ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

シーバスロッドのよくない手入れの仕方は?NGな方法5選

   

シーバスロッドは、シーバスフィッシングを楽しむための重要なアイテムなので、できれば長持ちさせたいものです。

そのためには、きちんと手入れをしながら使うことが大切です。

ただし、その方法には注意してください。

手入れの方法が間違っていたりすると、うまく劣化を抑えることができません。

では、避けるべきNGな方法について、詳しく説明していきましょう。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

スポンサーリンク

汚れが少ないときはやらない

あまり汚れていないように見えるときは、「手入れを省いても大丈夫だろう」と考えることがあります。

ほとんど汚れがなかったり、付着していてもごくわずかである場合は、そのまま保管しても問題は起こらないように感じてしまうのです。

しかし、手入れを省くのは、やはりよくないことです。

一見すると汚れていないようでも、劣化につながる要素はひっそりと存在しているものです。

それを見逃したまま保管すれば、長持ちさせることは難しくなってしまいます。

確実に劣化を遅らせるなら、見た目を理由に手入れを省略しないよう、十分注意してください。

塩分は必ず落とすべき

汚れがひどいように見えなくても劣化する理由は、塩分です。

海でシーバスロッドを使えば、どうしても塩分が付着することになります。

それを落とさないまま放置していると、腐食などの傷みが起きてしまうわけです。

本当に長持ちさせたいなら、塩分をきれいに取り除く必要があります。

塩分も残らず落とし、まっさらな状態にしておけば、劣化が早まることはありません。

ダメージにつながる要素を潰し、お気に入りのロッドと長く付き合っていきましょう。

使うたびに洗う

塩分までしっかりと洗い流すなら、汚れの量で手入れの必要性を判断するのは、よくないやり方になります。

汚れが少なくても塩分はあることを考えれば、失敗する確率はかなり高いのです。

いつでもきれいな状態を維持するためには、見た目の汚れ具合がどうであれ、必ず手入れを行うようにしてください。

最もおすすめなのは、「使うたびに洗う癖をつける」というものです。

汚れ具合は無視して、とにかく使ったら洗うようにしましょう。

それなら、塩分以外のわずかな汚れなども含めて、劣化の原因になる要素をすべて排除することができます。

こまめな手入れをすることが、シーバスロッドを長持ちさせるためのコツです。

横着したりせず、しっかり洗うようにしてください。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

スポンサーリンク

落ちない汚れを放置してしまう

シーバスロッドの手入れをしていると、中には頑固な汚れがあったりするものです。

しかし、落ちにくいからといって、簡単に諦めるのはよくありません。

落ちやすいところだけ洗い、難しいところは残すようなやり方だと、次第に蓄積されていく可能性があります。

それでは、いくら手入れをしていても、劣化を防げなくなってしまうのです。

手入れをするなら、少し頑固な汚れも含めて、できるだけすべてを洗い流すようにしましょう。

きれいに洗うことができれば、劣化につながる要素はないことになるため、しっかり長持ちさせることができます。

とはいえ、ひたすら水をかけ続けるだけだと、すんなり落ちてはくれないものです。

落ちにくい汚れがあったときは、落ちやすくなる工夫を試してみましょう。

ぬるま湯で洗う

普通の水で落ちにくい汚れなら、少し温度を上げてみましょう。

ぬるま湯で洗うようにすると、意外に落ちやすくなることがあります。

これは、ふやけるためです。

すっかりこびりついている汚れは、ちょっとやそっとでは剥がれてくれませんが、ふやけていれば話は別です。

いったん柔らかくすることで、より流れやすくなるのです。

水でうまくいかないときは、ぜひ試してみてください。

洗剤をつけて洗う

落ちにくい頑固な汚れに対しては、洗剤を使う方法もおすすめです。

洗剤をつけてからスポンジで優しく擦れば、大抵の汚れは落ちるようになります。

普通の汚れなら流すだけでも十分落ちますが、固まっているようなところは、水だけだと難しいものです。

