腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

骨盤ベルトとウエストニッパーはどう違う?いつ使う?

   

ダッコ dacco 産後用骨盤ベルト キュッとベルト 着用感 標準タイプ フリーサイズ(ヒップ87cm~105cm) 1枚入

産前産後の体型のケアに気を使う人がどんどん増えていて、産後もスリムな体になるのが当たり前のような世の中になってきていて、妊婦さんや産後ママにはプレッシャーにもなりつつあります。

モデルさんのような体型までは無理にしても、程よく、せめて産前の体型くらいにまでは戻りたいものです。

そこで思いつくのが骨盤ベルトとウエストニッパーです。

手軽に体形を戻す手助けをしてくれますが、注意も必要ですので詳しく見ていきましょう。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

産前産後の体形の変化

産前の体形変化

新しい命を授かって、喜びにあふれる毎日を過ごす一方で、妊婦さんになると女性の身体には様々な変調をきたし、その中でも目に見えて気になってしまうのが体形の変化です。

妊娠中なのですから、お腹が大きくなることは仕方がない事ですが、実はそれだけでは済まされないのです。

お腹が大きくなるということは、当然のことですが赤ちゃんが育ち子宮が大きくなっているということです。

子宮は臓器の一つですので、ただ単に脂肪がついてお腹が出てくるのとはわけが違います。

子宮が大きくなるとそれを支えようと、骨盤が広がっていきます。

骨盤が広がるということは、外から見るとお尻が大きく見えるのです。

しかも、妊娠中は十分な運動が出来ませんので、筋肉が衰えてしまいますのでお尻と太ももの境目が分からなくなってしまうような垂れ尻になってしまいます。

産後の体型変化

無事に出産を終え、忙しい育児が始まります。

愛おしい我が子は可愛くて仕方がありませんが、シャワーを浴びられるようになった日に、自分の姿を鏡に映して愕然としてしまいます。

赤ちゃんを産んだはずなのに、意外と大きいお腹や今まで見えなかったからよくわからなかった太ももの太さ、そして妊娠前とは比べ物にならない骨盤は素人目にも寸胴型になっていることがよくわかります。

もちろんウエストのくびれなんてどこにも見当たりませんし、どうして芸能人のママ達はあんなにも美しいのか、果たして自分の身体はどうなってしまうのか?

永遠にこのままの体型なのかと思い悩んでしまいます。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

ウエストニッパーと骨盤ベルトの違い

妊娠中に出産準備品の中に、ウエストニッパーや骨盤ベルトがあります。

これらのものは、産前の骨盤の安定や産後の体形戻しの為に使います。

ウエストニッパーはお腹を押さえつけてウエストのくびれを作るのに役立ちます。

骨盤ベルトは骨盤を引き締め、文字通り体形を戻すのに役に立ちます。

産後のウエストニッパー

ダッコ dacco 産後用リフォームインナー ウエストニッパー Mサイズ(ウエスト67cm~73cm ヒップ86cm~96cm) ピンク 1枚入

ウエストニッパーは外から押さえつけるもの

ウエストニッパーは、産後のポッコリ出ているお腹を外側からの力で押さえつけるものです。

ウエストのくびれを作るための矯正下着のようなものです。

産後のポッコリお腹には腹筋なんて見当たりませんので、お腹の上から押さえつければ脂肪は引っ込んでいってくれます。

しかし、それは一時的なものでウエストニッパーを取れば元に戻ってしまいます。

ウエストニッパーは注意が必要

さらにウエストニッパーはお腹の上から押さえつけているだけなので、あまりにも産後すぐに装着してしまうと、内臓が押さえつけられてしまい内臓下垂になってしまう恐れがありますので、注意が必要です。

内臓下垂になってしまうと結果的に下腹ポッコリになるだけでなく、子宮脱や肛門脱などを引き起こし、恐ろしいことになってしまう可能性もあります。

注意すべきは締め付ける強さ

では、何を注意すればいいのでしょうか?

初めに注意しなければいけないことは、ウエストニッパーを使い始める時期です。

産後のお腹に愕然としてしまうと、一刻も早くこのお腹をどうにかしたいと焦ってしまう気持ちから、すぐにでもウエストニッパーを使ってお腹をへこませようと考えてしまいます。

気持ちはわかりますが、産後すぐに使い始めてしまうと子宮の回復を妨げてしまう可能性もありますので、助産師さんや医師に相談してつけ始めるのが良いでしょう。

大抵の場合は悪露が落ち着いたころから使い始めます。

それまでは、ウエストニッパーよりもソフトな産褥ニッパーを使用するとよいでしょう。

悪露が落ち着き、体調も落ち着いてきたら、ウエストニッパーの登場です。

しかし、早くウエストを戻そうと思って、いきなりグイグイ締め付けてしまってはいけません。

心地いい程度、無理のない程度に締め付けて、ゆっくり引き締めていくように心がけましょう。

必須アイテム骨盤ベルト

骨盤ベルトは、その名の通り骨盤を引き締め安定させてくれます。

産後の体形を戻すのには必要不可欠と言ってもいいアイテムです。

産前からも使える骨盤ベルト

ピジョン 長く使える産前産後マタニティベルト 産前産後もこれ1本で骨盤・恥骨や腰の負担をしっかりサポート 助産師推奨 L ブラック

骨盤ベルトは、産後だけでなく妊娠中からも使うことが出来るものもたくさんあります。

妊娠中からも使えるものは、骨盤を安定することで子宮を支える手助けをしてくれたり、恥骨結合離開や恥骨痛などを防ぐ手助けをしてくれます。

さらに骨盤ベルトを巻くことで、必要以上に骨盤が広がらないようにしているので、筋肉が伸びきるのを防ぎ産後の回復にも役に立ってくれます。

産後すぐからも使える骨盤ベルト

Mamaplus 産後 骨盤 ベルト Re:Slim (リスリム) 付けやすい Wベルト MS

何といっても骨盤ベルトは産後すぐから使い始められるものが多くあります。

骨盤ベルトを使うことによって、悪露の排出を促してくれたり子宮の回復を手助けしてくれます。

やはりここでも締め付けすぎは血行不良のもとになってしまいますので、無理のない程度に心地いい締め付け具合を心がけて下さい。

骨盤ベルトとウエストニッパーを上手に使う

妊娠中の体型の変化によって、想像以上に身体を動かすことは困難ですし、産後も自分にかけられる時間なんて1分たりともない、という人はたくさんいます。

そこでとりあえずは骨盤ベルトやウエストニッパーを巻いておいて、これ以上体型が崩れてしまうのを防ごうとします。

しかし、使い方を間違えてしまうと体形戻しどころか将来の自分の体調にまで支障をきたす結果となってしまうこともあります。

そうならないためには、雑誌や広告の魅力的な言葉や口コミに踊らされることなく、十分な知識を持った助産師さんの話や、出産経験のある人の話を聞いたり自分でよく調べることも大切です。

産院によってはいくつか骨盤ベルトを試すことが出来るところもありますし、妊娠中には試すことが出来ないウエストニッパーは出産後に購入しても間に合います。

1時間くらい赤ちゃんを預けられる協力者が身近にいるのであれば、気分転換もかねて産後に買いに行ってもいいかもしれません。

どちらか迷ったら骨盤ベルト

骨盤ベルトかウエストニッパー、どちらを購入しようか迷っているのであれば、骨盤ベルトの購入をおすすめします。

産前から使えるものであれば、間違いなく長い期間使えるのでお得感がありますし、骨盤を引き締めることを自力で行うのは正直無理があります。

ウエストのくびれは体調が落ち着き、運動もできるようになればいくらでも鍛えることも出来ます。

産前産後にとこちゃんベルト

産前 産後 トコちゃんベルトII 紺 Mサイズ

多くの助産師さんがおすすめしてくれるとこちゃんベルトは、産前から使えて、産後も長い期間使うことが出来ます。

実際、筆者も産後数年が経ちますが、今でも腰痛がでるととこちゃんベルトをつかっています。

出産経験のある助産師さんが仕事中にとこちゃんベルトを使っているのを目撃したこともありますので、間違いないと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

骨盤ベルトとウエストニッパーの違い、おわかりいただけましたか?

テレビで活躍しているママさんタレントのように、美しい体形を目指すのは一般人にとっては難しいかもしれません。

しかし、自分の将来の体形や健康のためにも、正しい方法で体形を戻しできる事ならば美しい体形を目指したいものですね。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト