腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

産後の骨盤ベルトは、やっぱり必要だった

      2016/12/03

産後に骨盤ベルトは、よく聞きます。

出産時に開いてしまった骨盤は、すぐには戻りません。

半年くらいかけて元の位置に戻りながら閉じていくものです。

一度開いてしまった骨盤が簡単ではなく自然に元の位置に戻るのはとても困難なことです。

放っておいてしまうと、骨盤のゆがみ、腰痛や下半身太りの原因になってしまいます。

なので、積極的に骨盤矯正ベルトを導入して体形を戻す努力は必要になります。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

スポンサーリンク

教えて!産後、骨盤ベルトって本当に必要?

骨盤は、身体の中心部に位置しているので、体全体を支えるとても重要な骨になります。

身体の軸ともいえる骨盤です。

女性が、妊娠、そして出産を経験すると、ホルモンの影響で出産しやすい体になるために骨盤が緩み、産後は開いた状態になります。

開いた骨盤は、徐々に閉じていきますが、骨盤が不安定なこの時期には、腰痛などトラブルもとても起きやすくなっています。

また、正しい位置に戻れば良いのですが、歩き方や姿勢の影響で開きぎみになったまま閉じてしまったり、歪んだまま固定されてしまったりと正しい位置に戻すのは簡単ではありません。

特に、子育て中は、抱っこや授乳などで普段とは違った姿勢になることも多いので、その分リスクも高くなってしまいます。

骨盤が開いたままになったり、歪みが出てしまったりすると、骨盤周辺の血流や水分代謝も悪くなってしまうので、むくみが出やすくもなります。

代謝が悪くなれば、脂肪燃焼が上手にできなくなるので、太る原因にもなります。

更には、骨盤が開くことで内臓の位置も変わり、下がってしまうために下腹がぽっこりになる可能性も高くなります。

また、骨盤が歪んでると全身のバランスが崩れ悪くなるので、身体にも負担がかかり、肩こり・冷え・腰痛などにもつながることがあります。

このように、女性にとって骨盤の歪みは積極的にケアをする必要があるのです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

スポンサーリンク

骨盤ベルトの使用期間

いつからはじめたらいいの?

入院時に病院から準備用品の一覧にに、「骨盤ベルト」が入っているところも多いものです。

これは骨盤ベルトの種類にもよりますが、出産直後から使用できる骨盤ベルトもあります。

その代表的な骨盤ベルトの1つが「とこちゃんベルト」です。

これは、産科でもおすすめしている1つです。

普通分娩の場合では、産後すぐに使用できるケースが多いのですが、帝王切開の場合には注意が必要になります。

ベルトが傷口に当たってしまうこともありますので、その場合には助産婦さんに相談してからの使用するといいでしょう。

いつまでつけたらいいの?

産後、すぐにつけ始めた骨盤ベルトですが、どのくらいの期間つけていたらいいか、疑問に思います。

ずっと、つけていたほうが効果が長く続くような気がしますが、それは間違いなことです。

女性は妊娠すると、リラキシンと言われるホルモンが分泌されます。

リラキシンは、骨盤や身体の筋肉や靭帯を緩める作用があり、体を緩めることによって、赤ちゃんを産道から通りやすくしています。

リラキシンは、産後2~3日で分泌がなくなっていきますが、リラキシンの影響は産後2カ月くらいまで残ります。

つまり、産後は骨盤だけでなく、筋肉や靭帯も緩んでいることになります。

緩んでしまった骨盤を固定するためにも、骨盤の矯正は、産後すぐから行い、少なくとも産後3カ月は、骨盤を固定するために骨盤ベルトをつけることをおすすめします。

そして、いつまでも骨盤ベルトをずっとし続けることで、骨盤が骨盤ベルトに頼ってしまって、筋肉が衰えてきてしまう事になります。

ですが、急に外しても体への負担が大きいので1カ月半経過ごろから、少しづつ使用する時間を減らして短くしていきます。

骨盤ベルトは、あくまで歪んでしまった骨盤を支えるためのものなので、続けてはいけません。

長くても3カ月程度で使用をやめるようにしましょう。

骨盤ベルトの効果

骨盤ベルトをつけることによっての1番の効果は、骨盤の安定と出産前の正しい位置に戻りやすくなることにあります。

それにより血行も良くなり、基礎代謝がアップし、腰や尾てい骨の痛みの軽減や改善、そして産後のお尻やぽっこりしてしまった下腹の体型の改善など、健康的で痩せやすい体作りに効果的です。

骨盤ベルトの選び方

サイズ

まずは、骨盤の周囲をメジャーで計測して、自分の合ったサイズの骨盤ベルトを選ぶようにします。

例えば、妊娠中の体重の増加が8kg以下であれば妊娠前のサイズで、8kg以上の方でしたら、ひとつ大きいサイズを選ぶと産後すぐから使いはじめることができます。

ベルト本体に伸縮性のあるものや、面ファスナーがついていて、サイズの調節ができるものであれば、体系の変化に応じての対応ができるので安心です。

素材

骨盤ベルトは、常に見につけていることで効果が得られます。

ですので、身につけたときに違和感のない素材や固さのものを選ぶようにしましょう。

固い骨盤ベルトの場合、サポート力が高く骨盤をしっかりと締めてくれるのですが、動作がしにくいというデメリットもあります。

逆に、柔らかい素材の骨盤ベルトの場合には、肌にフィットするし外見にもひびきにくいなどというメリットがありますがその反面、骨盤を締める力もソフトで矯正力が弱い場合もあります。

それぞれの特徴を考えたうえで、自分に合った骨盤ベルトをみつけます。

選ばれる産後の骨盤ベルトとポイント

トコちゃんベルト

産後はもちろおん、思春期の成長期の頃から使えると、幅広い年齢で使用できる骨盤ベルトです。

骨盤を前から後ろにしっかり支え、緩みを回復されてくれます。

医学的な根拠に基づいての設計で、産後するから着用を推奨している産院が多いことも信頼できる骨盤ベルトです。

ワコール 産後骨盤ベルト

日本の助産師会と女性下着メーカーで有名な大手のワコールが共同開発した骨盤ベルトです。

幅広いストレッチゴムとヒップの丸みに沿った立体設計で、ずれにくくて快適なつけ心地です。

伸度の違う二重のベルトがついているので、締めやすくて、強度の調節がしやすいので、人気のある骨盤ベルトです。

素材も柔らかくて、ほどよい締めつけ感も好評です。

犬印本舗 産後骨盤ケアベルト

マタニティウエアでも有名なトップブランドの犬印本舗の骨盤ベルトは、産後するに使用することができます。

サイドのテープで締め具合を調節でき、自分の体調や好みにあった適度な締めつけ感を維持することができます。

お腹部分は、細めにつくられていて、座ったときにもズレにくくなっているのもおすすめなポイントです。

肌に当たる部分が綿でできているので、つけ心地も快適です。

ストレスを感じずつ気軽につけられます。

ピジョン 骨盤サポートベルト

こちらは、助産師さんとベビーメーカーで有名なピジョンの共同開発によって作られた骨盤ベルトです。

本体ベルトで固定して、外側の補助ベルトで締め具合を調節するといったダブルベルト式です。

なので、無理なく確実に着用が可能です。

サイドのベルトの先の丸さは、めくれにくくするための工夫です。

伸縮性があって、お腹部分の素材も柔らかいので、無理なく体にフィットして動きやすくなっています。

まとめ

骨盤ベルトの目的は、産前の体系に戻したい、と言う気持ちからつい骨盤ベルトに頼りがりになってしまいます。

でも、間違った使い方をしてしまっては意味はなく、効果が得られなくなってしまいます。

自分にあった骨盤ベルトを選んで、快適に確実に矯正することが大切です。

きちんと使用方法も確認し、医師や助産師に相談して、正しい骨盤ベルトを使用しましょう。

腰痛の方におすすめなのは高反発マットレス「モットン」

高反発マットレス「モットン」

モットン

高反発マットレス「モットン」の詳細記事はこちらにまとめていますので参考にして下さい。

腰痛の方にはこのマットレスがおすすめですね。

とにかく、快適な睡眠を実現することを重視したマットレスで、朝起きると腰が重い・だるいという方に特におすすめです。

90日間のお試し期間がありますので、じっくり試して自分に合うマットレスかどうか判断できるのもうれしいところです。

公式サイトでは、現在20000円引きのキャンペーンを行っていますので、楽天やAmazonで買うよりかなりお得です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - コルセット・ベルト・サポーター