ぬるま湯でも難しいようなときは、諦めて洗剤に頼ってみましょう。

ただし、最後の仕上げには注意してください。

洗剤を使ったあと、そのまま流さずに保管するのはよくありません。

表面に洗剤が残っていると、塗装にダメージを与えてしまいます。

劣化を防ぐために洗剤を使ったつもりが、逆に劣化の原因を増やしてしまうわけです。

失敗しないためには、最後に念入りにすすぐようにしてください。

汚れだけでなく、洗剤も残らず洗い流しておけば、劣化を早めることはなくなります。

大雑把に洗い流す

頑固な目立つ汚れを落としたとしても、「おおまかに洗えばいいだろう」という考えだと、効果的な劣化対策にはなりません。

大雑把に洗うのではなく、細かいところまで深く踏み込むことが大切です。

細かい部分に入り込んだ汚れは、雑な洗い方では落とすことができません。

ガイドの付け根などは見落としやすい部分なので、よく見てしっかり洗うべきです。

そのためには、歯ブラシをうまく使っていきましょう。

歯ブラシのような小さいものを磨くためのアイテムなら、かなり細かいところまで洗うことができます。

使わなくなった歯ブラシを見つけて、より完璧に仕上げていきましょう。

硬いタオルで拭く

シーバスロッドの劣化を防ぐなら、洗ったあとの拭き方にも注意すべきです。

水分を拭きとるときに使うタオルは、なるべく硬くないものを使うようにしてください。

ゴワゴワする硬いタオルを使い、ゴシゴシと強く擦ったりすれば、ロッドの表面に傷をつける可能性があります。

少しくらいなら問題ないように思えますが、「塵も積もれば山となる」ということわざがあるように、ダメージの蓄積はよくありません。

少しでも劣化につながる要素を減らしたいなら、傷はしっかり防いでいきましょう。

柔らかいタオルで優しく擦っていれば、余計なダメージを与えることなく、きれいに手入れを終わらせることができます。

直射日光で乾かす

シーバスロッドを拭いたら、完全に乾燥させるために、少し干しておくことも大切です。

ただし、干し方によっては寿命を縮めることもあるので、適当に干してはいけません。

丁寧に汚れを落としていても、最後の最後でNGポイントを踏んでしまうと、劣化を遅らせることはできないのです。

確実に長持ちさせたいなら、正しい干し方で乾かす必要があります。

そこで注目したいのが、日光です。

直射日光がもろに当たる場所で乾かすと、ロッドを傷める可能性があります。

干すといえば天日干しをイメージすることも多いですが、シーバスロッドの場合は、間違った方法になってしまうのです。

日光を当てずに乾かす

シーバスロッドを乾かすなら、日当たりのよい場所を避け、日陰を探しましょう。

日光の当たらない場所なら、無駄な劣化を避けることができます。

その方法だと「乾かないのでは?」と不安になってしまうこともありますが、単純に乾燥させるだけなら、日陰でも問題はありません。

ダメージの少ない場所を選び、しっかり水分をとばしましょう。

風通しのよい場所で

日陰で干すときは、なるべく風通しのよい場所を選ぶようにしてください。

閉め切ったジメジメした部屋の中では、さすがにうまく乾きません。

空気が流れるカラッとした場所の方が、乾燥には適しているのです。

日陰で干すなら、できるだけ乾きやすそうな場所を選んでおきましょう。

まとめ

シーバスロッドの手入れをするときは、やってはいけないNGなことを、しっかり頭に入れておいてください。

NGポイントを無視して適当な手入れをしていると、劣化を抑えるどころか、逆にひどくしてしまうこともあります。

そうした失敗を防ぐためにも、避けるべきことは確実に避けておきましょう。

ダメージにつながる要素をなくしていけば、大事なロッドを長く使うことができます。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.fam-fishing.com/entry/c…
https://enjoy-oyaji.com/hoBBy/fishi…
http://seabass-times.com/wp/2015/06…
https://tsuriho.com/p/6136

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - シーバスロッド