腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

産後は骨盤ベルトを使うべき? それともニッパーを使うべき?

   

screenshot_6

産後の便利アイテムとして人気がある骨盤ベルトとニッパー。

いったいどちらを使うべきか分からないという女性は多いのではないでしょうか。

産後骨盤ベルトを使うメリットとデメリット、ニッパーを使うメリットとデメリットについてまとめてみました。

帝王切開で出産した場合は、骨盤ベルトとニッパーのどちらがいいのかも併せてご紹介します。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

産後に骨盤ベルトを使うメリット

産後に骨盤ベルトを使うメリットは、産後の母体の回復を早めることが出来ることと下半身太りを解消する効果が期待できること。

女性に多い下半身太りですが、その原因は骨盤が広がっていることです。

もともと太っていないのに、下半身のサイズだけ上半身より大きめなんて女性は骨盤の開きが疑われます。

産後は赤ちゃんが出てくるために骨盤が柔らかく変形しやすい状態にあるので、骨盤ベルトでしめてあげれば下半身太りを解消できるというわけです。

おすすめの使用時期は、産後1カ月から半年の期間です。

この期間を過ぎると骨盤が閉まりにくくなってしまうので、骨盤がしまりやすい産後半年以内を目安に使用するようにしましょう。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

産後に骨盤ベルトを使うデメリット

産後に骨盤ベルトを使うデメリットは、装着したからと言ってボディラインが綺麗になるわけではない事。

産後すぐはお腹がポコッと出た状態なので、洋服を着た時に恥ずかしいと感じている女性は多いです。

ニッパーであれば、洋服の下に着用するとお腹のポッコリをカバーすることが出来ます。

しかし、骨盤ベルトは骨盤の歪みを防止するのが目的なので、装着したからといって見た目カバーできるわけではありません。

根本的な部分で歪みを取るものなので、ニッパーのように装着時してすぐに効果が目に見えるということはないのです。

今すぐ体形を綺麗に見せたい!

という産後の女性には、産後骨盤ベルトは不向きです。

産後にニッパーを使うメリット

産後にニッパーを使用するメリットは、手軽にボディラインを整えることが出来ること。

産後すぐは赤ちゃんのお世話で忙しく、自分のダイエットに集中する時間はありません。

また、無理な運動をすると母体に無理がかかって産後の回復が遅れてしまうことも懸念されます。

産後ニッパーを使用すれば、たるんだ腹部を一時的に引き締めて見せることが出来ます。

装着するだけで筋肉がついたり、体重が減るというものではありませんが、上から洋服を着てしまえばだれにもわかりません。

ちょっとお出かけしたいときにも、洋服の下にニッパーを装着しておけば腹部がスッキリして見えるのがメリットです。

ボディラインが綺麗に見えると、外出するのも楽しくなりますし、ボディメイキングを頑張ろうという意欲も生まれます。

産後ニッパーは、産後の女性が自信を取り戻すためにも便利なアイテムです。

薄手のタイプなら洋服を着用しても目立ちにくいですよ。

補正力の強い厚手のものは洋服から透けてしまうこともあるので注意してください。

産後にニッパーを使うデメリット

産後にニッパーを使うデメリットは、柔らかくなった骨盤が変形してしまう可能性があることです。

ニッパーでウエスト部分を占めると、その位置にあった内臓が押し込まれます。

産後の女性は腹筋が弱くなっていることや骨盤が開きやすいことがあって、お腹の下の方に内臓が落ちてしまいやすいのです。

そうなると、骨盤が変形したり、下っ腹がポッコリ出てしまうということになります。

産後ニッパーをつけると洋服のラインは綺麗に見えますが、骨盤が歪んでしまうかもしれないというデメリットがあります。

帝王切開の場合は骨盤ベルト?それともニッパー?

帝王切開で赤ちゃんを出産した女性は、お腹の傷が気になりますよね。

産後ニッパーだと、お腹の記事を覆うような感じになってしまうので装着することが出来ません。

完全に傷が治ったように見えても、ニッパーを巻くと圧迫されて痛みがぶり返してしまうこともあります。

帝王切開の場合は、お腹の傷口に触れにくい骨盤ベルトを使うといいかもしれません。

骨盤ベルトには背中を大きくカバーするタイプと、骨盤の上のみを締める細いタイプの2種類があります。

帝王切開の傷が気になる時は、細いタイプを選んでみてください。

また、一刻も早く使用したいと思うかもしれませんが、産んだ直後からすぐに使用するのはいけません。

帝王切開は手術を行ったのと同じ扱いになりますから、傷口が完全に回復するのを待ちましょう。

完全に傷の状態が回復して、医師からOKが出てから使うようにしてくださいね。

まとめ

産後骨盤ベルトを使うのか、ニッパーを使うのかは目的に応じて変わります。

どちらか一方に偏るのではなくて、状況に応じて使い分けてもいいかもしれませんね。

いずれにも共通しているのは、小さいサイズのものを買いすぎないこと。

早く引き締めたいからといってサイズの合わないものを買うと、窮屈で続けられなくなってしまうのでご注意ください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト