腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ニトリのまくらはリーズナブルで機能的

      2016/10/31

screenshot_6

まくらといってもいろいろなものがあります。

見た目はどれも同じように思えますが、素材や形など微妙に違っているため自分の体にあったものを使う必要があるでしょう。

ニトリのまくらは種類も豊富ですし値段もリーズナブルなものがそろっていますので、いろいろと試してみるといいかもしれません。

自分にあったまくらを見つけられそうです。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

リーズナブルで求めやすい

ニトリの商品はどれもリーズナブルなものが多いですが、まくらもそのうちの1つでしょう。

比較的求めやすい価格となっていますので気軽に買い替えなどができのではないでしょうか。

安い物だと500円くらいから売られていますので、ちょっと思いついた時でも新しいものと交換できそうです。

また高価なものだと1万円くらいのものもあります。

それぞれ機能面なども違いますので、素材や高さなども含め自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

安くても丸洗いできるものもありますし、必要な機能を絞って探せば安くてもいいものが見つけられるかもしれません。

用途に応じていくつか買いそろえてみてもいいでしょう。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

素材によって硬さも違います

柔らかい素材

ニトリでは様々な素材を扱っていますが、それによってまくらの使い心地なども違うため特徴なども知っておいた方がいいでしょう。

例えば柔らかいまくらがよければ、ポリエステルやマイクロファイバー、羽毛などがおすすめです。

ポリエステルは以前からよく使われており通気性もよく扱いやすいのが特徴です。

またマイクロファイバーは丸洗いできるため常に衛生的に保てるでしょう。

羽毛はふんわりとして頭全体を包み込むような使い心地で、とても優しいのが特徴でしょう。

普通の素材

特にまくらの素材にこだわりがないという場合は、低反発ウレタンや高反発ウレタン、極小ビーズなどがおすすめでしょう。

低反発ウレタンは反発力が少ないためじんわりとした沈み込みをするのが特徴です。

また高反発ウレタンに関してはやや硬めに感じるかもしれませんが、寝返りが打ちやすく体に負担もかかりにくいでしょう。

極小ビーズに関してはとても肌触りがよく、寝心地がいいのが特徴です。

硬い素材

硬めの素材がいい場合は、パイプや立体メッシュ、そばがらがおすすめです。

パイプは通気性がいいので衛生的ですし立体メッシュは適度な弾力性が寝心地をよくしてくれます。

そばがらについてはアレルギーなどの心配もありますが、そうでなければ自然素材で体にも優しいでしょう。

抗菌、消臭効果

ニトリのまくらでは抗菌、消臭加工がされているものもあります。

人間は寝ている間にたくさんの汗をかきますが、それによりまくらにも菌が繁殖してしまったり嫌な臭いがでてしまうこともあります。

少しでもそうした事を防ぐためにもまくらに抗菌や消臭加工がされていると助かるのではないでしょうか。

特にまくらは顔に一番近い場所にありますので、衛生面では気になっている人も多いでしょう。

菌が繁殖していると思うと安心して眠れないかもしれませんし、臭いがあったりするとそれだけでも寝つきが悪くなってしまう事もあります。

寝不足で次の日に影響が出ても困りますし、やはりまくらはいつでもいい状態を保っておきたいと思うでしょう。

丸洗いするのも一つの方法ですが、まくら自体に抗菌、消臭加工がしてあるとお手入れの面でもとても助かりそうです。

常に清潔に保ちたいや小さな子どもがいる場合もおすすめかもしれません。

高さは3段階

ニトリではまくらの高さ“低、中、高”の3段階に分けていますので、この中から自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

また単に高さだけで選ぶのでなく、寝方なども含めて考えていくといいようです。

一般的に寝る時の理想的な姿勢は、起きている時のまま横になることと言われています。

体の線がまっすぐになり首や腰に負担をかけないようにすることが一番ですが、そのためには寝る時の姿勢とまくらの高さが重要なポイントになってきます。

このバランスが悪いと首だけが高くなったり、背骨が歪んで腰が沈み込んだりしてしまいますので注意が必要でしょう。

ニトリの場合はこうしたそれぞれの姿勢に応じてまくらの高さを3段階にわけてくれています。

例えばうつぶせ寝に適しているのは“低”、仰向け寝に適しているものを“中”、横向きには“高”という風に寝方によって高さを考えつくられているため、それらを参考に選んでみるといいでしょう。

自分が普段どういった寝方をしているのかを思い出し、それに適したものを探すだけとなっています。

誰でも気軽に自分にあったまくらを見つけることができますので、効率よく選ぶ事ができそうです。

首回りをしっかりと支える

ニトリのまくらの中には首回りをしっかりと支えてくれるものもあります。

まくらが前後で高さが違うようになっているため、ちょうど首のあたりがささえられ寝心地をよくしてくれます。

これにより首に負担がかかったりすることもなくなりますし、腰の沈み込みを防ぐことができるでしょう。

人間はどうしても頭が重たいため、それをうまく支えなければいけませんが、まくらによっては体のバランスを崩してしまう事もあります。

首がしっかりと支えられないと気道をふさいだり肩こりや腰痛を引き起こしたりすることもありますので、首回りのサポートはとても役に立つでしょう。

自分で高さの調節ができる

まくらでも高さが調節できるものもあります。

普通まくらを購入する際は自分にあった高さを見つけなければいけませんが、実際に使ってみると合わなかったという事も少なくありません。

中には買い替えるのがもったいなくてそのまま我慢して使っている人もいるのではないでしょうか。

その点ニトリのこのまくらなら、途中でそういった事に気が付いても高さ調節ができるためとても便利です。

調節方法もとても簡単で、ファスナーをあけてパイプの量を変えるだけですので思いついた時にいつでもできるでしょう。

またこのほかにもシートを挟み込むことで高さが調節できたり、まくらを4分割して細かく変えていけるものもあります。

自宅で好きなように調節ができるというのはとても嬉しいのではないでしょうか。

自分に合った高さがイマイチよくわからないという場合はこちらのまくらだと失敗もないので安心かもしれません。

自分仕様にまくらを調節しておけばいつでもぐっすり眠れ、疲れも吹き飛びそうです。

まるで一流ホテル

ニトリにはホテルのような寝心地を追求したまくらもあります。

ダウンを使用し、いつまででも寝ていたくなるようなふんわりとした肌触りのまくらに仕上がっていますので、ちょっとしたホテル気分を味わえるかもしれません。

自宅にいても寝具だけはこだわりたい、ちょっとよそ行きがいいという人にもおすすでしょう。

疲れている時にふわっと包まれるような感じがあるとそれだけでも癒されるのではないでしょうか。

自宅でもホテルのような感覚を味わえますので、1つもっておくといいかもしれません。

まとめ

ニトリのまくらはリーズナブルなだけでなく機能的です。

安価で購入できるものもあるためちょっと買い替えたい時などには便利でしょ。

また高さが自由に調節できるものもありますので、高さ選びに迷った時は便利かもしれません。

使いながら高さを調節することができるため、自分だけのオリジナルのまくらにすることができるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら