腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

骨盤の歪みや腰痛は自転車が原因?

   

%e8%85%b0%e7%97%9b

腰痛になる原因として骨盤の歪みなどもありますが、それには姿勢なども大きく影響しているでしょう。

特に自転車は普段から利用する人も多いですが、乗ってるうちにいつの間にか骨盤や腰に負担をかけている場合もあります。

自転車の種類や乗り方にもよっても違いますが、腰痛がこれ以上悪化しないようにすることが大切でしょう。

腰痛・骨盤矯正用おすすめ骨盤ベルトランキングはこちら

スポンサーリンク

自転車で腰痛が悪化することも

自転車といえば体にいいというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ウォーキングなどと同じように、サイクリングを楽しんだり健康維持のために取り入れている人もいるでしょう。

外気に触れ体を動かしていると気分転換にもなります。

また自転車は日常の移動手段としても使っている人が多いため、生活に欠かせない物になっている場合もあります。

どちらにせよ自転車は体を動かすためとても健康的なイメージがあるのではないでしょうか。

そのため積極的に取り入れている人もいるでしょう。

ただ自転車によっては体に負担をかけてしまう場合もありますので注意が必要でしょう。

特に腰痛で苦しんでいる場合は自転車の種類や姿勢などには気を付けなければいけません。

それによっては腰痛が悪化してしまう事もありますので、乗る姿勢なども含め少し見直しが必要になってきそうです。

腰痛・骨盤矯正用おすすめ骨盤ベルトランキングはこちら

スポンサーリンク

骨盤は固定されていない

人間の骨盤は上半身と下半身に挟まれるような感じで真ん中に位置しています。

また骨盤は筋肉に支えられるような形でそこにあるため固定されていません。

歩いたり体を動かしたりする際は捻じれたりしながらバランスをとっていますが、ちょっとしたことで歪みなど生じてしまうため普段から姿勢などに気を付ける必要があるでしょう。

自転車を漕ぐことはそれほど悪い事ではありませんが、問題は座る時です。

自転車のサドルはだいたいどれも小さい場合が多いですが、安定も悪くそれがちょうど骨盤の中心部分を押し上げるような形となってしまいます。

そのためせっかく上半身と下半身のバランスをとっていた骨盤を下から突き上げるようになりバランスも崩れます。

骨盤に歪みが生じ結果として腰痛になってしまうでしょう。

ママチャリは姿勢よく

自転車といってもいろいろなものがありますので、それによって体にかかってくる負担も違ってくるでしょう。

例えば一般的な自転車、いわゆるママチャリなどは乗る姿勢自体それほど問題はないかもしれません。

ハンドルが割と高い位置にありますので、サドルの高ささえ気を付ければ大丈夫でしょう。

また座る時の姿勢もなるべくまっすぐの状態を保てば、腰や骨盤への負担も軽減できます。

サドルからくる骨盤の歪みはありますが、自転車の中でもまだ安心して乗れるのではないでしょうか。

腰痛がある人でこれから自転車に乗るという場合はママチャリがおすすめかもしれません。

スポーツタイプは前傾姿勢で腰に負担がかかりやすい

自転車でもスポーツタイプのものになると体にかかってくる負担も大きくなります。

サドルに対してハンドルの位置が低くなるため自然と前傾姿勢になってしまうでしょう。

腰が常に曲がった状態となるため負担がかかってしまいます。

またスポーツタイプの場合は、サドルもママチャリと比べて小さい場合が多いのではないでしょうか。

クッションがついているものもありますが、サドルが小さいとそれだけ体重も集中しますし、骨盤に対する負担も大きくなり歪みも生じやすくなるでしょう。

スポーツタイプだからといって必ずしも体にいいというわけではありません。

腰に不安を抱えている人は特に気を付ける必要があるでしょう。

スポーツタイプは見た目もかっこいいためつい乗りたくなりますが、前傾姿勢は腰にも負担がかかりやすいです。

腰痛で自転車に乗る際は自転車のタイプにも注意したほうがいいでしょう。

自転車に乗るほうが痛みが和らぐ場合

腰痛でも自転車に乗っている時の方が楽という場合もあります。

自転車と言うと腰に負担がかかりそうと思っている人もいるかもしれませんが、腰痛の種類によっては乗っている時の方が楽に感じる場合もあります。

自転車にのって腰の痛みが和らぐという場合は、背骨が原因となっていることが多く、ヘルニアなどが疑われるでしょう。

同じ腰痛でもちょっと前傾姿勢になるくらいのほうが痛みもないため体も楽です。

腰痛といってもいろいろな種類のものがありますので、自分がどういうタイプに属しているのかしっかりと把握しておくことも大切でしょう。

乗り過ぎに注意

自転車に乗る場合はできるだけ姿勢に気を付ける必要があるでしょう。

移動手段としてはとても便利ですし、エコで節約にもなるためつい乗ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

ただ自転車の場合は乗っている間はサドルが骨盤に刺さっているような状態ですので、常に負担がかかっている事を忘れてはいけないでしょう。

乗っている時は快適かもしれませんが、骨盤は辛い状況です。

どこにいくのでも自転車という人もいるようですが、あまり長時間乗り続けると負担がかかりすぎてしまいますのでほどほどにした方がいいでしょう。

サドルとハンドルの位置に気を付ける

腰に負担がかからないようにするためにもサドルとハンドルの位置は重要になってくるでしょう。

このバランスが悪いと乗っているだけで腰痛が悪化してしまうかもしれません。

例えばサドルの位置がとても高いと前傾姿勢になりやすくなります。

ハンドルに向かって体重がかかるため腰を曲げて乗ることになってしまうでしょう。

そうすると体がクの字に曲がり負担がかかります。

ダイエットなどで自転車のサドルを上げたほうがいいという事も言われていますが、ハンドルとのバランスもしっかりと考えながらする方がいいでしょう。

エアロバイクもほどほどに

よくジムなどに行くとエアロバイクなどもありますが、それもほどほどにした方がいいでしょう。

特に腰痛を抱えている場合は、エネルギーを消費する事より姿勢に気を付ける必要があります。

頑張って漕ぎ続けても姿勢が悪いと他の部分を痛めてしまうため、それだと意味がなくなってしまいます。

またサドルにまたがっている間は骨盤に負担がかかっていますので、あまり長時間乗り続けないようにしましょう。

エネルギーを消費しようとつい長い時間頑張ってしまうかもしれませんが、骨盤にはあまりよくありません。

自転車で腰痛が改善することも

自転車に乗ることで筋肉が鍛えられるため腰痛改善につながる場合もあるでしょう。

姿勢を正して自転車に乗れば背骨周りの筋肉強化につながります。

腰痛の場合は筋力が低下して起こる場合もありますので、改善するためにはある程度の運動が必要になってくることもあります。

普通にウォーキングをすると足腰に負担がかかることもありますが、自転車だと漕ぐだけですので無駄な力がかかりません。

他の部分に負荷をかけずに筋力を鍛えたければ自転車に乗るといいでしょう。

ただ前傾姿勢になるとよくありませんので、ママチャリなど一般的な自転車のほうがおすすめです。

まとめ

自転車に乗ることで骨盤が歪み腰痛になることもあります。

普段何気なく乗っているかもしれませんが、サドルに長時間座り続けることは体にとってもよくないでしょう。

自転車にもいろいろなものがありますが、スポーツタイプは前傾姿勢となるため腰に負担がかかってしまいます。

ママチャリの方が姿勢も保てるため使いやすいでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 腰痛用骨盤ベルト