腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

快適な睡眠をとるにはまくら選びが重要だった

   

枕 洗濯できる 清潔・お手軽 洗えるまくら HST-P117  【ハルカスタイル】

睡眠は毎日とりますが、睡眠の質によっては体に大きな影響があります。

自分にあったまくらを選ぶことで睡眠の質が上がる一方で、合わないまくらを使うと体調を崩す恐れもあります。

まくらはそれほど自分たちの体に多きな影響を与えているのです。

睡眠の質を上げて快適な睡眠をとるためには、どのようなまくらを選べばいいのでしょうか。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

快適な睡眠にはまくら選びが重要

毎日の睡眠の質によっては、健康的な生活が送れるか送れないかが決まるほど、睡眠の質はとても重要なものです。

まくらの選び方によっても、快適に睡眠がとれるか決まるほど重要な要因のひとつです。

まくら選びが重要な要因として、睡眠中は無意識のうちに寝返りをしたりします。

快適に寝られる場所を選ぶ時に、まくらが自分に合っていないとスムーズに寝返りがうてません。

またまくらの高さによっては、寝ている時の姿勢や気道の確保などにも影響があります。

快適な睡眠をとりたい人におすすめなのが、自分がしっくりくるようなまくらを選ぶことです。

市販のまくらは種類も豊富ですが、それだけちょっとした微妙なまくらの変化でも、睡眠の質に大きく影響するということです。

睡眠は毎日とるものなので、快適な睡眠をとる為にもまくら選びはとても重要な要素となります。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

肩こりの原因はまくらが高すぎることが原因

毎日何となく使っているまくらですが、ほとんどの人は違和感なく寝ています。

それは毎日使っていることで、まくらに慣れてしまっているからです。

しかし本当に自分にあったまくらかは分かりません。

日本人の多くは肩こりに悩まされていると言われますが、その原因のひとつにまくらの高さが関係しているかもしれません。

まくらが高すぎると頭と背骨が無理な態勢となり、寝ている間でも肩や首筋に余計な力が入った状態になります。

睡眠は毎日平均して8時間近くとるので、余計な力が首筋や肩に入ったままの姿勢で何時間も寝ていることになります。

これでは起きた時に肩が張ったりして、肩こりになる可能性も高くなります。

寝ようとする時はまだ意識があるので、どこかしら力を入れているものです。

しかし睡眠時には体の力が抜けるので、寝る前に丁度良かった高さでも、力が抜けたとたんに体の部位に負荷が掛かる姿勢になることもあります。

もしも慢性的な肩こりに悩まされている人は、まくらの高さを確認することをおすすめします。

頭痛の原因はまくらが低すぎることが原因

まくらが高すぎると肩こりに悩まされますが、低いと頭痛の要因にもなります。

寝ている時にまくらの高さが低いと、頭の高さが心臓よりも低い位置にきてしまいます。

寝ている時に頭に血が上った状態になり、そのまま数時間寝ていれば、起きた時に頭が痛いと感じるでしょう。

血液の流れは心臓よりも低い位置にあると溜まりやすいので、寝る時は頭の位置は心臓よりも高い位置にあることが大切です。

心臓よりも低い位置に頭がると、顔がむくんだりするのも頭に血が上ったことが要因です。

まくらの高さは微妙な違いによって、快適な睡眠をとれますが、逆に体調を崩してしまう要因にもなりかねません。

睡眠は毎日のことなので、自分に合った寝やすい高さを探して寝ることが大切です。

理想的なまくらの高さ

まくらの高さは高すぎても、低すぎても体調を崩す要因となります。

理想的なまくらの高さは人によってそれぞれ違います。

基本的には立った時に姿勢で、そのまま寝られるのが理想的なまくらの高さです。

ポイントはまくらをして寝た時に、頸椎が自然なカーブを描けるかが重要です。

仰向けに寝た時に頸椎のが自然なカーブを描くことで、首に余計な力が掛からずにリラックスできます。

仰向けだけでなく横向きも寝返りをうつことがあるので、確認することが大切です。

横向きになる時に無理な力を入れなくても、自然に横向きに慣れるのが理想的なまくらの高さです。

質の高い睡眠をとるには、寝返るをうつ時に目が覚めない事が大切です。

浅い睡眠の時に目が覚めやすくなりますが、この時無意識のうちに体に力を入れて寝返りをうつと、目が覚めやすくなります。

自然に力を入れずに寝返りがうてれば、体はリラックスした状態なので、そのまま睡眠を続けることができます。

毎日数十回は寝返りをうつのが当たり前だと言われています。

睡眠の質を高めるためにも、力を入れずに寝返りがうてるまくらの高さが理想です。

理想的なまくらの選び方

理想的なまくらの選び方のひとつに、首筋とまくらの間がに隙間がないのが理想的なまくらです。

どうしても首筋とまくらの間にすき間があると、ちょっと動く時にも余計な力を入れて支えなければなりません。

重い頭を支えている首筋には、相当な力が必要になります。

特に睡眠中は体がリラックスした状態になっているので、隙間のある部分を支えることで一部の筋肉だけに変な力が入ってしまいます。

隙間があることで首が不自然な形で曲がった状態になり、筋肉も緊張しているので快適に寝ることはできないでしょう。

どうしても首筋に隙間ができる人におすすめなのは、クッションやタオルを使って、隙間を埋めるようにしましょう。

隙間がなくなることで安定感が出るので、楽に眠れるように感じるはずです。

寝返りのしやすさはまくら選びの基本

寝返りがしやすいまくらを選ぶことは、快適な睡眠をとるには必要不可欠な要素です。

まくらの高さによって寝返りのしやすさが変わりますが、枕の硬さやサイズも重要です。

寝返りをうつ時には頭の位置が寝返りをうった方向にズレます。

まくらの大きさが小さいと、寝返りをうった時にまくらから頭が落ちてしまい、結果として寝にくくて目が覚めてしまうでしょう。

まくらの硬さも重要で、柔らかすぎるまくらは寝返りをうつ時に、力を入れなければ寝返りがうてません。

まくらの硬さとサイズにも注意して選びましょう。

まくらの素材と肌触り

睡眠の質を高めるには、違和感のある感触や肌触りでは寝むれません。

お気に入りの肌触りは人それぞれ感覚が違うので、自分に合ったものを選びましょう。

まくらには多くの人がまくらカバーをつけます。

種類も豊富ですし肌触りだけではなく、素材もたくさんあります。

素材はまくらの硬さにも影響があるので、選ぶ時には実際に寝て確かめるようにしましょう。

市販のまくらが合わない時の対処法

まくら選びはとても重要なものですが、なかなか自分にピッタリなまくらを選ぶことは難しいものです。

購入した時はピッタリだと思ったのに、いざ使っていると違和感が出てくることもあります。

まくらは安価な物から高価な物まで種類も豊富です。

高ければ良いという物ではなく、自分にピッタリが枕を選ぶことが大切です。

どうしても市販のまくらでしっくりくるものがなければ、バスタオルを使って自分にピッタリな高さのまくらを使いましょう。

バスタオルを何回か折って高さを調整すれば、理想的なまくらの高さを作ることができます。

しかもバスタオルの厚みは数ミリ単位で調整できるので、自分にピッタリな高さを常に調整できるのが利点です。

まくら選びは値段ではなく自分にピッタリな物を選ぶことが、睡眠の質を高めることにつながります。

まとめ

睡眠の質を上げるためには、まくら選びはとても重要です。

毎日数時間の睡眠を快適にするために、自分にあったまくらを選ぶことが大切です。

体調と睡眠には密接な関係もあるので、健康的に生活するためにも質の高い睡眠をとるようにしましょう。

まくら選びは睡眠の質を上げるためには必要な物なので、自分にピッタリなまくらを選んで快適な睡眠を目指しましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら