腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

産後だけじゃない!骨盤ベルトは妊娠中にもおすすめ!

   

ワコール Wacoal 骨盤サポートベルト 産前・産後兼用 M BL MGY620 妊娠中から出産後まで 入院準備にも

出産後は骨盤が緩み、体型が崩れてしまうことが多いというのは広く知られています。

そんな時に出産前の体型を取り戻すための必須アイテムとも言えるのが骨盤ベルトです。

しかし、実は骨盤ベルトは妊娠が分かったその瞬間から着用することがおすすめされているのです。

妊娠中から着用するとどんな良いことがあるのかということをご紹介します。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛に悩む妊婦さんは多い

妊娠をすると腰痛に悩む人が多いのですが、その原因は主に2つあります。

ひとつはホルモンの変化です。

妊娠をすると、骨盤のじん帯を緩ませる働きのあるホルモン「リラキシン」の分泌が盛んになります。

出産のときに赤ちゃんが骨盤を通りやすくするためには必要なことなのですが、じん帯の緩みは腰痛を引き起こすことがあります。

これはじん帯が関節を支える役割を担うからで、その支えが不安定になってしまうとその周りの筋肉に負担がかかり痛みにつながっていきます。

リラキシンは妊娠初期から分泌されるため、早い段階から腰痛を感じる方も少なくないのです。

ふたつめの原因は姿勢の変化にあります。

お腹が大きくなってくると、自然と腰を反らせたような姿勢になりやすくなってしまいます。

重心のバランスをとるために自然とそのような姿勢になるのですが、この姿勢は骨盤の傾きへも影響しますし、腰椎や腰を支える筋肉にも大きな負担をかけてしまいます。

それが腰痛を引き起こすことがあり、その痛みは足の付け根やお尻の痛みにまで範囲を広げてしまうこともあります。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

意外とつらい恥骨痛

腰痛は妊婦さんだけでなく、かなり一般的な症状と言えます。

妊娠中には特有の痛みもあり、それが「恥骨痛」です。

私自身も妊娠して初めて知ったものでしたが、妊娠初期に腰痛を感じるよりも前に恥骨の痛みを感じました。

その原因は、腰痛と同じようにじん帯の緩みが関係していて、もともと腰痛を持っている方や恥骨に出っ張りがあったりする方に多いそうです。

もとから骨盤に歪みなどがあると、妊娠初期の子宮の急激な成長で恥骨結合部が開きやすく、恥骨痛が起こりやすくなります。

妊娠9か月頃からは、大きくなった子宮の重みで恥骨が圧迫され、多くの妊婦さんが痛みを感じるようになり、臨月にはその痛みがピークに達します。

骨盤ベルトは痛みを軽減してれる

長い妊娠生活中、そんな腰痛や恥骨痛にずっと付きまとわれるのは非常につらいものです。

骨盤ベルトは骨盤矯正するものというイメージが強いですが、妊娠中にはそんな痛みを和らげるためにも便利なアイテムなのです。

骨盤を外側から支える事で筋肉への負担を軽くすることができるので、腰痛や恥骨痛を改善してくれます。

妊娠前から腰が弱い方や姿勢が悪い方にもおすすめです。

お腹の赤ちゃんにも優しい骨盤ベルト

とはいえ妊娠中に骨盤ベルトをして大丈夫なのか、赤ちゃんが苦しかったりしないのかなどの不安がある方もいると思います。

私も妊娠初期にそんな不安がありました。

でも実は、産婦人科でもおすすめされることがあるくらい赤ちゃんのためにも良いことがあります。

骨盤が必要以上にゆるみ過ぎてしまうと子宮が下がってしまい、お腹の赤ちゃんを圧迫したり、早産などのトラブルが起こりやすくなります。

骨盤ベルトはそのゆるみ過ぎを防ぐ効果もあるのです。

子宮が上がると赤ちゃんが正しい姿勢で育ちやすくなり、逆子の予防にもつながります。

骨盤の歪みは難産の原因にもなる

妊娠中に骨盤が広がってしまう、歪んでしまうのは仕方のないことだからと思うのは危険なことかもしれません。

骨盤が歪んでいると難産になりやすいと言われているのです。

難産は自分が苦しいだけでなく、赤ちゃんへの大きな負担になります。

だからこそしっかりと妊娠中から骨盤のことを考えることが大切です。

特にもともと骨盤が歪んでいる方は骨盤ベルトを積極的に取り入れることをおすすめします。

産後のためにも早めの使用がおすすめ

女性にとって妊娠・出産にまつわる大きな悩みのひとつと言えるのが、産後に体型が崩れてしまうことだと思います。

お尻が大きくなる、下腹がポッコリしてしまう、下半身太りなど悩みは尽きないけどなかなか戻りにくいというのが本当に大変です。

その原因はゆるみ過ぎた骨盤にあります。

つまり妊娠中に骨盤ベルトでゆるみ過ぎを予防しておくことで、産後の体型の崩れも予防できるということです。

ゆるんだまま放置してしまうと腰痛や恥骨痛などの痛みが産後も続いてしまうこともあるそうです。

ゆるみ過ぎてしまう前に着用を開始することをおすすめします。

骨盤ベルトの選び方

骨盤ベルトと言っても様々な種類のものがあります。

腰痛改善のためのものやダイエット目的のもの、産後の骨盤矯正のためのものなどたくさんの商品があります。

購入の際には必ず「妊娠中にも使える」というものを選んでください。

間違ったものを選んでしまうと子宮を圧迫してしまう可能性もあります。

妊娠中にも使える商品はたくさん出ていますので、あとは症状によって決めるのがいいと思います。

ただし、まずは産婦人科で相談してからの使用をおすすめします。

おすすめの骨盤ベルト

たくさんある中から今回は3つのおすすめ商品をご紹介します。

トコちゃんベルト

骨盤ベルトと言えば「トコちゃんベルト」と言っても過言ではないほどの大人気商品です。

人気があるだけでなく口コミでの評価もかなり高い骨盤ベルトの代表です。

種類も豊富なので目的や症状によって自分にピッタリのものを見つけることができます。

公式サイトにはどのベルトがいいかを分かりやすく選べるページもあります。

実際に私もそれを参考に「トコちゃんベルトⅡ」を購入しました。

付け方は最初少し難しいと感じましたが、慣れれば大丈夫です。

妊娠初期から悩まされていた腰痛と恥骨痛どちらもかなり楽になりました。

付けていると支えられているなという安定感があり、気持ちがいい感じがします。

やはり人気のある商品なだけあります。

産前産後骨盤ベルト for マタニティ&ママ パワフルギアF

もともとはただの腰痛対策用だった「パワフルギア」が妊娠中や産後に使用することにこだわって改良された商品です。

トコちゃんベルトと比べるとよりしっかりと締め付けられるのが特徴です。

二本のベルトで調節がしやすく、付けたらズレにくい「ズレ防止加工」も嬉しいポイントです。

骨盤ベルトは長時間付けているとどうしてもムレてきてしまうのですが、この商品はメッシュ生地になっているのでムレにくく、夏場などにもおすすめです。

キューズベリーの骨盤ベルト

この商品の一番の特徴は「おしゃれ」ということです。

骨盤ベルトは服の中に着用するのが一般的ですが、こちらは服の上からでもおしゃれに使えるように本革を使用したデザイン性の高いものになっています。

もちろん見た目だけでなく機能にもこだわっていて、バックルを支点にして締めるという他の商品にはない珍しい作りになっています。

これにより使いやすく、抜群の安定感とフィット感を実現しています。

2か所にゴムが使用されているので、動いた時の適度な伸縮性はかなり快適です。

普通のベルトと同じ要領で使える簡単さも有難いです。

まとめ

妊娠はたくさんの変化があり、身体的にも精神的にもつらいと感じることが多いものです。

骨盤ベルトはそんなつらさを軽減してくれるアイテムです。

しかし巻くだけで安心というものではなく、筋肉が固くならないように適度な運動も大切です。

産婦人科の先生に相談しながら運動も取り入れて健康な体と心を保つことが、楽しいマタニティーライフを送るコツだと思います。

せっかくの妊娠ですから、楽しく過ごせることを願っています。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト