腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

3つ折り バランスマットレス ダブルは寝心地と利便性がリンク?

   

バランスマットレス 三つ折り 厚さ6cm 腰が沈みにくい シングル

マットレスは寝心地を左右する寝具なので、多くのメーカーは利用者に心地よく寝てもらえるように様々なマットレスを開発・販売しています。

しかし寝心地をよくしようとしたら、利便性が悪くなってしまう場合がありますし、利便性をよくしようとしたら寝心地が悪くなってしまう場合があります。

ところが『3つ折り バランスマットレス ダブル』の場合は、利便性をよくする事によって、寝心地がよくなっているのです。

なぜ本製品が、利便性と寝心地を両立しているのか、不思議に思う方は多いはずです。

そこで、本製品が利便性と寝心地が両立している秘密に迫ってみるので、本製品を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

3つ折り バランスマットレス ダブルの利便性

本製品の利便性がよくなっているのは、このマットレスが『3つ折りタイプ』になっている上に『薄型タイプ』にもなっているからです。

そこで利用しやすいマットレスを探してる方のために、この2つのポイントについて紹介するので、見ていきましょう。

3つ折りマットレス

私たち人間が眠る時には、布団を被る事によって体温が上昇してしまう事から、多くの寝汗をかいてしまいます。

そのため、一晩の間に寝汗をかく量は、コップ一杯分に相当してしまうのです。

そのような事もあるので、マットレスは湿気が溜まりやすくなってしまいます。

そのため、定期的にマットレスを立てかけて、湿気対策を講じる事が重要ですが、マットレスは大型サイズになるので、簡単に立てかける事はできません。

しかし本製品は3つ折りタイプになっている事から、コンパクトなサイズにする事ができます。

そのような特徴があるマットレスなので、簡単に立てかける事が可能です。

薄型タイプ

本製品は3つ折りタイプになっているだけではなく、マットレスの厚みが5cmにしかならないので、重量がわずか2.1kgになっているのです。

ダブルサイズのマットレスで、重量がわずか2.1kgになっているマットレスは多くありません。

実際に日本で販売されているダブルサイズのマットレスの中には、10kgを超えている商品は数多くあります。

そのため、運びやすいマットレスを探している方には、本製品はおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

本製品の寝心地が良い理由

本製品は3つ折りタイプになっている事と、薄型タイプになっている事によって、寝心地がよくなっています。

そこで寝心地の良いマットレスを探している方のために、なぜ利便性をよくしたら、寝心地までよくなっているのか紹介するので確認してみて下さい。

2種類の硬さ

本製品は3つ折りタイプになっている事もあって、3つの場所に2種類の硬さを用意できる事を実現しました。

その硬さの種類は、90Nが2ヶ所で、120Nが1ヶ所になっています。

この『N(ニュートン)』はマットレスの硬さを表す記号で、Nの数値が大きいほどマットレスが硬くなっている事を表しているのです。

そして、本製品は重くなっている腰を支える部分を120Nにする事で、腰の沈み込みを抑えられています。

そのため、寝返りを打ちやすくなっているので、寝心地がよくなっているのです。

敷き布団と併用可能

マットレスの利便性をよくしたら、寝心地が悪くなってしまう最大の理由は『ボリューム』です。

実際にマットレスを軽量タイプにすれば持ち運びしやすくなりますが、ボリュームがなくなってしまうので、底つき感のあるマットレスになってしまうのです。

そこで本製品はマットレスの薄さを逆に利用して、敷き布団と併用する事を実現しました。

実際に敷き布団と併用すれば、ボリュームアップするので、底つき感をあまり抱きません。

さらに敷き布団とマットレスを別々にしておけば、持ち運びしやすくなっているので、利便性と寝心地の両立を実現したのです。

硬めのマットレス

本製品は硬めの『ウレタン』を採用する事によって、身体の沈み込みを抑える事を実現しています。

このウレタンはクッション性が優れているのに、軽い素材になっているのです。

そのため、このウレタンを採用する事によって、本製品は軽量化を実現しました。

ただしウレタンは、少し独特な匂いがするので、匂いに敏感な方は不満を抱いてしまう可能性があるので、注意する必要があります。

製品情報の詳細

本製品は利便性と寝心地が優れていますが、その他にも魅力的なポイントがいくつかあります。

そこで、本製品には、どのような魅力があるのか紹介するので見ていきましょう。

圧縮して搬入

マットレスは大型サイズの寝具なので、自宅の玄関が狭い場合には、搬入できないケースがあります。

そこで本製品はマットレスを丸めた状態で梱包して、送られてくるのです。

そのため、玄関があまり広くなくても搬入しやすくなっていますし、玄関から寝室まで運びやすくなっているのです。

ただし梱包されている状態を放置していたら、マットレスが丸まっているので、フラットな形状にする事が難しくなってしまいます。

そのため、自宅に本製品が届いた場合には、できるだけ早めに開封して下さい。

穴あけ加工

本製品のウレタンはフラットな中材になっている事から、あまり通気性は優れていません。

そこで本製品を販売しているサイトでは『ウレタンの穴あけ加工』のサービスを提供しています。

このサービスを利用するためには、500円かかりますが、ウレタンに穴を開けたら熱や水を放出しやすくなっているのです。

そのため、本製品の通気性がアップするので、暑い夏場の季節でも利用しやすくなります。

そのような事を考えたら、暑い季節が苦手な方には、ウレタンの穴あけ加工のサービスはおすすめです。

コストパフォーマンス

本製品は利便性と寝心地を両立している上に、ダブルサイズのマットレスなので、高額なイメージを抱いた方は多いかしれません。

ところが、本製品は意外にも安い値段で販売されていて、楽天市場では送料無料で税込価格5,399円で販売されているのです(2018年3月5日時点)。

実は日本で販売されているダブルサイズのマットレスの中には、100,000円を超えてしまう商品もあります。

そのため、コストパフォーマンスの高いマットレスを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品の魅力を紹介してきましたが、実際に利用している方たちが満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、本製品を購入するべきか参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用してみたら、軽量タイプになっている所を気に入っている方がいました。

実際に2.1kgしかないマットレスなので、腰痛になっている方でも運びやすいです。

ただし腰痛の症状によっては、腰が痛く感じる場合もあるので、注意して下さい。

さらに敷き布団の下に本製品を敷いて、利用できる所を気に入っているケースもありました。

そのため、今まで利用していた敷き布団がへたってしまった場合には、本製品を併用して、へたりをカバーさせる方法は有効です。

否定的な口コミ

本製品を半年ほど利用していたら、ある程度までマットレスがへたってしまうケースがありました。

しかし本製品は安い値段で販売されているので、耐久性があまり優れていないのは仕方のない部分です。

そのため本製品を利用する際には、定期的にマットレスの向きを変えて下さい。

そうすれば重くなっている腰を支える部分を変えられるので、マットレスを長持ちさせる事ができます。

そして本製品を利用していたら、ウレタンの周りから黄ばんでくるケースがありました。

この場合では湿気対策を講じていなかった可能性が高いので、定期的にマットレスを立てかけるようにして下さい。

まとめ

本製品は利便性をよくしても、寝心地が損なわないように作られています。

そのため、今まで寝心地を重視してマットレスを選ぼうとしたら、利用しづらくて不満を抱いた場合には、本製品を購入してみる価値があります。

ただし利便性と寝心地を両立している本製品でも、敷き布団と併用しなければ、底つき感を抱いてしまう可能性があるので、注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団