのオフィスチェアをご紹介します。

このオフィスチェアの特徴は、背もたれの調節ができることです。

自分でダイヤルを回して椅子に内蔵されているクッションを上下することにより、体格差のある背中のS字にクッションを移動できます。

これにより、大柄な人から小柄な人まで誰でも腰痛予防ができます。

値段的には中堅クラスで、他にもヘッドレストの位置を移動できたり、アームチェアが上下に移動できるので、自分の心地いいと思う高さへの調節が可能です。

Bauhutte EX-21

Bauhutte (バウヒュッテ) オフィスチェア EX-21 Buffelhaut 水牛本革使用 リクライニング ランバーサポート機能 3Dフィット構造

先ほどと同じメーカーの椅子ですが、こちらは革張りがお好きな方におすすめです。

革張りの中はウレタンフォームで作られておりますので、低反発です。

一度正しい姿勢で座ると、そこからずれにくいという特徴があります。

また、こちらのタイプは背もたれのS字クッションが上下に移動できませんが、背中の位置に低反発のクッションを取り付けることによって、腰への負担を軽減してくれます。

何よりも、本牛革で高級感を求められる方におすすめです。

Bauhutteゲーミングチェア

Bauhutte (バウヒュッテ) ゲーミングチェア RS-800RR-OR レーシング リクライニング 上下左右稼働アームレスト 採用

もっとスポーティーな感じの椅子がお好きな方は、Bauhutteのゲーミングチェアがおすすめです。

こちらは青色や赤色の座面で作られており、どことなくレーシング用の椅子をイメージしたデザインとなっております。

もちろん、腰への負担を軽減するために全身を包み込むような形状に背もたれがなっているのが特徴的です。

価格帯も一番低く、お買い求めやすくなっています。

さらに、腰の両側から背中お押さえつけるような構造になっているので、左右に腰がずれにくいです。

後ろ側への最大傾斜角が40度もありますので、疲れた時に後ろに倒れて仮眠をとることができます。

Bauhutte BM-57 Pro Fit

Bauhutte (バウヒュッテ) オフィスチェア BM-57 Pro-Fit リクライニング 可動式アームレスト ヘッドレスト ランバーサポート採用

こちらはBauhutteモデルの最高峰に位置するオフィスチェアです。

背もたれがメッシュ状の生地でできており、背中をしっかり支えるのと同時に、通気性がいいです。

アームレストもとても柔らかなものを使用しており、座り心地がとてもいいです。

一番大切な腰のサポートクッションも、上下に移動するだけでなく前後にも移動するので、深く座った時や浅く座った時の微調整も簡単に行え、いつでもベストポジションで座る姿勢を保ってくれます。

ヘッドレストもベストな位置にセッティングができ、リクライニングも最大30度まで行えることができるので、リラックスする時も腰がサポートされます。

さらに特徴的なのは、椅子の上下つかさどるガスシリンダーが最高級品を使用していることです。

とても滑らかにセットでき、最大10cm上下に移動することができますので、足の長さやテーブルの高さに合わせることが容易です。

踵と椅子

椅子に座った時に一番いい高さは、踵が地面に完全について、太ももが地面と平行になるか、踵が若干床から浮いている状態が一番いいです。

一番下げた時に踵が地面についていなければ、その椅子は自分の体にあっていないということがいえるでしょう。

今ある椅子でなんとかしたいとお考えの方は、足置き台を購入してきて、踵を台の上に置いてみるのもいいです。

膝の角度が、90度を保つのに無駄な力が入らないように台をセットしてあげましょう。

まとめ

このように椅子と腰痛はとても深い関係があります。

特に長いこと椅子の上で作業をする方は、座り方が大切です。

長時間腰に負荷のかかる座り方をしてしまうと、腰痛がどんどん悪化していってしまいます。

今すぐにクッションや椅子を新調して、座っている時の骨盤の位置や背骨のS字を意識してあげることで、腰への負担が減り腰痛が改善されることでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子