腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

anshindo 腰痛ベルトは腰を支えられるコルセット!

   

腰痛になった場合には、少しでも腰を動かしたら痛く感じてしまうので、できるだけ安定した姿勢で歩いたり座ったりする事が重要になります。

そこで、腰痛に悩んでいる方におすすめしたいのが『anshindo 腰痛ベルト』です。

この腰用コルセットは、腰を支えやすくなっているので、腰痛の方が歩きやすくなったり座りやすくなったりするので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

anshindo 腰痛ベルトの特徴

本製品は、腰を支えられるだけではなく、利便性も優れています。

そのため、長い間に渡って利用する事が可能になっているので、どのような特徴があるのか解説していきましょう。

ワイドな設計

腰用コルセットは、腰を支えられる事から、腰痛に悩んでいる方たちから注目されています。

しかし、全ての腰用コルセットが腰を支えられるという訳ではないのです。

それでは、どのような腰用コルセットを選べば良いのかと言えば、それは『ワイドタイプ』になっている製品です。

幅が広くなっている腰用コルセットであれば、広範囲に渡って腰を支える事ができます。

そして、本製品もワイド設計になっていて、縦幅が約24cmもあるので、腰痛に悩んでいる方にはおすすめの腰用コルセットです。

優れた通気性

腰を支えやすいワイド設計の腰用コルセットでも『通気性』が優れていなければ、夏の季節になったら腰がムレてしまって、利用する事が難しくなってしまいます。

そこで、本製品は優れた通気性を実現する事によって、夏の季節でも利用しやすくなっているのです。

もしも、通気性が優れていない腰用コルセットを利用していたら、肌が痒(かゆ)くなってしまって、爪でかいてしまって炎症させる恐れがあります。

そのため、肌が荒れやすい方でも、本製品は利用しやすい製品です。

サイズバリエーション

腰用コルセットを選ぶ際には『サイズ』が重要になります。

なぜなら、小さすぎるサイズを選んだら腰が窮屈(きゅうくつ)に感じてしまいますし、大きすぎるサイズを選んだら腰をしっかりと支える事ができないからです。

そこで本製品は、5種類のサイズバリエーションを用意している事によって、多くの方たちが自分の体に合うサイズを見つける事ができるのです。

そのサイズとは、Mサイズ(約58~72cm)・Lサイズ(約70~82cm)・XLサイズ(約80~92cm)・XXLサイズ(約90~102cm)・XXXLサイズ(約100~112cm)などがあります。

洗濯可能

本製品は通気性が優れていますが、それでも利用していたら汗をかく事がありますし、汚れが付いてしまうケースもあり得ます。

所が、本製品は内部に入っているプレートを取り外せば、本体の腰用コルセットを洗濯する事ができるのです。

そのため、汗や汚れなどを取り除く事ができるので、清潔な状態で利用する事ができるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

本製品の注意点

本製品は、魅力的なポイントが多い腰用コルセットですが、いくつか注意すべきポイントもあります。

そこで、本製品を購入してから、後悔する事がないように、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので参考にしてみて下さい。

3本のプレート

本製品には『弾力性ボーン』が3本まで備えられていて、腰を強力にサポートしてくれます。

実際に、本製品は柔らかい生地を採用している事によって、腰をあまり圧迫しませんが、それでは腰をサポートする事が難しいのです。

そのような事を考えたら、本製品に弾力性ボーンが備えられているのは大きな魅力です。

ただし、数多くある腰用コルセットの中には、弾力性ボーンが4本も備えられている製品はいくつもあります。

そのため、使用感よりも安定感を重視している方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討してみて下さい。

装着するタイミング

腰痛になったら、腰が痛く感じやすいので、少しでも長い間に渡って腰用コルセットを装着したいと思うでしょう。

所が、眠っている時にまで腰用コルセットを装着していたら、寝返りを打つ事が難しくなってしまう上に、腰を圧迫してしまいます。

そのため、眠っている時は本製品を外すようにして下さい。

実際に、眠っている時は体が横になっている状態なので、上半身の体重の負担は腰に加わらないので、腰用コルセットを装着する必要がありません。

製品情報の内容

本製品の特徴や注意点などを理解してもらえた所で、次に製品情報の内容も紹介するので、この腰用コルセットを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

装着方法

本製品は腰を支えられますが、正しく装着させなければ、腰をサポートできません。

それでは、どのように装着したら良いのかと言えば、まずは本製品の本体ベルトを腰に回して、マジックテープで装着させます。

それから、サポートベルトを使って、好きな位置で調整するようにして下さい。

実際に、サポートベルトを利用すれば、ある程度まで自分の体のサイズに合わせる事ができるのです。

ただし、あまりにも自分の体に合わないサイズを選んでいたら、腰を支える事が難しくなってしまうので注意して下さい。

低価格なコルセット

本製品は、弾力性ボーンは少なくなっていますが、ワイドタイプになっている事から、値段が高くなっていても不思議ではありません。

所が、本製品は意外にも低価格な腰用コルセットになっていて、楽天市場では送料無料で税込価格1,980円で購入する事ができるのです(2018年8月3日時点)。

実際に日本で販売されている腰用コルセットの中には、3,000円前後になっている製品が多くなっています。

それを考えたら、値段が安くなっている腰用コルセットを探している方には、本製品はおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品は魅力的なポイントだけではなく、注意すべきポイントもあったので、この腰用コルセットを購入するべきか、悩んでしまった方は多いでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は、弾力性ボーンが3本しかありませんが、その使用感に満足している方がいました。

そのため、弾力性ボーンが4本も備えられている腰用コルセットに比べたら、少し安定感が劣りますが、腰を支える事は十分に可能です。

さらに、本製品は値段が安くなっていたのに、ホールド感があって満足している方までいました。

そのため、コストパフォーマンスが優れている腰用コルセットを探している方にも、本製品はおすすめです。

否定的な口コミ

本製品を装着してみたら、あまり伸縮性が優れていなくて、動きづらくなっている所を気にしているケースがありました。

そのため、体を動かす仕事をしている方は、本製品を購入するべきか慎重に検討したほうが良いです。

さらに、本製品の弾力性ボーンが体に当たってしまって、痛く感じてしまうケースまでありました。

そのため、本製品を装着する際には、正しい装着方法で腰に巻いて、弾力性ボーンが体に当たらないように注意して下さい。

ただし、サイズが合わなかったり、腰用コルセットが劣化したりしたら、正しく装着しても弾力性ボーンが当たる可能性があるので、気を付けたほうが良いです。

まとめ

本製品は、弾力性ボーンが少なくなっているので、少し安定感は優れていません。

しかし、弾力性ボーンが4本も備えられている腰用コルセットは、少し値段が高くなっているので注意する必要があります。

そのため、腰痛に悩んでいる方でも腰をある程度まで支える事ができるのであれば、値段が安くなっている製品を選べたい場合には、本製品はおすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - コルセット・ベルト・サポーター