腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

あり? 無し? まくらなしで眠ることのメリットとデメリット

   

枕 安眠 人気 肩こり 洗える ホテル仕様 高反発 まくら 夏 洗濯可 抗菌 防ダニ ウォッシャブル ピロー (シングル(43X63cm), ホワイト)

まくらは、良い睡眠には欠かせないものだと昔から考えられていました。

でも、近年ではまくらなし睡眠というのも効果的だと言われることがあります。

まくらがないと首がすごく疲れそうな気がしますが、本当にまくらなし睡眠は効果的なのでしょうか?

ここではそんな、まくらなしで眠ることのメリットとデメリットを紹介していきます。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

まくらなし睡眠はストレートネックに効果的

まくらなし睡眠は、ストレートネックと呼ばれる症状の人に効果的になります。

ストレートネックというのは、首の湾曲がなくなり、首を支えることがしづらくなるような症状のことを言います。

たとえばパソコン仕事を普段している人とか、前かがみになりがちな人に多い症状です。

最近では、スマートフォンの爆発的な普及により、ストレートネックの人もすごく増えてきています。

首を支えづらくなると何が問題なのかと言いますと、肩や首のつけねにすごく力が入ってしまうという事です。

という事はどういうことかと言いますと、それによって肩こりや頭痛が起こりやすくなるという事になります。

肩にいつも力が入っていたら肩がこるのは当然のことですし、肩がこっていったら血行が悪くなって、頭に血がめぐりづらくなり頭痛が起こりやすくなるのも当然なのです。

だから、ストレートネックはなるべく改善するべき症状と言えます。

そして、そんなストレートネックに効果的なのが、まくらなし睡眠なのです。

まくらがないから自然と湾曲する

頭の下にまくらがあると、当然まくらで頭の位置は高くなります。

頭の位置が高くなると、ちょうど横から見た時に、前かがみになっているような状態になると言えます。

つまり、まくらがあることにより、ずっとストレートネックのような形でキープされてしまう事があるのです。

もちろんそれはまくらの高さによって変わってはきますが、それでもまくらがないことにくらべると、やはりストレート気味にはなるでしょう。

まくらがないと、完全に頭と体の位置が同じになりますから、首は自然とカーブを描くようになります。

だから、ストレートネックが改善されていくのです。

普段パソコン仕事をしていて、肩が凝りがちだという方には、まくらなし睡眠はすごくおすすめです。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

まくらがないと呼吸が楽になることがある

まくらなし睡眠のもう一つのメリットは、呼吸が楽になるという事です。

もちろんすべての人に対して呼吸が楽になるという訳ではありませんが、まくらがない状態とまくらがある状態では、まくらがない状態の方が呼吸がしやすいという人も多いでしょう。

というのも、まくらがあると、高さによってはのどが絞まったような状態になることがあるのです。

そうなると当然呼吸はしづらくなるでしょう。

また、まくらがあることで顔がやや下向きになると、鼻による呼吸もしづらくなることがあります。

だから、上手く呼吸ができない人も少なくはないのです。

平らな状態では呼吸していることも感じやすい

また、まくらなしで平らな状態で寝ていると、自分が呼吸をしていることも感じやすいです。

何かのテレビなどで、腹式呼吸の練習をしているところを見たことは有りますでしょうか?

腹式呼吸の練習は、寝転がった状態で行われます。

寝転がった状態だとお腹が動くことを感じやすいから、そうやって行われるのです。

それが、平らな状態では呼吸しているのが感じやすいという事を証明していると言えるでしょう。

呼吸していることが感じやすいと、より深く呼吸ができるようになり、よりリラックスすることができるようになります。

つまり、深い眠り、上質な眠りにつきやすくなると言えるのです。

それは、すごく大きなメリットではないでしょうか?

寝返りが打てないのがデメリット

では、まくらなし睡眠のデメリットはどこにあるでしょうか?

まくらなし睡眠の一番のデメリットと言えるのが、寝返りが打ちづらいという事です。

まくらなし睡眠は、どうしても寝返りが打ちづらいです。

というのも、寝返りを打つ際には、頭の下にある程度の高さがないとならないからです。

頭が直接地面についているような状況で横を向こうとすると、首がすごく横に傾いたり、変な風に肩が入ったりするでしょう。

そうなると、当然肩こりに繋がりますし、そもそもそういう状態になれないので、寝返りができなかったりもするのです。

そして結果的に肩こりを引き起こしたりします。

ストレートネックによる肩こりを改善できたとしても、また別のところから肩こりになってしまっていたら、それはまくらなし睡眠をする意味がなくなると言えるでしょう。

普段寝相が悪い人には向かない

ただ、普段からあまり寝返りを打たないという人にはあまり関係のない話でしょう。

普段から寝相がよく、仰向けで寝たらそのまま朝起きた時にも仰向けだというのであれば、寝返りが打てなくても問題ありません。

だから、ストレートネックをなおすためや、呼吸をしやすくするためにまくらなし睡眠をするのがおすすめです。

でも、逆に普段すごく寝相が悪いという人は、きちんとまくらを使って寝た方が良いでしょう。

そうでないと最初は良くても必ず首を痛めてしまいます。

そして、そこで使うまくらも、なるべく寝返りが打ちやすいような、やわらかすぎないまくらを用意するようにしていってください。

頭に血がいきやすくなる

まくらなし睡眠のデメリットとしてもう一つ言えるのが、頭に血が行きやすくなるという事です。

もちろん、頭に血が行くというのは悪い事ではありません。

頭に向かって血がいけば、頭皮に栄養がいきやすくなったりして、髪の毛を早く伸ばしたり、髪の毛をより太くしたりすることにもつながるでしょう。

ただ、それ以上に、頭痛に繋がったりしやすいのです。

血流がたくさん頭に向かっていくわけですから、頭の方で血が詰まってしまうということも出てくるでしょう。

すると当然、頭が痛くなることがあるのです。

もともと頭が痛くなりやすい体質だったりする人は、血管がつまりやすい体質である可能性が高いので、まくらなし睡眠はおすすめできません。

顔もむくみやすくなる

頭に血がいきやすくなることで起こる弊害は、頭痛だけではありません。

頭の方にどんどん血が流れていくのですから、それによって顔がむくみやすくなってしまうことがあるのです。

ドンドン色々なものが流れてくるのですから、そこでその色々なものがとどまってしまっても何ら不思議なことはありません。

そうして顔がむくんでしまうのです。

もちろん顔がむくむくらいは、朝シャワーを浴びたり、色々な方法で解決することができますが、それには当然時間がかかります。

だから、朝早く起きるのが苦手だという方は、そのむくんだ顔のまま仕事に行ったりしないとならなくなることもあるでしょう。

それでいてさらに頭痛も引き起こしていたりしたら、その日は一日元気が出ない可能性も高くなります。

なので、頭の方に血がいきやすくなるというのは、まくらなし睡眠のデメリットだと言えるのです。

まとめ

まくらなし睡眠のメリットはストレートネックや呼吸がしづらいことを改善できるということで、デメリットは、頭痛やむくみにつながったり、寝返りが打てなかったりするという事になります。

今まくらあり生活をしていて特別肩こりなどの不調がないのであれば、そのままで問題ないでしょう。

でももし今肩こりなどの不調があるのであれば、一度試してみる価値はあるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら