腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

妊娠中のつらい腰の痛みににおすすめの骨盤ベルトって?

   

トコちゃんベルトII(M)+直後ケアベルトの【ダブル巻きセットM】紺色

妊娠するとお腹の赤ちゃんが成長するにつれてママのお腹はどんどん大きくなってきますよね。

赤ちゃんの健やかな成長はもちろん嬉しいのですが、妊娠期が進むにあたって腰痛が辛いと感じるママも実は多いのです。

お腹が大きくなるとどうして腰が痛くなるのでしょうか、またそんな腰痛に悩むママの為にはどんな骨盤ベルトをすると良いのかを考えてきましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

1.そもそもどうして妊娠中腰痛は起きるの?

ホルモンの変化

妊娠中は赤ちゃんの成長と出産に向けて非妊娠時とは比べ物にならないほどの体内でのホルモン変化が起こっています。

特に出産に備えて赤ちゃんが降りてきやすいように股関節や周囲の筋肉を緩める働きをするリラキシンというホルモンが出ており、さらに出産時にはおよそ3キロにもなる赤ちゃんと羊水などを支える事がママにとっても負担がかかって腰痛を引き起こすのです。

運動不足

妊娠中は妊娠前に比べて体調を気遣いあまり激しい運動をする人って少ないですよね。

さらに妊娠後期になると歩くだけでも息が切れたり、臨月になるとお腹がつかえて靴下すら満足にはけないなど日常生活さえままならない程動く範囲は制限されます。

なので妊娠中は思いのほか運動不足になり腰を支える筋肉が細くなり、また血行が悪くなったりという事が重なり腰痛が起こりやすくなります。

体系の変化

目に見えてお腹が大きくなるほどその大きなお腹を支える為背骨が湾曲してきます。

どうしてもいつもより背骨に負担がかかってしまい、腰痛という形になるのです。

以上のように妊娠中はホルモンのバランスや、運動量の変化、お腹が大きくなるという要因で腰痛は起きているのですね。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

2.効果的なケアってあるの?

冷えから体を守る

冷えは体の巡りを滞らせ血行不良を導いてしまい、腰痛の原因となってしまいます。

特に下半身の冷えは大敵なので、普段から足が冷たいなと感じている人は靴下を履いたりゆっくりお風呂につかるのも良いでしょう。

妊娠中はのぼせやすい方も多いので、心地よい温度のお湯で長風呂は避けましょう。

また体を温めるスープを飲んだり、料理にしょうがやネギなどを使用して体ポカポカを目指しましょう。

楽な姿勢をとる

大きなお腹はどうしても姿勢が悪くなりがちです。

そこで辛いなと感じているときは無理せず横になったり、抱き枕を使用して楽な姿勢をとるなど心がけましょう。

シムス位と言われる体の左右いづれかを下にして横になって、上の足を軽く折り曲げ前に出す姿勢は腰にはもちろんママも楽な姿勢なのでおすすめです。

ヨガなどの軽い運動をする

妊娠中の運動不足を解消におすすめなのがマタニティヨガです。

お腹が大きくなってもとれるヨガの姿勢は、正しい姿勢をとることができたり筋肉を軽く鍛えることができます。

その他マタニティスイミングやウォーキングなども良いでしょう。

適度な運動は妊娠中のリラックスにもなりますよ。

運動をする際は必ず主治医に確認しましょうね。

などなど腰痛予防や改善には普段からできることがたくさんあるようです。

それ以外にもおすすめしたいのが骨盤ベルトです。

3.骨盤ベルトって効果があるの?

出産に向けて骨盤を開かせるリラキシンというホルモンが出ている状態なので、ママの骨盤は普段よりユルユルになっていますのでそんな骨盤をしっかりと固定させてあげることで腰痛を軽減することができると言われています。

そこで外側から骨盤を固定させてあげるのに効果的なのが骨盤ベルトなのです。

骨盤ベルトってお腹が大きくなってからというイメージを持っている人も多いと思いますが、妊娠初期からリラキシンは分泌されているので初期からの着用がおすすめです。

もちろん初期以降の中期や後期もさらにリラキシンは分泌されますし、どんどん大きくなるお腹を支えるためにも骨盤ベルトは必要といえますね。

それではどんな骨盤ベルトがおすすめなのでしょうか?

4.おすすめの骨盤ベルトって?

先輩ママさん達にも愛用者が多く、なんと産院でもおすすめされているのがトコちゃんベルトです。

腰痛で悩んでいるママや、切迫で日常生活が困っているママさんにもおすすめしている産院もあるほどです。

トコちゃんベルトはお尻をすっぽりと進みこむような形状で、下からググッとママの骨盤を支えてくれます。

トコちゃんベルトの使い方は?

トコちゃんベルトII(M)+直後ケアベルトの【ダブル巻きセットM】紺色

使い方としてはまずトコちゃんベルトの片端をベルトを穴に通して輪にします。

その輪に足を通してお尻の下くらいまで上にあげます、この時転倒などしないように椅子や床に座った状態で行いましょう。

そしてベルトの太い部分がお尻にしっかりと当たるように位置を調整します。

そして指2本位が入る隙間を残してベルトの長さを調節して、マジックテープを止めましょう。

この時骨盤をしっかりと支えるようにベルトの上下を調節することを忘れないようにしましょうね。

正しくつけなければ効果は薄まる

トコちゃんベルトのつけ方は慣れるととっても簡単なのですが、正しく着用しないと骨盤を支える効果が出なくなってしまいます。

初心者は産院や販売店で教えてもらうことをおすすめします。

トコちゃんベルトのサイズはS~LLまでの4サイズそろっていますので、どんな体系の方でも付けることができるでしょう。

どのサイズが合っているかも産院や販売店で確認すると良いでしょう。

気になる使用感は?

実際トコちゃんベルトを使用している人からは、「骨盤がしっかりと固定され守られている感じがして、腰痛がだいぶ楽になった」「妊娠後期になるにつれてお腹が大きくなって腰も痛いし歩くのもしんどかったが、トコちゃんベルトをしてからスタスタ歩けるようになった」「切迫気味と言われて使用したけれど、気づけば無事に出産を迎えることができた」なんて声も出ているようです。

妊娠期特有の腰痛にはトコちゃんベルトを使用してみる価値ありですね。

5.骨盤ベルトは妊娠中だけ?

産後の骨盤ケアも重要!

出産という大掛かりな仕事を終えた後は骨盤を緩めるリラキシンは出ないし、お腹も引っ込むからもう骨盤ベルトもいらないのかなと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それはNOです。

まず出産後すぐは産道を赤ちゃんが通ってきて骨盤は開ききった状態になります。

出産後すぐベットを移動してくださいと言われても、腰がガクガクして歩けないというママさんも多いのです。

その為出産後すぐから開ききった骨盤を支えてまず歩くために骨盤ベルトはとっても強い味方になります。

さらに開いた骨盤が元に戻るのを助けてくれ、産後の体系の戻りも良くするという嬉しい効果も期待できます。

さらに産後の新生児のお世話では抱っこする場面がとても多くなり、気づけば1日赤ちゃんを抱っこして終わったなんてこともざらにあります。

小さいと言っても3キロ前後ある新生児をずっと抱っこしていると体に負担もかかりますし、もちろんママと赤ちゃんの体重を支える腰にも大きい負担がかかります。

その負担軽減にも骨盤ベルトは有効であると言えますね。

まとめ

妊娠中のママのマイナートラブルとして多い腰痛は、辛くて普段の生活もままならない方もいたりマタニティブルーの原因にもなってしまうものでもあります。

そんな時に巻くだけで腰痛を軽減できる骨盤ベルトはそんなママにとっても強い味方になってくれますね。

妊娠期はもちろんですが、産後にも使用できる骨盤ベルトは1人1本持っておくと安心ですよ。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 全件