腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

出産で腰痛に悩まないために!骨盤ベルト装着のススメ

   

ダッコ dacco 産後用骨盤ベルト キュッとベルト 着用感 標準タイプ フリーサイズ(ヒップ87cm~105cm) 1枚入

妊娠すると、お腹が日に日に重くなって、腰痛がつらくなってきたという方が多いですよね。

産前産後は多くの人が経験する腰痛。

腰痛を悪化させないためには、骨盤ベルトを使うのがおすすめです。

でも骨盤ベルトっていつからどんな風に使ったら良いのか、いまいちわかりにくいですよね。

そこで骨盤ベルトの正しい使い方を詳しく解説します!

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

妊娠するとどうして腰痛がひどくなるの?

出産時は赤ちゃんの通り道を作るために骨盤が最も大きく開きます。

骨盤が大きく開く準備をするため、妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

「リラキシン」は関節を柔らかくする作用があり、骨盤が開きやすくなるのです。

しかし、近年の女性は妊娠する前から生活習慣によって骨盤が開いている傾向にあるため、ホルモンの影響を受けると、骨盤が必要以上に開きすぎてしまうのです。

骨盤が開きすぎると筋肉のバランスがどうしても崩れてしまいます。

今まで負担がかかっていなかった部分に力がかかるようになるため、腰痛がひどくなりやすいのです。

特に妊娠5か月以降は、お腹が膨らんできて腰への負担が増えます。

運動もしづらくなるため腰痛が悪化しやすいのです。

骨盤が開きすぎると、腰痛だけでなく尿漏れや足の付け根が痛んだりと体のあちこちに不具合が生じますし、産後にも痛みを引きずってしまいます。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

妊娠中に骨盤ベルトを使うメリットは?

骨盤ベルトは妊娠中に開きすぎた骨盤が閉まるように矯正します。

腰に余計な力がかからなくなるため、腰痛を軽減してくれます。

そして骨盤ベルトはママの体を楽にするだけでなく、赤ちゃんのためにもなるのです。

骨盤ベルトを締めると下からお腹が支えられます。

赤ちゃんがお腹の中で安定し、逆子になるのを防いでくれます。

骨盤が開きすぎていると、赤ちゃんが下にさがってしまい、切迫早産の危険性が高くなりますが、骨盤ベルトを着けると子宮の位置が安定します。

骨盤ベルトを使うことは、大切な赤ちゃんを守ることにつながるのです。

妊活中も使ったほうがいいの?

妊娠する前から骨盤の歪みを矯正しておくことは、妊娠するために大きなメリットがあります。

普段から足を組むクセがあったり、長時間座っていたり、ヒールを履くことが多かったりといった、日常生活の中でついやってしまう習慣で骨盤は歪んでしまいます。

骨盤の歪みは、冷え性やむくみ、生理痛などさまざまな症状を引き起こします。

骨盤が歪むと、内臓の位置がずれて、子宮を圧迫する可能性があります。

子宮内の血液循環が悪くなると、子宮が冷えて不妊症の原因になってしまいます。

赤ちゃんはポカポカ温かいお布団のような子宮に宿ります。

そんな理想的な子宮にするために骨盤矯正は欠かせません。

骨盤ベルトは赤ちゃんを授かりたい女性にとっても、強い味方なのです。

妊娠中はいつから使えるの?

骨盤を開きやすくする「リラキシン」というホルモンは、妊娠初期から分泌され始めます。

骨盤が開きすぎると子宮を正しい位置に保つことができず、赤ちゃんに十分な栄養が行き届かない可能性があります。

骨盤が正しい位置にあると、子宮に十分な血流が行きわたり、赤ちゃんにとって居心地のよいポカポカのお布団のような子宮になり、順調に成長することができます。

そのためには、骨盤ベルトはできれば妊娠初期から使うと良いでしょう。

ただし妊娠初期は多くの方がつわりで苦しむものです。

ベルトを締めて圧迫感を感じると、つわりが悪化する可能性もありますので、無理をせずつわりが落ち着いてから使いましょう。

骨盤ベルトはどんな種類を買えば良いの?

骨盤ベルトにはいろいろな種類があります。

形だけでも、ベルト型、ショーツ型、腹巻型などさまざまです。

普段の腰痛に使うタイプのものだと妊娠中は使えない可能性がありますので、間違えないように注意しましょう。

値段はピンからキリまでありますし、高いからといって自分に合うかどうかは分かりません。

選ぶポイントは、装着しやすく、ムレにくく、動いてもズレにくいものです。

圧迫感が強すぎると、不快感で吐き気が強くなってしまったりもします。

骨盤ベルトはマタニティグッズの中では、買っても失敗しやすいグッズです。

長時間身に着けるものですし、大切な赤ちゃんに影響を与えるものなので、買う時にはしっかりと吟味する必要があります。

簡単に着けられるものか、ムレて肌荒れはしないか、緩すぎたりしないか、買う前にきちんと試着して納得できるものを買いましょう。

どうやって使ったらよいの?

あまり緩すぎると効果がありませんし、締める場所を間違えると、お腹の赤ちゃんを圧迫してしまいます。

骨盤ベルトの使用方法はメーカーによって違いますので、説明書をよく読んで正しく使いましょう。

とはいえ、イラストと説明文だけじゃよくわからないものですよね。

残念なことにあまり説明が詳しく書いていない商品もあります。

そんな時「なんとなくこれでいいかな」と自分の勘に頼るのはやめた方がいいです。

買う前に直接店員さんに尋ねて、しっかりと装着方法を把握したうえで購入しましょう。

または妊婦検診などで助産師さんに相談する機会があったら、骨盤ベルトを持って行って実際に使い方を指導してもらうのがおすすめです。

安産祈願の腹帯と骨盤ベルトの違いは?

妊娠5か月目に入った最初の戌の日に行く安産祈願。

昔から安産祈願には腹帯を巻くというしきたりがありますよね。

安産祈願に腹帯を持参すると祈祷してくれるため、準備しておく必要があります。

腹帯は昔はさらし布でしたが、毎日巻くのは大変なので、今はオシャレな腹巻タイプのものやガードルタイプのものなど色々な種類があります。

腹帯は子宮を温めて、大きなお腹を支え赤ちゃんを守るものですので、骨盤ベルトと同じような効果があります。

神社によっては、昔ながらのさらし布しか受け付けないところもありますが、基本的にはどんなものでも祈祷してくれます。

わざわざ腹帯を用意する必要はなく、普段使っている骨盤ベルトを持って行っても差し支えないでしょう。

産後はいつから使えば良いの?

産後の骨盤矯正はできるだけ早く対策を取らないと、後々困ることになります。

骨盤は、出産したあとおよそ半年かけてゆっくりと元に戻っていきます。

しかしその間に足を組んだり、骨盤が開くような女の子座りをしてしまうと、骨盤は元に戻りづらくなってしまいます。

骨盤の歪みを放っておくと、冷えやむくみが生じやすく下半身太りの原因になります。

下半身にぜい肉がついてしまうと、なかなか取れにくいですよね。

産後はできるだけ早めに、しっかりと骨盤を整えることが大切なのです。

育児中も使えるの?

育児中は、赤ちゃんの抱っこやおんぶで腰痛が悪化しやすくなりますので、骨盤ベルトは大いに役に立ちます。

骨盤ベルトによって腰が安定すると、長時間の抱っこもそれほどつらく感じないでしょう。

ぜひお子さんが大きくなるまで、骨盤ベルトを長く使い続けてみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?

骨盤ベルトがいかに産前産後に欠かせないものかお分かりいただけたでしょうか?

正しく使うことができれば、メリットはさまざまあります。

腰痛に苦しむ前に、まずは自分に合った骨盤ベルトを探してみましょう。

できるだけ快適なマタニティライフを送り、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんを迎えましょう。

そしてきれいなママでいるためにも大切なのは、お化粧よりも骨盤のケアです。

骨盤ベルトはきっと産後だけでなく育児中にも大活躍してくれる相棒になりますよ!


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト