エアロバイクって本当おすすめ

このサイトはエアロバイク(スピン・リカンベントも)を中心とした健康器具に関する情報提供を行っています。

*

エアロバイクで使う音楽プレーヤーの選び方は?注目ポイント5選

   

エアロバイクを漕ぐときは、アップテンポな音楽を聴きたくなることがあります。

音楽があると、飽きずに長く漕げるだけでなく、モチベーションを上げることもできるのです。

ただし、運動するときに音楽を聴くなら、プレーヤーの選び方に注意する必要があります。

適当に選んだものだと、不便に感じることが多いのです。

では、選ぶときのチェックポイントについて、詳しく説明していきましょう。



僕が絶対おすすめする自宅用エアロバイクランキングはこちら

スポンサーリンク

防水になっているか

運動のために使う音楽プレーヤーを選ぶなら、防水機能はとても重要なポイントになります。

音楽プレーヤーが濡れると壊れてしまうので、水によるダメージを受けない製品にしておくべきです。

防水機能は、外で運動するときの雨対策で必要になるイメージが強いですが、屋内であっても安心はできません。

なぜなら、屋内でも汗はかくからです。

流れる汗が音楽プレーヤーにかかると、雨でなくでも濡れてしまいます。

そのため、屋内でエアロバイクを漕ぐときも、防水機能は見逃せないポイントになってきます。

お気に入りのプレーヤーを長持ちさせるためには、高い防水性を備えたタイプを選びましょう。

多量の発汗に耐える

エアロバイクで防水性の低い音楽プレーヤーを使うと、「濡らさないように漕がなければ」と緊張してしまい、無駄に疲れることがあります。

濡らさないことを常に気にしながら漕ぐような状態は、できれば避けたいものです。

あまり気になるようだと、音楽にも集中できなくなってしまいます。

そうしたデメリットを防ぐには、きちんと防水性の高い製品を選んでおきましょう。

濡れることによるダメージを防いでくれるものなら、少しくらい汗が流れていても、故障する心配はありません。

余計なことを気にせず、運動と音楽に集注することができるのです。

IPXをチェック

IPXという数値を確認すると、その製品の防水性の高さがわかります。

数値が大きいものは、それだけ優れた防水機能を備えていることになるため、水のダメージを確実に防いでくれるのです。

エアロバイクやランニングなどで汗対策が必要なときは、IPX5以上の製品から選ぶようにしましょう。

水没のダメージなども想定される用途なら8くらいがおすすめですが、汗で濡れる程度なら、5でも十分に効果があります。

あまり低いと安心して使えなくなるので、適当に選ばないように注意してください。



僕が絶対おすすめする自宅用エアロバイクランキングはこちら

スポンサーリンク

重くないか

運動で使うものなら、できるだけ軽いものを選んでおくべきです。

音楽プレーヤーは基本的に小型なアイテムなので、重さの確認を軽視してしまうこともありますが、油断は禁物です。

製品によっては、意外な重さを感じるタイプもあるので、適当に選ぶと後悔することがあります。

ひとくちに音楽プレーヤーといっても、さまざまな種類があるので、重量をしっかり確かめてから決めるようにしましょう。

100g以下なら快適

エアロバイクと一緒に使うアイテムなら、100g以下の軽さに注目しておくと、不便な製品を避けることができます。

100g以上だと重さを感じやすいので、運動で使うにはあまりおすすめできません。

中には50gくらいの製品もあるので、重さが気にならないものを選んでおきましょう。

店頭で持ってみる

重くない音楽プレーヤーを購入するなら、数字を見るだけでなく、実際に持ってみる方法もあります。

数字だけだといまいち想像できないことも多いですが、手に取ることで、重さや軽さがはっきりとわかるようになるのです。

可能なら店舗まで足を運び、じっくりチェックしてみることをおすすめします。

音質重視は重くなりがち

音質重視のタイプは、それ以外の部分にあまり力を入れていないこともあるため、軽さを期待していると失敗することがあります。

軽量化はそこそこにとどめておき、高音質で再生できることを優先したものが多いのです。

音質重視の製品がすべて同じというわけではありませんが、選ぶときは十分注意してください。

バッテリーはどれくらいもつか

エアロバイクを漕ぐときに使うなら、途中でバッテリー切れになりにくいタイプを選びましょう。

漕いでいる途中に止まってしまうようだと、その日のノルマがたくさん残っていても、音楽なしで乗り切らなければなりません。

どうしても音楽を聴きたい場合は、いったん中断して充電する必要があります。

そうしたデメリットを防ぐためには、1回の充電で長く使える製品を探しましょう。

バッテリーが長くもつタイプなら、少しくらい充電を忘れていても、なんとか使えたりするものです。

基本的には充電してから使うべきですが、もしものときに備えて、なるべく長くもつ製品を選んでおいてください。

容量は十分にあるか

途中で飽きないように音楽を聴くときは、たくさんの曲をシャッフルして、次々に違う曲を流したくなることがあります。

しかし、容量が小さいと、入る曲数は限られてきます。

好きな曲を大量に追加していると、すぐ満杯になってしまうのです。

そうなると、聴きたかった曲がすべて入らず、選曲に悩んでしまうことがあります。

悩まずにすべて詰め込み、いろいろな曲を楽しむためには、なるべく容量の大きい製品を選んでおきましょう。

高音質なら大容量を

圧縮した音源なら、容量が小さめでもかなりの曲数を入れることができますが、ハイレゾなどの高音質な音源だと、そう簡単にはいきません。

高音質になるとサイズも大きくなるので、大容量の製品でないと、曲数に不満に感じることが多いのです。

サイズの大きい音源を大量に携帯するためには、容量の大きさを忘れずにチェックしておきましょう。

容量を増やす機能

できるだけたくさんの曲を楽しみたいときは、マイクロSDカードで容量を増やす機能もおすすめです。

そのような機能があれば、本体の容量が小さめでも、余裕をもって詰め込むことができます。

本体の容量が大きいと値段も上がるので、予算が少ないときは、便利な機能に頼ってみましょう。

有線か無線か

運動のための音楽プレーヤーを選ぶときは、接続方法の違いにも注目すべきです。

有線と無線の2種類があるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

音質なら優先

飽きの防止とモチベーションアップだけでなく、音質も重視したい場合は、有線を選んでおいてください。

最近はワイヤレスの音質も上がっていますが、とことんこだわるなら、やはり有線が最適です。

イヤホンやヘッドホンを直接コードでつなぐため、音の乱れなどを確実に防ぐことができます。

コード気になるときはワイヤレス

エアロバイクを漕ぎながら音楽プレーヤーを使うと、コードの揺れが気になってしまうこともあります。

ランニングほど大きな動きではないとしても、まったく動かないわけではないため、どうしても少しは揺れてしまうものです。

それが気になるときは、Bluetoothに対応したワイヤレスタイプを選んでおきましょう。

コードを一切使わないため、わずかな揺れなどもすっかり排除することができます。

また、服に引っかかったり擦れたりすることもなくなります。

擦れるコードがない状態は、ノイズの軽減にもつながるため、より快適に音楽を楽しむことができるのです。

余計なストレスで運動を妨げないためにも、コードのデメリットには注意しておきましょう。

まとめ

エアロバイクをただ漕いでいると、退屈で辛くなってしまうことがあります。

そんなときは、音楽があると助かるものです。

しっかり飽きを防いでモチベーションを上げるためにも、音楽プレーヤーは慎重に選ぶようにしてください。

防水機能や重量などを見落としていると、デメリットに悩んでしまい、結局は快適な運動ができないこともあります。

ここで紹介したポイントを細かくチェックして、運動に最適な製品を見つけましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://recreation.pintoru.com/exer…
https://my-best.com/6139
https://goocho.jp/6939
https://runnal.com/8380
https://sakidori.co/article/105973

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - エアロバイク