腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

まくらが原因で頭が痛い?朝頭痛になりがちな人のための解決法

   

IKSTAR 新世代 人間工学設計 低反発まくら 首・頭・肩をやさしく支える健康枕 いびき防止 頸椎サポート 頭痛改善 肩こり対策 快眠 洗える ピロー

朝起きたら頭が痛い日が何度もある、そういう人も世の中にはたくさんいます。

そういう人が頭痛になる原因の多くは、まくらにあります。

まくらの選び方は、それくらいに人の身体に影響を与えてしまうのです。

だから、すごく重要だと言えます。

そこでここでは、まくらが原因で朝頭痛になりがちな人のための解決法を紹介します。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

頭痛が起こる人は枕が低すぎる

まず、朝頭痛が起こる人は、何故頭痛が起こるのかという事を知っておかないとならないでしょう。

朝頭痛が起こる人の多くは、まくらが低すぎるがゆえに頭痛が起こります。

まくらが低い状態にあると、血液が頭の方に上ったままたまりがちになります。

そうして頭に血が上り、朝起きたら頭痛がしているという事になってしまうのです。

まくらが高すぎるのも良くない

ただ、まくらが高すぎるのでも頭痛は起こります。

低すぎる時には頭に血が上り頭痛が起こりますが、高すぎる時には肩こりがおこって、そこから頭痛が起こるのです。

まくらが高すぎると、肩や首にすごく負担がかかるようになり、肩がこるようになります。

そして肩がこるようになると、それにより血がうまく廻らなくなります。

そのような流れで頭痛が起こるようになるのです。

だから、まくらが高すぎるのも低すぎるのも良くないのです。

では、朝起きたら頭痛がしているという人は、どうしたらよいのでしょうか?

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

高さが3センチくらいのまくらを使う

原因がまくらの高さにあるのですから、朝起きたら頭痛がしているという人がまず見直すべき点は、当然まくらの高さになります。

まくらの高さは、だいたい3センチくらいが平均だと言われています。

だから、まずはそのくらいの高さのまくらを仕入れてみると良いでしょう。

まずはそうした平均的な高さのまくらを使ってみて、それでもなかなか朝起きたら頭痛がするのが治らないというのであれば、そこから微調整をすればよいのです。

3センチのまくらをつかって、朝起きたら肩こりを伴う頭痛があってのであれば、もう少し高さを下げていけば良いですし、もし肩こりは感じず、ただただ頭が痛いだけなのであれば、その際にはもう少しだけまくらの高さを上げれば良いです。

そうして微調整を繰り替えしていかないと、なかなか本当に自分に合った高さのまくらというのは見つかりません。

だから、最初はあまり高いまくらを購入する必要はないでしょう。

あまり高くないいけれどそこまで質は悪くないというような3センチくらいのまくらを仕入れて、そこから微調整を繰り返して適切な高さをまず把握します。

それからその高さと同じ高さの質の高いまくらを仕入れていけば完璧です。

体格や首の太さによって変わってくる

平均的なまくらの高さは、だいたい3センチですが、首の太さや頭の重さは人によって違います。

首が太かったり体格が良かったりする人は、多少高いまくらの方が頭痛がしなくなる可能性は高いでしょう。

なぜなら、体格や良い人や首が太い人は、その重さで最終的にはまくらが沈んでいくからです。

そうしてまくらが沈んでいくのですから、当初予定していたまくらよりも枕の高さが低くなっていきます。

なので、買う段階からある程度高いまくらを買うのが正解なのです。

逆に、首が細かったり、体格があまり太くなかったりしたら、まくらが沈む距離もその分だけ短くなります。

だから、むしろ平均よりも低いまくらを買うくらいでちょうど良い可能性は高いと言えるのです。

まくらの下にタオルをひいて眠る

朝起きたら頭痛がしている人は、まくらの下にタオルをひいて眠ると良いでしょう。

まくらの下にタオルをひくと、その分だけまくらが高くなります。

だから、頭に血が上ることが無くなっていき、頭痛の原因を無くしていくことができるようになるのです。

タオルであれば、誰でも持っているでしょうから、直ぐに対応することができますし、高さの調節もすごく楽になります。

新しくまくらを買い替えるという方法以外にも、こういう方法もあるのです。

この方法の利点は、直ぐに対応できてかつお金がかからないという事だけではありません。

それは、この方法であれば体調によってまくらの高さを多少いじることもできるという事です。

まくらが原因の頭痛は、体調によっても起こります。

つまり、いつもと同じ高さで寝ていても、なんとなく体調が良くない日などには、そのまくらの高さが高すぎたり低すぎたりすることがあるのです。

しかし、タオルでの対処法であれば、どのような状態でもしっかりと体調に合わせたまくらの高さを設定することができます。

なので、常に頭痛をケアすることができるでしょう。

タオルは高すぎる時にも使える

タオルは、実はまくらが高すぎる時にも使える万能アイテムです。

まくらが高すぎて肩こりが発生して頭が痛くなってしまうというのは、肩と頭の距離が高すぎるから起こります。

つまり、タオルを肩の下に入れて、肩の高さを少しでもまくらの高さに近づけてあげれば、それだけで頭痛がおこらないようになることもあるのです。

そうして肩の下にタオルを入れてまくらの高さをカバーするのであれば、そこで使うタオルはなるべくやわらかいタオルを使うことがおすすめです。

あまり固いタオルだと、どうしてもあまり寝心地が良くなくなります。

そうして今度はそれが原因で肩こりが起こり、それによって頭痛がおこってしまうという事もあります。

そうなったら本末転倒なので、タオルはなるべくやわらかいものが正解なのです。

肩までフィットするまくらを使うのもアリ

まくらが原因で頭痛がおこっているという方は、肩までフィットするタイプのまくらを使うというのもアリでしょう。

まくらの中には、ただ頭を支えるだけではなく、肩まで支えてくれるようなタイプのものがあります。

そういうものを使っていけば、肩から頭までの高さを自然と適切なものにしてくれるので、まくらが原因での頭痛を防ぐことができるようになるでしょう。

ただしこういうまくらにも欠点はあります。

値段がなかなかする

それが、値段がなかなかすると言うことです。

そもそも普通のまくらとは多少形状も違いますし、素材ももちろん普通のまくらとは違います。

だから、ある程度のお値段がするのは仕方がないと言えます。

だいたい安くても1万円以上はしてくるでしょう。

高いものであれば2万3万するものもあります。

ただしそれだけの価値はあることも多い

ただし、当然それだけの値段を払うのですから、それだけの価値があることも多いです。

毎朝の頭痛から解放されていくと、それだけ朝スッキリ起きることができるようになるでしょう。

朝スッキリ起きる事が出来るようになれば、それだけ朝の時間を有意義に使う事が出来るようになります。

なので、その時間を使って何か行動を起こすことも可能になるでしょう。

それが仕事であれば、その高価なまくら分くらいのお金を生み出すこともできるようになるかもしれません。

一度の投資でそれができるのですから、やはり高い金額を払うだけの価値はあることが多いと言えるでしょう。

まとめ

まくらが原因で頭痛がすると言う人は、まくらの高さを3センチのモノにして微調整をしていくか、まくらの下や肩の下にタオルをいれてみるか、肩までフィットするタイプのまくらを使用してみてください。

そして、毎朝の頭痛から解放されて、快適な朝を手に入れていってください。

今は頭痛にも耐えられているかもしれませんが、これが何かの病気を誘発することもあるかもしれません。

なので、早めに対処した方が良いです。

腰痛の方におすすめなのは高反発マットレス「モットン」

高反発マットレス「モットン」
詳細はこちらから

モットン

高反発マットレス「モットン」の詳細記事はこちらにまとめていますので参考にして下さい。

腰痛の方にはこのマットレスがおすすめですね。

とにかく、快適な睡眠を実現することを重視したマットレスで、朝起きると腰が重い・だるいという方に特におすすめです。

90日間のお試し期間がありますので、じっくり試して自分に合うマットレスかどうか判断できるのもうれしいところです。

公式サイトでは、現在20000円引きのキャンペーンを行っていますので、楽天やAmazonで買うよりかなりお得です。

詳細はこちらから

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら