腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

あなたの腰痛はマットレスが原因!?モットンの驚きの腰痛への効果とは?

   

タンスのゲン ポケットコイルマットレス シングル 高密度465個 ホワイト 17800006 01

朝起きてもなんだか体がだるい感じが残ったり、腰が痛くてなかなかベットから起き上がれないという経験はありませんか?

ベットのマットレスなんてどれを使っても同じでしょと思う方もいらっしゃると思いますが、実は数時間の睡眠時間でずっと横になっている体制の時に自分に合ったマットレスを使用しなければなんと腰痛を起こす可能性があるのです。

そんな今腰痛で悩んでいる人達の間で話題になっているモットンというマットレスがあるそうです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛を起こしやすい毎日の生活

仕事

仕事と一言でいっても様々な業種がありますが、例えばデスクワークがメインの方だと椅子に座って腰をかがめてずっとパソコンを見ている姿勢を取りますよね。

そんなずっと同じという姿勢になると体の血行が悪くなることや、座っていても同姿勢だと腰に思いのほか負担がかかってしまい腰痛の原因となります。

また立ち仕事が多い人は体の上半身の体重を腰でずっと支えているので負担がかかりますし、営業マンやトラックドライバーなどずっと運転している人も腰への影響が多いとされています。

家事

毎日当たり前のように行っている家事でも腰痛は起きてきます。

茶碗を洗っていると腰をずっとかがんでいたり、拭き掃除や掃除機、風呂掃除でも同様に腰に負担がかかってきます。

育児

子供ってある程度大きくならないとすぐ抱っこと言われてしまいますよね。

赤ちゃんでも米袋1袋分の重さはありますし、ずーっと長時間抱っこしているとそんな赤ちゃんの体重を支えるために腰は悲鳴を上げています。

介護

人一人を抱えたり、お風呂やトイレの介助をするために支えたりなどでかなりの体重を支えるためにやはり腰への負担は否めません。

ましてやお年寄りと言っても男性で大柄な方だとかなりの体重になりますので、負担はさらに大きくなります。

などなど私たちの日々の生活では腰痛を起こしやすい事柄がたくさんあります。

そんな疲れた体を休めるベくベットでゆっくりと就寝といきたいところですが、間違ったマットレスの選び方をしてしまうと体を休める事が出来なくなるばかりでなく余計に体を疲れさせてしまい腰痛を助長させてしまうことがあります。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

どうしてマットレスで腰痛が起きちゃうの?

マットレスの硬さが柔らかすぎる

フワフワのマットレスって眠りにつくときには気持ちよくてなんだか快眠できそうな感じがしますが、実は体にとっては無理な姿勢になりがちです。

というのもフワフワの柔らかいマットレスだと、寝ている時に胸と腰が知らず知らずのうちにぐんと沈んでしまうため腰に負荷がかかります。

そして一晩に無意識のうちに人は寝返りを何度もしているものなのですが、マットレスに体が沈んだ状態だと上手に寝返りが打てなくなります。

寝返りが打てないという事は体がずっと同じ姿勢なので、筋肉の凝り固まりや血行不良によってさらに腰痛の悪化の原因へとつながるのです。

硬すぎるマットレスも問題

柔らかすぎるのがだめだからと言っても硬ければ良いというわけではありません。

硬いマットレスは胸や腰などベットに接する体の部分をしっかりと支えてくれるというメリットもある一方、その胸や腰のみで体を支えてしまうために部分的に負荷がかかってしまいます。

また硬すぎるマットレスでの寝返りはしやすいのですが、逆に寝返りしすぎて脳が活性化してしまい翌朝の寝起きがなんだかスッキリしなかったりだるさが残ったりという声尾が起きがちなのです。

腰痛を起こさないためのマットレスの選び方とは?

適度なマットレスの硬さ

腰痛が起きる原因としては、マットレスが柔らかすぎても硬すぎても起きてしまう部分的に体重の負荷がかかってしまうという現象を抑えることが必要です。

よって体が沈みすぎず体の重みを腰だけでなく全体的に支えてくれるような「体圧分散」をしてくれる硬さのマットレスを選ぶ必要性があります。

仰向けの時は体全体を適度に沈めて頭、型、腰、お尻、足という数点で体を支えてくれる、寝返りをして横向きの時も同様です。

硬からず柔らからずという感じですね。

ってそんな都合の良いマットレスってあるの?

って感じがしますが、実は腰痛持ちの人達の間で絶大な人気のマットレスがあるのです。

それがモットンなのです。

腰痛持ちの人必見!モットンとは?

高反発マットレスである

腰痛におすすめ 【MLILYエムリリー】マットレス トッパー 優反発&高反発の二層構造 シングル 厚さ5cm

腰痛が起きる原因としては体の一部分のみが沈みすぎたり、一部分のみで支える事によって負荷が1点集中することによって起きるとされていますがモットンはそんな両方の悩みに最適です。

それは高反発という重力で下に沈む力を跳ね返そうとする反発の力があるためです。

よく低反発マットレスという商品がありますが、反発する力が少ないと体がどんどん沈み込んでしまいます。

高反発のマットだと上からの重みに反発するような働きをして体の寝返りがしやすいとされていますが、モットンは普通の高反発マットよりもさらに反発力が高い為すいすい寝返りをしやすく腰痛改善につなげる事が出来るのです。

かといって反発しすぎると寝返りも頻回に起こってしまい、かえって良質な眠りを妨げてしまうのですがモットンは各社のマットレスと比較して寝返りが多すぎず少なすぎずという丁度よい反発力を持っていることもデータとして上げられています。

一番体に最適な自然な寝返りをすることで、筋肉が凝り固まったり血行不良を起こすという事が大幅に軽減されることが期待できますね。

体圧分散

マットレスでの腰痛を軽減するためには体の沈み方を全体的に分散させる必要があり、それを体圧分散といいます。

モットンでは体を均等に持ち上げることによって、体全体で全体重を支える事ができ腰の負担が軽減できるのです。

また方からお尻までが一直線に自然と支えられることによって、正しい姿勢を就寝中も保つ事が出来しっかりと体の疲れを取りやすいとされているのです。

就寝中の腰の痛みや疲れを感じている方には、体にとって最適な高反発で体圧分散ができるモットンはおすすめできますね。

モットンは素材にもこだわっている

耐久性がすごい

マットレスって毎日使うものなので、最初のうちは良いのですが年数が経つとどうしてもへたってきて最初のせっかくの効果が感じられなくなるというものも多いのが現状です。

しかしモットンはなんと8万買い物耐久試験にも耐えている品質を持っています。

これは1分間に60回マットの厚みが半分になるような負荷をかけ続ける事8万回、その後30分間放置してちゃんと厚みが戻るかというちょっと過酷なテストです。

モットンは他のマットレスよりもなんと3倍の耐久性があるというデータが出て、約11年間使用してもへたるのはたった4%弱という計算になったのです。

11年も同じマットレスが使えるならコスパも抜群ですよね。

金額が気になる方にもおすすめできます。

むれにくい

人は寝ている時に無意識にコップ1杯分もの汗をかいています。

モットンは通気性に優れており、さらに汗を上から下へと空気とともに流れやすい構造なので湿気にくくむれにくいのです。

マットレスは全体を洗うという事が出来ないので、むれにくいというのはかなりのポイントではないでしょうか。

さらにダニなども寄せ付けにくいウレタンフォームを使用しているので、肌が敏感な人にもおすすめです。

まとめ

現代人の生活スタイルはどうしても腰痛が起きやすいことが多くなっています。

そんな腰痛を良くも悪くもするのはなんと毎日使っているマットレスも一因になっているのですね。

そんな方には高反発マットレスのモットンは一度試してみる価値がありでしょう。

腰痛が気になる方、寝てもなんだか疲れが取れないという方はまず一度今使用しているマットレスを見直すことが腰痛改善や快眠を生み出すための近道です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団