腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

毎日使うものだから、自分にぴったしまくらの選び方

   

%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%89-2

まくらとの付き合いは切っても切れないものです。

毎日必ず使うものだからこそ、しっかり丁寧に自分にぴったり合うものを選んで、上質な快適睡眠ライフを手に入れましょう。

今まで自分は快適に睡眠できていると思っていても、思い切ってまくらを変えてみたら、人生さらに変わるかもしれません。

そのためにも自分が何を必要としているのか、まくらの特徴をよく知るのはまくら選びの大事な一歩です。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

まくらとは?

まくらの事を、たかがまくらだと思っていませんか?

まくらはまくら、されどまくらです。

人の睡眠時間は平均6~8時間と言われています。

ということは、大体人生の3分の1はまくらと一緒に過ごしているわけです。

睡眠はわたしたちにとって、とても大事なライフサイクルのひとつです。

人は眠っている間に、その日1日の疲れを取り、次の1日のためにエネルギーを蓄えます。

まくらは実際の意味で人を支え、1日の疲れを癒してくれる非常に重要な役割を担っているのです。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

不眠の原因

不眠が続くと本当に辛いものです。

会社でのストレスや人間関係の悩み事、家庭内での問題など精神的な要素も多々関係してきますが、体という実際の外的な要素を考えてまくらを変えてみる事で、眠りの質が大きく改善されたという方は大勢いらっしゃいます。

まくらの高さの違い、素材の違いなど、ほんのすこしの違いで、あなたの熟睡度に大きな違いが出てきます。

まずは自分がなぜ不眠なのか原因を突き止めましょう。

人の首とまくらの形

まくらを選ぶとき、まずは固めか柔らかめか、好みが分かれます。

それは人によって首や肩の位置が異なるためにそれぞれの体位にかかる負担が異なる事、また寝返りをうつ回数ももちろん人それぞれ違います。

それでどんな姿勢でも眠りやすいまくら、それは寝返りをうって寝る姿勢が変わった時にでも肩や首に負担が最小限になる、負担がかかりにくいまくらという事です。

それで自分の体にぴったり合ったまくらを使って眠ると、朝起きた時に首肩のコリを感じず、目覚めの良い快適な1日をスタートできるわけです。

まくらの中身は意外と大事

まくらの中材をわざわざ開けて見る人はほとんどいません。

でもこの知られざる中材選びは意外と大事な部分です。

実はまくらの中材は多種多様なものです。

パイプチップ(ポリエチレン)、合繊わた(ポリエステル)、コルマビーズ(ポリエチレン球)、ソバガラ、フェザーなどがあります。

物が違えば弾力性の違い、感触の違い、通気性も違うため、温度にも違いが出てきます。

特に眠りが浅い人にとっては、睡眠中に自分がうった寝返りの時の音でさえも気になってしまうものです。

このまくらの中材をしっかり確かめることで、音の違いまで自分で選ぶことができるんです。

それから、上は冷やして下は暖めるというように、まくらがひんやりとしている事で快適に眠れるという研究結果も出ています。

ひんやり素材を選ぶことも、快適睡眠に近づく一歩になります。

まくらにもある使用期限

まくらは毎日使うものですので、やはり消耗品です。

頭や首周辺から出る汗、そして汗と一緒に分泌される皮脂など、毎日知らず知らずのうちに少しずつ溜まっていくものです。

まくらカバーを付けて、カバーを定期的に洗っていたとしても、中身のまくらには見えない菌がたくさんいます。

見えない分こわくない、でも逆に言えば菌と一緒に寝てるなんてぞっとします。

ですから天気のいい日には太陽の光でしっかり殺菌しましょう。

それに、通気性がよく、丸洗いできる中材のまくらもあります。

面倒に思わず、思い切ってまくらの丸洗いに挑戦してみましょう。

それでも完全に殺菌は難しいものです。

せっかく高いまくらを買ったので、買い替えはもったいないという気持ちも分かります。

でも、これは消耗品、毎日こんなに使わせてもらったからとさらに思い切り、気持ちを割り切って、新しいまくらにして清潔な夜をお過ごしください。

この清潔感も眠りを快適にする秘訣の一つです。

自分に合うをどうやって知る?

インターネットで少し検索すればたくさんの口コミ、おすすめが出てきます。

下調べとしてこれらを活用するのはとても良い事ですが、でもやはり一番のおすすめは、最近リラクゼーションルームとして流行りのまくら専門のお店や、逆に昔ながらの商店街などにある布団屋さんへ実際に足を運んでみて、恥ずかしがらずに横にならせてもらい、つまり自分が普段寝るのと同じ姿勢になって、実際に試してみることです。

その場へせっかく行ったのに、ちょこっと触って、上から体重かけて押してみても弾力性をちょっと感じるくらいで、全くなんの意味もありません。

眠りの悩みは誰でもあるものです。

お店の方も専門知識を持っておられますし、しっかり相談に乗ってくれます。

本当に自分に合うまくらを探すためには、恥ずかしがらずにぜひ勇気を出して行動あるのみです。

必ずこれだと思う満足のいく、あなたにぴったしのまくらが見つかるはずです。

思わぬ発見もあり

いろいろなまくらを試してみても、なかなか自分に合うのが見つからないという方におすすめの、必見の方法があります。

それは自分の普段使っているまくらの上に、畳んだバスタオルを置いてその上から寝てみてください。

意外といつもより気持ちよく感じるかもしれません。

普段使っているブランケットがまくらの上にのっていて、そのままバタンキューと横になった時に、ふわふわ気持ちいいと感じた、すーっと眠りにつけたという経験をしたことはありませんか?

また発想の転換で、まくらは必ず必要と思っていても騙されたと思って、何もなしで寝てみてください。

あら不思議、眠りやすいと思う方もいます。

タオルをくるくる丸めて首の下にフィットさせて眠る、この方法が自分には合うという方もおられます。

自分にぴったり合うまくら選びも、何気ないことをふとやってみた時に、良いひらめきが出てくるのと同じです。

まくらはこういうものだ、自分はこうだと決めつけずに、柔らかい頭でまくら探しをするのが、自分にぴったり合うまくらを見つける近道です。

ぜひいろんなアイデアを試してみてください。

見つけてください!自分だけの愛用まくら

意外とまくらについて、友達との普段の会話の中では話題になったりしないかもしれません。

でも、まくらはみんなが毎日使っているものです。

これはみんな共通する話なので盛り上がる事間違いなしです。

今度お友達と集まってお茶する時、会社の昼休みに同僚と、自分の愛用のまくらについてぜひ話題にしてみてください。

そうしたら、あなたが以前抱えていたのと同じ悩みを持っている人が意外にたくさんいるかもしれません。

それに前悩んでいたけれど今では眠りが改善できているという、あなたよりも上手の先輩方がいるかもしれません。

情報交換というのは大事なものです。

気軽にまくらについて話題にして、自分だけの愛用まくらをぜひ見つけてください。

もしお友達の役にも立てたならもっと嬉しくなりませんか?

まくら仲間を見つけてみんなで楽しく、まくら探しもいいかもしれません。

まとめ

上質な睡眠には、まくらの選び方はもちろん、眠る前にする事、眠りやすい光など細かな要素が関係してきます。

ぜひ自分にぴったしのまくらを見つけたら、生活スタイルを改善して、お部屋の雰囲気も変えてみたりして、良い眠りの環境を作ってみてください。

ぜひ上質な快適睡眠を手に入れて、昼間も夜もずっと快適ライフを送りましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら